チェン・キンローがTTとの2冠達成【速報】新城幸也が銀メダル、別府史之が銅メダル アジア選手権ロードレース・男子エリート

  • 一覧

 アジア自転車競技選手権大会は大会6日目の1月24日、ロード最終種目の男子エリートのロードレースが、伊豆大島(東京都大島町)で11.9kmの周回を10周する119kmで争われ、新城幸也(ランプレ・メリダ)が銀メダル、別府史之(トレック・セガフレード)が銅メダルを獲得した。金メダルは大会3日目のタイムトライアル(TT)男子エリートを制したチェン・キンロー(香港)が獲得し、ロード2冠を達成した。

アジア選手権ロードレース・男子エリートで3位でゴールする新城幸也 =2016年1月24日、東京・伊豆大島 Photo: Sonoko TANAKA / ACC2016アジア選手権ロードレース・男子エリートで3位でゴールする新城幸也 =2016年1月24日、東京・伊豆大島 Photo: Sonoko TANAKA / ACC2016

 14周の予定だったレースは天候の悪化が予測されたため前日の時点で13周に短縮され、さらにレース中に急きょ10周に変更された。レース中盤、集団を積極的にリードしていたイラン勢から2選手が先行し、これを追った新城とフェン・チュンカイ(台湾)がキャッチ。さらに別府を含む5人の追走集団も合流し、9人の先頭集団が形成された。

アジア選手権ロードレース・男子エリートで独走優勝し、金メダルを獲得したチェン・キンロー(香港)。タイムトライアルとの2冠を達成した Photo: Sonoko TANAKA / ACC2016アジア選手権ロードレース・男子エリートで独走優勝し、金メダルを獲得したチェン・キンロー(香港)。タイムトライアルとの2冠を達成した Photo: Sonoko TANAKA / ACC2016

 終盤になるとチェンが集団から飛び出し、新城が単独で追走した。チェンが追走集団との差を1、2分と広げるなか、新城はチェンとの差を10~20秒ほどで維持。新城は最終周回で追い上げを見せたものの、アジアTT王者を捉えきれず7秒差でゴールした。別府は追走集団による3位争いを制した。

【レース詳報】新城幸也の決死の追走も実らず、日本は銀と銅

●男子エリート ロードレース(11.9km×10周=119.0km)
1 チェン・キンロー(香港) 3時間25分34秒
2 新城幸也(ランプレ・メリダ) +6秒
3 別府史之(トレック・セガフレード) +4分38秒
DNF 内間康平(ブリヂストアンアンカー サイクリングチーム)
DNF 畑中勇介(チームUKYO) 

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アジア選手権2016 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載