女性に優しい低床設計ブリヂストンが乗りやすいU型フレームの電動アシスト車「フロンティアロイヤル」を発表

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルが、新開発の低床U型フレームを採用したデュアルドライブ(両輪駆動)の電動アシスト自転車「フロンティアロイヤル」を発表した。2月上旬から全国で発売される。

フロンティアロイヤル(写真はサニーピンク、12万8800円+税)フロンティアロイヤル(写真はサニーピンク、12万8800円+税)

 タイヤサイズは26インチと24インチの2種類で、価格はともに12万8800円(税抜き)。

従来モデルから約4cm低床化

 デュアルドライブは、前輪のハブ部分に電動アシストのモーターを内蔵し、後輪はベルトで駆動するシステム。両輪駆動による力強い走りを実現し、電動アシストシステムの簡略化によりトラブルも低減されるという。また、前輪が空転した瞬間にアシストをストップする「スリップ制御システム」、少ない力でブレーキをかけても高い制動力を発揮する「ブレーキアシストシステム」も搭載している。

後輪・ベルトドライブ。注油不要のローメンテナンスと、チェーンと比べて故障が少ないのが特徴後輪・ベルトドライブ。注油不要のローメンテナンスと、チェーンと比べて故障が少ないのが特徴
前輪・フロントモータードライブ。前輪に組み込まれたモーターが、パワーをダイレクトに地面に伝達前輪・フロントモータードライブ。前輪に組み込まれたモーターが、パワーをダイレクトに地面に伝達

 デュアルドライブの採用により、従来は車体中央の下部に装着していた電動アシストのモーターが前輪に移り、フレームを低く設計してまたぎやすくすることができた。新開発の「最低床U型フレーム」は、従来モデルと比べて約4cmの低床化を実現している。

カラーは6色展開

 全国の30~60代女性を対象に外観調査を行うなど、デザイン面にもこだわった。今回は、定番カラーのシルバーとブラウンに、アイボリーやピンクなどカジュアルな4色が加わり、計6色で展開される。

スパークルシルバースパークルシルバー
ライトミントライトミント

関連記事

この記事のタグ

e-BIKE ブリヂストンサイクル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載