五輪ロードの都心ゴール“TV放送の魅力高める”パラリンピックも自転車は伊豆開催へ UCI会長、世界選手権などの日本開催も期待

  • 一覧

 国際自転車競技連合(UCI)のクックソン会長が1月26日、東京都内で取材に応じ、2020年東京パラリンピックの自転車トラックの会場は五輪と同様、静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームになるとの見通しを示した。「決定に向け、大会組織委員会と詳細を数カ月かけて詰めたい」と述べた。

 また、東京五輪・パラリンピックを機に、伊豆市を含めた日本で世界選手権などの国際大会開催に期待を示し「日本側が正式に興味を示すことを望んでいる」と語った。

 UCIの要望により、五輪のロードレースは皇居外苑をスタートして武蔵野の森公園にゴールするコースから、皇居外苑発着に変更となった。同会長は、都心部に戻るコースはテレビ放送での魅力を高めるとし「東京の素晴らしい印象を示すことになる」と語った。(共同通信)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪 パラサイクリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載