別府史之、新城幸也、萩原麻由子らを選出アジア選手権ロードのエリートクラスで日本の最終メンバー判明 女子は最終選考で混乱

  • 一覧

 1月19~24日に東京・伊豆大島で開かれるアジア自転車競技選手権のロードレース・男女エリートクラスで、日本代表の最終メンバーが明らかになった。男子は、ロードレースには別府史之(トレック・セガフレード)、新城幸也(ランプレ・メリダ)、畑中勇介(チームUKYO)、内間康平(ブリヂストンアンカー)の4人、個人タイムトライアル(TT)には増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が出場する。女子は、ロードレースにはエントリーリストに登録された6人のうち萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)、金子広美(イナーメ信濃山形)、坂口聖香(パナソニックレディース)、與那嶺恵理(FORZA・YONEX)の4人が選出された。個人TTには萩原が出場する。

 ロードのエリートクラスの競技は、男女の個人TTは21日、女子ロードレースは23日、男子ロードレースは24日に開催。個人TTは伊豆大島の元町港を起点とする海沿いの往復コース(11.2km)、ロードレースは元町港~大島空港付近の周回コース(11.9km)で争われる。

三原山側から見渡した大会のコース周辺。大島町の中心部で、対岸には伊豆半島を望む =2015年1月 Photo: Mutsumi SAITO三原山側から見渡した大会のコース周辺。大島町の中心部で、対岸には伊豆半島を望む =2015年1月 Photo: Mutsumi SAITO
アジア選手権(ロードレース、個人タイムトライアル)のコース(実行委員会の公表資料より)アジア選手権(ロードレース、個人タイムトライアル)のコース(実行委員会の公表資料より)

エリート女子は選考後にメンバーを変更

 アジア選手権の日本代表選手団をめぐっては、日本自転車競技連盟(JCF)が1月8日にエントリーリスト(予備登録選手を含む)を発表。この中から、直前合宿などで最終選考が行われ、実際の出場選手が決まる。

 しかし、ロードのエリート男子は、エントリーされた5人のうち別府、新城ら4人がロードレースへ、増田が個人TTへ出場する方針が早くから決まっており、5人は直前合宿に呼ばれることもなく、所属チームの合宿などでコンディショニングに励んでいる。

 一方、エリート女子はエントリーリストに6人が登録され、全員が伊豆大島での直前合宿(1月8~12日)に召集された。アジア大会での日本の出場枠はロードレースが4、個人TTが1なので、6人のうち1人か2人が出場できないことになる。

 12日の合宿終了後、JCFはエリート女子ロードレースに4人を選出し、コーチから選手たちに伝えた。しかし、選ばれなかった選手から異議が申し立てられたため、JCFの選手強化委員会と選手強化本部会が改めて審議。15日になって、当初のメンバーから1人を入れ替え、萩原、金子、坂口、與那嶺の4人に決定した。直前合宿での判断を覆す異例の対応だ。JCFの文書などによると、追加で決定された選手は、合宿における走力データで3番目のパフォーマンスを示していたという。

昨年の全日本選手権ロードレース・エリート女子を走る(右から)萩原麻由子、與那嶺恵理、金子広美 =2015年6月28日 Photo: Ikki YONEYAMA昨年の全日本選手権ロードレース・エリート女子を走る(右から)萩原麻由子、與那嶺恵理、金子広美 =2015年6月28日 Photo: Ikki YONEYAMA

 JCFはロードのエリート女子の選考方針として、萩原をエースとし、他の3人が全力でアシストすることにより優勝または上位入賞を達成し、萩原のUCI(国際自転車競技連合)ポイントを少しでも多く獲得することで、今年8月に開かれるリオ五輪の女子ロードレース出場枠を1枠獲得する―としている。個人TTに萩原を出場させるのも、UCIポイントを少しでも多く積み増すための作戦だ。

 一方でJCFは、チームの方針に従わず、アシストの仕事を放棄して自己の利益を優先する行動や、チームの指示に反した行動が見られた場合は「リオ五輪の選手選考から除外することもある」としている。選出された全選手は、この方針に従う意思を示しているという。

 エリート女子のロードレースまであと6日。日本代表は直前の混乱を乗り越えて一丸となり、優勝や入賞をつかむことができるか? 選手たちの結束や踏ん張り、チームの采配、JCFのマネジメントなど、さまざまな努力が求められている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アジア選手権2016 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載