強風の影響で1日遅れて開幕男子ジュニアで渡邉歩、U23で山本大喜が銅メダル アジア選手権タイムトライアル

  • 一覧

 伊豆大島(東京都大島町)を舞台とするアジア自転車競技選手権大会ロードレースが1月20日に開幕。この日は個人タイムトライアル(TT)の競技が行われ、男子U23で山本大喜(鹿屋体育大学)、男子ジュニアでは渡邉歩(学法石川高校)がそれぞれ3位に入って銅メダルを獲得した。パラサイクリングでは日本人選手が出場した3クラス全てで金メダルを獲得した。

アジア選手権ロード・タイムトライアルのU23カテゴリーで銅メダルを獲得した山本大喜の力走 =2016年1月20日、伊豆大島 Photo: Sonoko TANAKAアジア選手権ロード・タイムトライアルのU23カテゴリーで銅メダルを獲得した山本大喜の力走 =2016年1月20日、伊豆大島 Photo: Sonoko TANAKA

島の中心部でスタート・ゴール

タイムトライアルの男子U23で金メダルに輝いたモンゴルのバトムンク・マラルエルデネ Photo: Sonoko TANAKAタイムトライアルの男子U23で金メダルに輝いたモンゴルのバトムンク・マラルエルデネ Photo: Sonoko TANAKA

 大会は19日に開幕する予定だったが、強風のため初日の競技が延期され、2日目にレースがスタートした。TTのコースは島の中心街をスタート・ゴール地点とし、北西の海岸沿いを走って折り返す11.2km。カテゴリーに応じて1~3周回で争われた。

 男子U23は3周・33.6kmで、13人中9番目にスタートしたバトムンク・マラルエルデネ(モンゴル)がトップタイムを記録。11番目スタートの山本は3位のタイムでゴールし、銅メダルとなった。

タイムトライアルの男子U23で銀メダルを獲得した香港のフン・カホー Photo: Sonoko TANAKAタイムトライアルの男子U23で銀メダルを獲得した香港のフン・カホー Photo: Sonoko TANAKA
タイムトライアルの男子U23で3位のタイムをマークした山本大喜 Photo: Sonoko TANAKAタイムトライアルの男子U23で3位のタイムをマークした山本大喜 Photo: Sonoko TANAKA

インターハイ王者が殊勲

タイムトライアルの男子ジュニアで優勝したカザフスタンのヴァディム・プロンスキー Photo: Sonoko TANAKAタイムトライアルの男子ジュニアで優勝したカザフスタンのヴァディム・プロンスキー Photo: Sonoko TANAKA

 男子ジュニアは2周・22.4kmで行われ、14人が出走。10番目にスタートした今年度のインターハイ・ロードレース王者、渡邉はトップタイムでゴールしたが、最後から2番目にスタートしたヴァディム・プロンスキー(カザフスタン)が渡邉のタイムを更新。最終走者のジャムシディアン・アミール・ホセイン(イラン)も渡邉を上回るタイムで2位に入り、渡邉の銅メダルが決まった。

タイムトライアルの男子ジュニアで銅メダルを獲得した渡邉歩 Photo: Sonoko TANAKAタイムトライアルの男子ジュニアで銅メダルを獲得した渡邉歩 Photo: Sonoko TANAKA

パラサイクリングは3種目で金

 パラサイクリングでは、WBクラス(女子タンデム)の鹿沼由理恵・田中まい組、MCクラス(男子2輪)の藤田征樹、MTクラス(男子3輪)の小川睦彦がそれぞれ金メダルを獲得した。

アジア選手権・タイムトライアルのパラサイクリング-WBで金メダルに輝いた鹿沼由理恵(左)と田中まい Photo: Sonoko TANAKAアジア選手権・タイムトライアルのパラサイクリング-WBで金メダルに輝いた鹿沼由理恵(左)と田中まい Photo: Sonoko TANAKA
アジア選手権のタイムトライアル・パラサイクリング-MCで優勝した藤田征樹 Photo: Sonoko TANAKAアジア選手権のタイムトライアル・パラサイクリング-MCで優勝した藤田征樹 Photo: Sonoko TANAKA
アジア選手権のパラサイクリング-MTで金メダルを獲得した小川睦彦 Photo:  Hideaki TAKAGI / ACC2016アジア選手権のパラサイクリング-MTで金メダルを獲得した小川睦彦 Photo: Hideaki TAKAGI / ACC2016

■アジア選手権ロードレース第2日 リザルト

男子U23 タイムトライアル(33.6km)
1 バトムンク・マラルエルデネ(モンゴル) 45分22秒32(平均44.43km/h)
2 フン・カホー(香港) 46分10秒16
3 山本大喜(鹿屋体育大学) 46分26秒95

男子ジュニア タイムトライアル(22.4km)
1 ヴァディム・プロンスキー(カザフスタン) 30分55秒27(平均43.46km/h)
2 ジャムシディアン・アミール・ホセイン(イラン) 32分24秒91
3 渡邉歩(学法石川高校) 32分29秒91

アジア選手権・タイムトライアルの男子U23表彰式。(左から)2位のフン・カホー(香港)、1位のバトムンク・マラルエルデネ(モンゴル)、3位の山本大喜 Photo: Sonoko TANAKAアジア選手権・タイムトライアルの男子U23表彰式。(左から)2位のフン・カホー(香港)、1位のバトムンク・マラルエルデネ(モンゴル)、3位の山本大喜 Photo: Sonoko TANAKA
アジア選手権・タイムトライアルの男子ジュニア表彰式。(左から)ジャムシディアン・アミール・ホセイン(イラン)、優勝したヴァディム・プロンスキー(カザフスタン)、3位の渡邉歩 Photo: Sonoko TANAKAアジア選手権・タイムトライアルの男子ジュニア表彰式。(左から)ジャムシディアン・アミール・ホセイン(イラン)、優勝したヴァディム・プロンスキー(カザフスタン)、3位の渡邉歩 Photo: Sonoko TANAKA
アジア選手権・パラサイクリング-WBの表彰式で金メダルを授与された鹿沼由理恵(右)・田中まい Photo: Yuko SATO / ACC2016アジア選手権・パラサイクリング-WBの表彰式で金メダルを授与された鹿沼由理恵(右)・田中まい Photo: Yuko SATO / ACC2016

パラサイクリング-WB(22.4km)
1 鹿沼由理恵(楽天ソシオビジネス)・田中まい(JPCU) 34分32秒34(平均38.91km/h)

パラサイクリング-MC(22.4km)
1 藤田征樹(日立建機) 31分42秒05(ファクタードタイム)

パラサイクリング-MT(11.2km)
1 小川睦彦(杉並区役所) 24分35秒81(ファクタードタイム)
 
※ファクタードタイム…ファクターと呼ばれる係数をかけて修正されたタイム。障害の程度によって分類されるクラスが統合されたため、ファクタードタイムをもとに着順を決定する。

アジア選手権・パラサイクリング-MCの表彰式で金メダルを授与された藤田征樹(中央) Photo: Sonoko TANAKAアジア選手権・パラサイクリング-MCの表彰式で金メダルを授与された藤田征樹(中央) Photo: Sonoko TANAKA
アジア選手権・パラサイクリング-MTの表彰式で金メダルを授与された	小川睦彦 Photo: Yuko SATO / ACC2016アジア選手権・パラサイクリング-MTの表彰式で金メダルを授与された 小川睦彦 Photo: Yuko SATO / ACC2016

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アジア選手権2016 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載