東海地方のシリーズ戦ロードレース全日本タイムトライアル王者の中村龍太郎がゴールスプリント制す AACAカップ第1戦

  • 一覧

 東海地方のシリーズ戦ロードレース「KINAN COUPE DE AACA」(キナンAACAカップ)の2016年シーズン第1戦が1月23日、国営木曽三川公園・長良川サービスセンター前特設会場で行われ、2015年の全日本選手権ロード個人タイムトライアル王者の中村龍太郎(スネルシクロクロスチーム)がゴールスプリントを制して優勝した。(キナンサイクリングチーム 加藤康則)

スプリントでキナンAACAカップ第1戦を制した中村龍太郎 Photo: KINAN Cycling TeamスプリントでキナンAACAカップ第1戦を制した中村龍太郎 Photo: KINAN Cycling Team

 レースは日本列島を襲った大寒波のなか開催された。まだオフのトレーニング時期で強度の高い練習をできていない選手もいれば、早い時期からシクロクロスやロードレースに参戦して調子を上げている選手もいるなど、各選手のコンディションにはバラつきがある。現状の仕上がり具合をテストしようと、東海地方のみならず関西、関東からも選手たちが集結した。

序盤からタイムトライアル王者の中村龍太郎が動いた Photo: KINAN Cycling Team序盤からタイムトライアル王者の中村龍太郎が動いた Photo: KINAN Cycling Team

 序盤から積極的に動いてきたのは、中村や下島将輝(那須ブラーゼン)、豊田勝徳(イナーメ信濃山形)、そして4人で参戦したシエルヴォ奈良の監督兼選手・小渡健吾ら。AACA特有の激しいアタック合戦となった。しかし普段なら強く吹き荒れている風がほとんどないためか、逃げがなかなか決まらず、メーン集団は落ち着かない。

 中盤になると、激しい展開からボロボロと脱落者が出始め、やがて7人の逃げ集団ができあがった。メンバーは中村、下島、水野貴行(ニールプライド・南信スバル)、阿曽圭佑(キナンサイクリングチーム)、小玉凌(中京大)、佐藤大紀(知立高校)、森崎英登(愛知産業大学工業高校)。

レース中盤に形成された7人の逃げ集団 Photo: KINAN Cycling Teamレース中盤に形成された7人の逃げ集団 Photo: KINAN Cycling Team
逃げ集団には2人の高校生が入った Photo: KINAN Cycling Team逃げ集団には2人の高校生が入った Photo: KINAN Cycling Team

 前半から積極的に動いてきたメンバーを多く含むだけに、この逃げ集団が逃げ切るかと思われたが、後続のメーン集団は最大でも15秒ほどしかアドバンテージを許さない。

 逃げに入った高校生2人の活躍にも期待がかかったが、残念ながら逃げ集団は吸収されてしまう。一つになった集団では、ゴールに向けてのアタック合戦が再開され、中村らが繰り返し逃げを試みるも決まらない。

 最後はゴールスプリントとなり、TTナショナルチャンピオンとしての貫禄を見せつけた中村がこれを制した。

終盤に逃げを図る3人 Photo: KINAN Cycling Team終盤に逃げを図る3人 Photo: KINAN Cycling Team
ゴール目前で独走をはかった豊田勝徳 Photo: KINAN Cycling Teamゴール目前で独走をはかった豊田勝徳 Photo: KINAN Cycling Team

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

AACAカップ ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載