カーボンフレームの国内メーカーグラファイトデザインがサイクル事業を休止 収益上げられず2016年2月末に撤退

  • 一覧

 オリジナルのフルカーボン自転車を製造・販売するグラファイトデザイン(埼玉県秩父市)が、2016年2月末にサイクル事業を休止すると発表した。2009年からフルカーボンフレームを市場に送り出してきたが、これまで収益を上げられず、将来的に大幅な改善も困難と判断した。

ゴルフシャフトで培った「しなり」を生かすカーボンフレームを展開した Photo: Masami SATOUゴルフシャフトで培った「しなり」を生かすカーボンフレームを展開した Photo: Masami SATOU
グラファイトデザインがサポートする「梅丹本舗・GDR」でレースを走る新城幸也(2008年) Photo: Yuzuru SUNADAグラファイトデザインがサポートする「梅丹本舗・GDR」でレースを走る新城幸也(2008年) Photo: Yuzuru SUNADA

 すでに販売したサイクル製品は、同社で引き続き2019年2月28日まで、修理・アフターサービス・補修部品の供給などの対応を行う。また、これまでに獲得した技術を活用した関連OEMパーツの供給、および設計支援も継続する。

 同社はゴルフシャフト事業で培ったカーボン設計開発の技術を活用するため、2007年にサイクルプロジェクトを発足。独特の「しなり」を生かした自転車フレームを展開していた。

 プロジェクトの初期の2008、2009年には、浅田顕監督が率いる「エキップアサダ」をサポート。同チームには新城幸也(現ランプレ・メリダ)、宮澤崇史、清水都貴らが所属し、新城が2008年にツール・ドゥ・リムザンのステージ優勝、ツール・ド・おきなわ総合優勝などの成績を残した。

関連記事

この記事のタグ

グラファイトデザイン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載