ツアー・ダウンアンダー最新レポート新城幸也のランプレ・メリダはシマノ+フルクラム UCIワールドチームの最新バイク<2>

  • 一覧

 1月19~24日にオーストラリアで開催される2016年のUCI(国際自転車競技連合)ワールドツアーの初戦「サントス ツアー・ダウンアンダー」には、トップカテゴリーのUCIワールドチーム全18チームが出場している。チームバイク紹介の第2回目は、新城幸也が所属するランプレ・メリダや、トニー・マルティン(ドイツ)、マルセル・キッテル(ドイツ)らが所属するエティックス・クイックステップなど6チームのバイクを紹介する。

←<1>カチューシャは無線コンポ「eタップ」を使用

イアム サイクリング

イアム サイクリングのアレクセイ・サラモティンスが乗るスコット「フォイル」イアム サイクリングのアレクセイ・サラモティンスが乗るスコット「フォイル」

 アレクセイ・サラモティンス(ラトビア)が乗るスコット「フォイル」は、一体型のハンドルやフレーム形状などで空力を向上させたニューモデル。ホイールは「DTスイス」が採用され、スイスチームらしいチョイスがみられる。コンポーネントはシマノの電動システム「デュラエースDi2」を使用。コンチネンタルのタイヤが装着され、SRMのパワーメーターが取り付けられている。

モビスター チーム

モビスター チームのヤッシャ・ズッターリンが乗るキャニオン「アルティメットCF SLX」モビスター チームのヤッシャ・ズッターリンが乗るキャニオン「アルティメットCF SLX」

 ヤッシャ・ズッターリン(ドイツ)が使用するキャニオン「アルティメットCF SLX」は、形状が見直されエアロ効果も手にいれたオールラウンダーバイク。カラーリングは前年と比べ、紺色の割合が多くなった。コンポーネントはカンパニョーロの電動システム「スーパーレコードEPS」を採用し、4アームタイプのクランクにはSRMのパワーメーターが搭載されている。ホイールはカンパニョーロの「ボーラウルトラ50」で、タイヤはコンチネンタル製となっている。

ランプレ・メリダ

ランプレ・メリダのルイ・メインティスが乗るメリダ「スクルトゥーラ」ランプレ・メリダのルイ・メインティスが乗るメリダ「スクルトゥーラ」

 ルイ・メインティス(南アフリカ)が使用するメリダ「スクルトゥーラ」は軽量で上りが得意なオールラウンドバイクだ。メーンコンポはシマノ・デュラエースDi2を採用しているが、クランクはローター製で、チェーンリングは「Qリングス」の楕円タイプを使用している。ホイールはフルクラム「スピード40T」でタイヤはコンチネンタル製。プロロゴのサドルが前乗り気味にセッティングされている。

エティックス・クイックステップ

エティックス・クイックステップのダビ・デラクルスが乗るスペシャライズド Sワークス「ターマックエティックス・クイックステップのダビ・デラクルスが乗るスペシャライズド Sワークス「ターマック

 ダビ・デラクルス(スペイン)のバイクは、スペシャライズドのオールラウンド・レーシングバイク「Sワークス ターマック」。昨年のデザインを踏襲し、黒基調のシンプルなカラーリングにまとめられている。メーンコンポにはシマノ・デュラエースDi2を装着。ホイールはスペシャライズドのホイールブランドであるローバルの「CLX60」が使用されている。シートポストやステムはFSA製となっている。

BMCレーシングチーム

BMCレーシングチームのローハン・デニスが乗るBMC「チームマシン SLR01」BMCレーシングチームのローハン・デニスが乗るBMC「チームマシン SLR01」

 地元のローハン・デニス(オーストラリア)が乗るBMC「チームマシン SLR01」は昨年のデザインを踏襲し、黒と赤のチームウェアと合わせたカラーリングとなっている。コンポーネントはシマノ・デュラエースDi2を採用。ホイールはチューブラータイプのシマノ「WH-9000-C50-TU」が使用されている。角度の深い3T製のステムがアッセンブルされているのが特徴的だ。タイヤはコンチネンタル製がチョイスされている。

チーム ロットNL・ユンボ

チーム ロットNL・ユンボのマールテン・チャリンギが乗るビアンキ「オルトレXR2」チーム ロットNL・ユンボのマールテン・チャリンギが乗るビアンキ「オルトレXR2」

 マールテン・チャリンギ(オランダ)が乗るビアンキ「オルトレXR2」は、昨年と同様にビアンキ伝統のチェレステカラーでまとめられている。コンポーネントはシマノ・デュラエースDi2で、ホイールはチューブラータイプのシマノ「WH-9000-C35-TU」が使用されている。タイヤはヴィットリア「コルサ」でスキンサイドを採用。サドルはサンマルコで、ハンドル周りはFSAを使用している。

→<3>トレックチームの「マドン」は選手のナショナルカラー

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載