平均時速41.45km、2位に0秒21の僅差女子エリートで萩原麻由子が金メダル アジア選手権タイムトライアル

  • 一覧

 アジア自転車競技選手権大会ロードレースの第3日が1月21日、伊豆大島(東京都大島町)で行われ、午前中に実施された女子エリートタイムトライアル(TT)で萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)が32分25秒17の最速タイムをマークし、金メダルを獲得した。

アジア選手権ロード・タイムトライアルの女子エリートで金メダルをを獲得した萩原麻由子の力走 =2016年1月21日午前、伊豆大島 Photo: Sonoko TANAKAアジア選手権ロード・タイムトライアルの女子エリートで金メダルをを獲得した萩原麻由子の力走 =2016年1月21日午前、伊豆大島 Photo: Sonoko TANAKA

2位に100分の21秒の僅差で最速タイムをたたき出し、手を挙げて喜ぶ萩原麻由子 Photo: Sonoko TANAKA2位に100分の21秒の僅差で最速タイムをたたき出し、手を挙げて喜ぶ萩原麻由子 Photo: Sonoko TANAKA

 女子エリートには12カ国・12人の選手が出場。萩原は2位のイ・ジュミに0秒21の僅差でゴールした。萩原はアジア大会のこの種目で、2008年に銅、2010年には銀を獲得したが、金メダル獲得は初めて。

「これで体に刺激が入った」 萩原麻由子コメント

 行きが追い風、帰りが向かい風だった。いつもと風向きが逆だったので、前半から飛ばしてしまっている感覚があった。折り返しの段階で2位と10秒差だったので、踏み直したもののエンジンがかかるまで時間を要した。ただ、焦ることなく体が動くところでしっかりと踏むよう心がけた。後半途中、6秒差まで詰まっていたので、韓国選手を意識しながら強めに踏んだ。

 久々のアジアタイトルで、とても感慨深い。きょうの個人TTが久々のレースなので、これで体に刺激が入ったと思う。本番はロードレース。韓国が強いメンバーをそろえてきている。個人TTに出ている選手は格下の選手。ロード本番は韓国を意識しながら走ることになりそうだ。

 けが(昨年9月の鎖骨骨折)の前の調子と比べることは難しいが、きょう1レースを走った感覚は悪くない。

■アジア選手権ロードレース第3日 リザルト

女子エリート タイムトライアル(22.4km)
1 萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ) 32分25秒17(平均41.45km/h)
2 イ・ジュミ(韓国) 32分25秒38
3 パン・ヤオ(香港) 34分05秒23

アジア選手権・タイムトライアルの女子エリートの表彰式。(左から)2位のイ・ジュミ(韓国)、優勝した萩原麻由子、3位のパン・ヤオ(香港) Photo: Sonoko TANAKA / ACC2016アジア選手権・タイムトライアルの女子エリートの表彰式。(左から)2位のイ・ジュミ(韓国)、優勝した萩原麻由子、3位のパン・ヤオ(香港) Photo: Sonoko TANAKA / ACC2016

※最初に記事を掲載した後に、萩原選手のコメントと表彰式の写真を追加しました。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アジア選手権2016 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載