ツアー・ダウンアンダー最新レポートトレックチームの「マドン」は選手のナショナルカラー UCIワールドチームの最新バイク<3>

  • 一覧

 1月19~24日にオーストラリアで開催された「サントス ツアー・ダウンアンダー」に出場したUCI(国際自転車競技連合)ワールドチームのバイク紹介。第3回目は、1月にオーストラリア選手権を制したジャック・ボブリッジ(オーストラリア)や、現世界チャンピオンのペテル・サガン(スロバキア)らが所属するティンコフなど6チームのバイクを紹介する。

←<2>新城幸也のランプレ・メリダはシマノ+フルクラム
←<1>カチューシャは無線コンポ「eタップ」を使用

トレック・セガフレード

トレック・セガフレードのジャック・ボブリッジが乗るトレック「マドン」トレック・セガフレードのジャック・ボブリッジが乗るトレック「マドン」

 1月のオーストラリア選手権を制したジャック・ボブリッジ(オーストラリア)が乗るトレック「マドン」は、空力性能を極限まで追求し、伸びやかな加速を持つ最新エアロロードだ。ワイヤーやバッテリーはフレーム内に収納され、見た目も非常に美しい。トレックチームのバイクは、各選手の出身国のナショナルカラーをモチーフにペイントされており、ボブリッジのバイクはイエローとグリーンのオージーカラーだ。コンポーネントはシマノ・デュラエースDi2。クランクにはパワーメーターのSRMが装着される。サドルやホイールなど多くのパーツは、トレックのパーツブランド「ボントレガー」で固めれらている。

チーム ジャイアント・アルペシン

チーム ジャイアント・アルペシンのシモン・ゲシュケが乗るジャイアント「TCR アドバンスドSL」チーム ジャイアント・アルペシンのシモン・ゲシュケが乗るジャイアント「TCR アドバンスドSL」

 シモン・ゲシュケ(ドイツ)が乗るジャイアント「TCR アドバンスドSL」は、軽量でバランスのとれたオールラウンドバイクだ。カラーリングは昨年を踏襲し、ブラック基調の車体にブルーとレッドのラインが施されている。コンポーネントはシマノ・デュラエーズDi2で、ホイールはチューブラータイプのシマノ「WH-9000-C50-TU」を使用。タイヤはサイドスキンのヴィットリア製。サドル、ハンドル、バーテープはをシマノが扱う「プロ」製品で固めている。パワーメーターはパイオニア「ペダリングモニターセンサー」を使用している。

オリカ・グリーンエッジ

オリカ・グリーンエッジのルーク・ダルブリッジが乗るスコット「フォイル」オリカ・グリーンエッジのルーク・ダルブリッジが乗るスコット「フォイル」

 ルーク・ダルブリッジ(オーストラリア)が乗るスコット「フォイル」は、昨夏に発表された最新型ではなく、前モデルを使用している。ブルーとブラックを組み合わせたカラーリングが特徴的で、フォークの形の部分にチーム名が、シートステーには選手個人の氏名や国籍が記されている。コンポーネントはシマノ・デュラエースDi2で、クランクにはパワーメーターのSRMを装着。シマノ「WH-9000-C35-TU」ホイールに、コンチネンタル製のタイヤを組み合わせている。サドルは、座面がフラットなフィジーク「アリオネ」がチョイスされている。

ティンコフ

ティンコフのアダム・ブライズが乗るスペシャライズド「Sワークス ヴェンジ ヴァイアス」ティンコフのアダム・ブライズが乗るスペシャライズド「Sワークス ヴェンジ ヴァイアス」

 アダム・ブライズ(イギリス)が乗るスペシャライズド「Sワークス ヴェンジ ヴァイアス」は、エアロを追求した専用ブレーキとステムと一体型のハンドルが特徴的だ。ハンドル落差を大きくとったポジションがセッティングされている。メーンコンポーネントはシマノ・デュラエースDi2で、SRMのパワーメーターを装着。ホイールはロヴァール「CLX64」を採用。前後に幅のあるエアロ形状のシートポストに、プロロゴのサドルが後ろ乗りのセッティングで取り付けられている。

エフデジ

エフデジのアントニー・ルーが乗るラピエール「ゼリウスSL アルチメイト」エフデジのアントニー・ルーが乗るラピエール「ゼリウスSL アルチメイト」

 アントニー・ルー(フランス)が駆るラピエール「ゼリウスSL アルチメイト」は、フランスチームらしくトリコロール(フランス国旗の青、白、赤)のラインが施されている。長いステムで低く構えたセッティングで、昔ながらのシャローハンドルを使用しているのが特徴的だ。コンポーネントはシマノ・デュラエースDi2。ホイールはシマノ「WH-9000-C50-TU」、タイヤはコンチネンタル製が装着されている。パワーメーターはSRMが取り付けられている。

アージェードゥーゼール ラモンディアル

アージェードゥーゼール ラモンディアルのジェス・サージェントが乗るフォーカス「イザルコ マックス」アージェードゥーゼール ラモンディアルのジェス・サージェントが乗るフォーカス「イザルコ マックス」

 ジェス・サージェント(ニュージーランド)が使用するフォーカス「イザルコ マックス」は、昨年のデザインを踏襲したライトブルーとホワイトのさわやかなカラーリング。コンポーネントには無線式のスラム「レッド eタップ」を搭載。ホイールはリムハイトが58mmのジップ「404」がチョイスされ、コンチネンタル製のタイヤが装着されている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載