賠償責任補償は1億円、年間の掛け金3000円損保ジャパン日本興亜が横浜市で「ハマの自転車保険」を販売 10万人目標

  • 一覧

 損保ジャパン日本興亜は1月18日、横浜市交通安全協会がつくる自転車会の会員向けに、自転車保険の販売を始めると発表した。2月から募集を開始し、4月からの保険の適用となる。2016年度に3万人の加入を目指し、将来的に10万人にしたい考えだ。

 損保ジャパンは、交通安全協会が創設する自転車保険制度「ハマの自転車保険」を単独で引き受ける。損害賠償金が高額になる可能性がある自転車事故に備えてもらう。他人にけがを負わせた場合の賠償責任補償が1億円などのプランで、保険料や運営費を含め年間の掛け金は3000円。交通安全協会のホームページから手続きができる。(共同通信)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載