2路線に導入、将来は拡大もJR四国高速バス「自転車載せます」 旅先でのサイクリングが容易に

  • 一覧
ジェイアール四国バスの「観音寺エクスプレス号」 (提供写真)ジェイアール四国バスの「観音寺エクスプレス号」 (提供写真)

 サイクリング目的の観光客らの利便性を高めようと、ジェイアール四国バス(高松市)は高速バスで観音寺・坂出-神戸・大阪間を運行する「観音寺エクスプレス号」と、高知-松山間の「なんごくエクスプレス号」で、自転車を積み込めるサービスを開始した。

 同社の高速バスではこれまで、荷物が少ないときなど乗務員が運行上支障がないと判断した場合のみ積み込み可能としていた。しかし、自転車の積み込みに関する問い合わせが近年増えたことから、同社単独運行の2路線から導入した。他の路線にも広げたい考えで、共同運行をしているバス会社との調整を進めるとしている。

ジェイアール四国バスの「なんごくエクスプレス号」 (提供写真)ジェイアール四国バスの「なんごくエクスプレス号」 (提供写真)
ジェイアール四国バス「観音寺エクスプレス号」のトランク部分。自転車を積み込めるサービスが始まった(要事前予約) (提供写真)ジェイアール四国バス「観音寺エクスプレス号」のトランク部分。自転車を積み込めるサービスが始まった(要事前予約) (提供写真)

 積み込み料は観音寺エクスプレスが無料、なんごくエクスプレスは1台300円。専用袋に収納し、縦、横、幅の長さの合計が250cm以内の自転車に限る。利用は同社バス予約センター・高松(電話087-825-1657)などでバスの予約時に申し込む。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツーリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載