先頭集団の4人でゴールスプリント【速報】女子エリートで萩原麻由子が銅メダル、與那嶺恵理が4位 アジア選手権ロードレース

  • 一覧

 伊豆大島(東京都大島町)を舞台とするアジア自転車競技選手権大会ロードレースは、大会5日目の1月23日午後、女子エリートクラスのロードレースが行われ、萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)が銅メダルを獲得した。金メダルはナ・アルム(韓国)。レース終盤に形成された4人の先頭集団に、日本チームは萩原と與那嶺恵理(フォルツァ・ヨネックス)の2人が入ったが、ゴールスプリントで3、4位に敗れた。

4人のゴールスプリントとなった女子エリートのレース。韓国のナ・アルム(右)が優勝した Photo: Sonoko TANAKA4人のゴールスプリントとなった女子エリートのレース。韓国のナ・アルム(右)が優勝した Photo: Sonoko TANAKA

 11.9kmの周回を9周107.1kmで行われた女子エリートのレースは、前半はスローペースで進行。後半のペースアップから8周目の上りで萩原がアタックし、ナと2人で抜け出すことに成功した。ここに與那嶺がプ・イシャン(中国)と合流し、4人の先頭集団で最終周回に突入した。4人の勝負はゴールスプリントに持ち込まれ、ナがこれを制して優勝。続いてプ、萩原、與那嶺の順でゴールした。

【レース詳報】女子エリートは五輪出場枠獲得ならず 

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アジア選手権2016 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載