デゲンコルプ、バルギルら主力が大けがジャイアント・アルペシンの6選手がトレーニングキャンプ中に交通事故 いずれも容体は安定

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 UCI(国際自転車競技連合)ワールドチームのチーム ジャイアント・アルペシンは現地時間1月23日、トレーニングキャンプを行うスペイン・カルペでライド中、6選手が交通事故に巻き込まれたと発表した。その中には、主力のジョン・デゲンコルプ(ドイツ)、ワレン・バルギル(フランス)らが含まれている。

観光客が運転する自動車が逆走

デゲンコルプは昨年10月の「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」で初来日し、得意のスプリントで優勝を飾った Photo: Ikki YONEYAMAデゲンコルプは昨年10月の「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」で初来日し、得意のスプリントで優勝を飾った Photo: Ikki YONEYAMA

 事故に遭った6選手は、デゲンコルプ、バルギルのほか、チャド・ハガ(アメリカ)、フレドリク・ルドヴィグソン(スウェーデン)、ラモン・シンケルダム(オランダ)、マックス・ヴァルシャイト(ドイツ)。サイクルポータルサイト「CyclingNews」によると、現地に観光で訪れていたイギリス人が運転する自動車が逆走し、6人をはねたと報じた。

 また、CyclingNewsが各選手らから入手した情報では、バルギルが手首骨折と膝の負傷、ハガはドクターヘリで搬送、デゲンコルプは大腿部、前腕、唇の負傷に加え、左手人差し指が切断寸前だったという。

 チームは、いずれの選手ともに容体は安定し、各選手に必要な治療を施すべく医師と相談を続けていくとコメント。選手たちのけがの詳細は追って発表するとしている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載