町の非常勤特別職員として採用栃木・那須町が地域おこし協力隊「自転車隊員」を募集 2月6日に現地説明会

  • 一覧

 栃木県那須町が、自転車に特化した地域おこし協力隊「自転車隊員」を募集している。町の非常勤特別職員として採用するもので、定員は2人、任期は今年4月1日から1年間。最長3年間までの期間延長もある。2月6日には現地説明会が行われる。

イベント開催や広報活動を担当

 那須町は「自転車のまち」として振興を図っている。UCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチーム「那須ブラーゼン」のおひざ元であり、昨年6月には全日本選手権ロードレースも行われた。町はさらに全国のサイクリストを受け入れる基盤を作るため、首都圏から移り住む「地域おこし協力隊」として、自転車関連イベントの開催、首都圏との交流、広報活動などを行う「自転車隊員」を採用する。

栃木県内プロチームの選手とも走れる那須高原ロングライド栃木県内プロチームの選手とも走れる那須高原ロングライド
昨年の全日本選手権ロードには全国から多くのファンが訪れた昨年の全日本選手権ロードには全国から多くのファンが訪れた

 地域おこし協力隊とは、大都市圏から地方都市へUターン、Iターン、Jターンして移住し、得意分野を生かして地域おこしを実現することで地方都市の活性化を目指す制度。総務省が2009年から実施し、地方自治体が募った協力隊員に対し、総務省が報償費や活動費を支給する。

住宅費は町が負担

那須町地域おこし協力隊募集のチラシ那須町地域おこし協力隊募集のチラシ

 那須町の応募条件は、申し込み時点で東京、大阪、名古屋の三大都市圏に生活の拠点を置いて住民登録しており、委託後には那須町内に生活の拠点を移し、活動後も那須町に定住する意思がある20歳以上50歳未満の男女。普通運転免許、基本的なパソコン操作なども必要となる。
 
待遇は報酬月額16万5000円。住宅費は1ヶ月5万円を限度に町が負担する。活動に伴う研修費、旅費、消耗品等は予算の範囲内で町が負担する。

 申し込みは、規定の応募用紙に必要事項を記入し、履歴書、住民票、免許証の写しを添付して、那須町ふるさと定住課へ郵送または持参する。締め切りは平成28年2月19日。2月下旬に那須町役場本庁舎で面接を行い、選考結果は応募者全員に文書で通知される。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載