title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<16>“原色の世界”が広がるアンデス山脈 夜とともに訪れる見渡す限りの星空

by 昼間岳 / Gaku HIRUMA
  • 一覧
インディヘナの女性と、標高4000mの峠を越える鉄道 Photo: Gaku HIRUMAインディヘナの女性と、標高4000mの峠を越える鉄道 Photo: Gaku HIRUMA

【2010年9月中旬~12月中旬】ペルー クスコ

 初めて走る標高4000mの世界はとても美しかった。上れば上るほどに空も草も雲の色も、どんどんと濃さを増し、余計な色が抜けて原色に近づいていった。

 平地から100km近く続く上り坂を一気に標高3000mまで駆け上がる。初めは荒々しいと思っていたアンデス山脈だが、3000mや4000mでも台地が広がっていて、放牧されたアルパカやリャマが草を食む、とても穏やかで愛らしい光景も見られた。先住民族であるインディヘナがカラフルな衣装に身を包み、つつましくもたくましく暮らしている。

アンデスの高地を目指し一緒に走ったサイクリストたち Photo: Gaku HIRUMAアンデスの高地を目指し一緒に走ったサイクリストたち Photo: Gaku HIRUMA
アルパカの群れ。穏やかな風景 Photo: Gaku HIRUMAアルパカの群れ。穏やかな風景 Photo: Gaku HIRUMA

 陽が沈む前に、道路から少し入った小高い丘の上にテントを張り、暮れゆく世界を眺める。少しずつ色を変えていく世界は、現実の世界とは思えないくらい美しい。そして夜の帳が降りると、満天の星空が視界を埋め尽くす。凍えるほど寒いにも関わらず、毎晩テントの中からこの星空をずっと眺めるのが楽しみだった。

 かつてインカの人々はその星の多さに、星と星を繋げて星座を描くのではなく、暗闇を繋いで星座を描いたそうだ。

圧倒されるほどの星空が広がる Photo: Gaku HIRUMA圧倒されるほどの星空が広がる Photo: Gaku HIRUMA

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載