熊谷賢輔の「世界をつなぐ道」<7>ユーコンで出会った仲間と釣りやキャンプを満喫 カヌーに自転車を積んで川下り<後編>

  • 一覧

 自転車世界一周の旅に出たら、やると決めていたカナダ・ユーコンの川下り。カヌーに自転車と食糧を積んで320km・8日間の旅に出た。しかし途中、まったく流れのない湖「レイク・ラバージ」に苦戦し、大雨にも見舞われた。ようやくたどり着いたレイク・ラバージの出口で着岸し、陸にあがると、見知らぬ2人の男が話しかけてきた。

←<前編>を読む

自転車を載せてカヤックを漕ぐ筆者。こうしてみると、自転車を載せていても違和感がない Photo: Kensuke KUMAGAI自転車を載せてカヤックを漕ぐ筆者。こうしてみると、自転車を載せていても違和感がない Photo: Kensuke KUMAGAI

出会った2人はまさかの日本人

ノゾムさん(左)とケイさん(右) Photo: Kensuke KUMAGAIノゾムさん(左)とケイさん(右) Photo: Kensuke KUMAGAI

 「ハロー…」

 相手が英語で話しかけてきた。僕も思わず「は!?ハロー!」と答える。お互い沈黙…。

 「日本人の方ですか?!」
「日本人です!!」

 僕は元気良く答えた。まさかこんなところで日本人に会うなんて! 遭難しかけた2日間、心細くなっていた僕は彼らに会ったことでテンションMAX。純粋な日本人と話をすること自体、旅をスタートしてから始めてだった。約2ヶ月ぶりに日本語を話し、聞くことが、僕の耳と口と身体を癒してくれた。

 メガネのお兄さんは「ケイさん」。ホワイトホースのツアー会社で働くオーロラ案内人。もう1人の「ノゾムさん」は、ケイさんとカヌートリップをするためにカナダ国内のレベルストークという町から遊びにきた京都人だった。

ソーセージが入ったカレーライスをごちそうしてもらった。美味しかった〜 Photo: Kensuke KUMAGAIソーセージが入ったカレーライスをごちそうしてもらった。美味しかった〜 Photo: Kensuke KUMAGAI

 彼らが作ってくれた夕食のカレーを食べながら、カヌートリップの話で盛り上がった。もちろんテーマは「レイク・ラバージについて」。

 僕とほぼ同じ日程でカヌーを漕いでいた彼らは、同じように白波・逆風・豪雨にやられていた。あの化け物レイク・ラバージを越えてきた者同士、固い絆で結ばれた瞬間だった。

 夜も深まってきた頃、薄い霧がユーコン川を覆い、青く鈍い月の光に照らされた。3人とも息を飲み、その幻想的な光景を見つめた。

 美しい景色を共感できる人がいる。もともと1人でカヌートリップをしようと考えていた僕だったが、彼らに出会い、仲間と一緒に旅をする楽しさを知った。

遠くに見えるのが2人を乗せたカヌー。さすが2人駆動、速い! Photo: Kensuke KUMAGAI遠くに見えるのが2人を乗せたカヌー。さすが2人駆動、速い! Photo: Kensuke KUMAGAI
ユーコン川の幻想的な景色に心奪われる Photo: Kensuke KUMAGAIユーコン川の幻想的な景色に心奪われる Photo: Kensuke KUMAGAI

仲間がいれば楽しさ倍増!

途中からの合流にも関わらず、快く受け入れてくれたケイさんとノゾムさん。3人だと作業が楽になるし、何よりも楽しい! Photo: Kensuke KUMAGAI途中からの合流にも関わらず、快く受け入れてくれたケイさんとノゾムさん。3人だと作業が楽になるし、何よりも楽しい! Photo: Kensuke KUMAGAI

 翌日からはケイさん、ノゾムさん、クマ(僕)の3人で旅をすることになった。

 彼らに出会ってからの5日間はあっという間だった。川の流れも速くなり、ゴールまでの残りの距離を気にする必要はなかった。むしろ速過ぎて、ゴールしないように刻んでいったほどだった。そのおかげで余裕を持った時間配分でカヌートリップを楽しむことができた。

 そのなかでも彼らが教えてくれた3つの楽しみを紹介する。

■フィッシング

カヌーを2艇並べてフィッシング Photo: Kensuke KUMAGAIカヌーを2艇並べてフィッシング Photo: Kensuke KUMAGAI

 ユーコン川ではノーザンパイク(キタカワカマス)やグレイリング(カワヒメマス)という魚が釣れる。僕はカヌーと同じでフィッシングも初心者レベルなのだが、ケイさんとノゾムさんは釣りが大好きで、暇があれば竿を持って魚釣りをしていた。そのおかげで、彼らが釣ってきた巨大なパイクを2回も食べることができた。

釣った魚を夕食に。「ごちそうさま」という感謝の気持ちもひとしお Photo: Kensuke KUMAGAI釣った魚を夕食に。「ごちそうさま」という感謝の気持ちもひとしお Photo: Kensuke KUMAGAI

 僕はというとまったく釣れず、「クマさんのパイクが食べたいな〜」というノゾムさんの一言が辛かった…。

 途中に売店などがないユーコン川では、フィッシングは楽しみであると同時に、自力で食料を確保する手段として非常に重要でもある。「遊び」というよりは、もはや生きるために必要な技術というべきかもしれない。

■キャンプファイア

 ユーコン川は夏でも水温がかなり低い。しかも、たまに降る雨や水しぶきなどで身体が冷える。そのため、陸に上がってまず重要なのがたき火用の薪集めだ。前に利用したカヌーイストが置いていった薪が残ってるキャンプサイトもあるが、全くない場合もある。そんなときは、キャンプサイトの奥の林で枯れ木を拾い集める。

Photo: Kensuke KUMAGAIPhoto: Kensuke KUMAGAI
ファイアピットがキャンプサイトにある Photo: Kensuke KUMAGAIファイアピットがキャンプサイトにある Photo: Kensuke KUMAGAI

 火を焚くファイアピットが無い場合は、大きめの石を河岸で集めて“かまど”を作る。キャンプファイアの目的は、暖をとることと、灯りを確保すること。そして、ユーコン川のカヌートリップの安全を祈願する“儀式”でもある。

火を使いこなすことも重要なテクニック Photo: Kensuke KUMAGAI火を使いこなすことも重要なテクニック Photo: Kensuke KUMAGAI

 キャンプファイアの優しい炎は、僕たちの体温だけでなく周りの空気も温かくしてくれた。そんな雰囲気の中で飲むコーヒーは、ふつうのコーヒーなのに、どんなに人気のあるカフェよりも美味しく感じるから不思議なものだ。数日前に会ったばかりの2人も、ずっと前から旅を共にしている友人のように思えた。

■サウナ

 旅の間は、お風呂やシャワーなんてものはない。あるのは目の前を流れるユーコン川の水。かといって、水浴びは寒くてツライ。そんな中、ノゾムさんのアイデアでサウナを作ることになった。

サウナづくり。骨組みとなる木材がなかったので、パドルで代用した Photo: Kensuke KUMAGAIサウナづくり。骨組みとなる木材がなかったので、パドルで代用した Photo: Kensuke KUMAGAI
ブルーシートを被せて完成 Photo: Kensuke KUMAGAIブルーシートを被せて完成 Photo: Kensuke KUMAGAI

 手順はこうだ。まず、骨組みとなるパドルをロープを使って組み立てる。その上に、シートを被せる。キャンプファイアの火で焼いた石をシート内に置く。僕たちも中に入り、その焼き石にぬるま湯を降り注ぐ。液体が石に触れた瞬間、凄い勢いで白い水蒸気が立ちのぼり、目の前が真っ白になる。

皆でブルーシート内に入って焼け石にぬるま湯をかける。気持ちいい~! Photo: Kensuke KUMAGAI皆でブルーシート内に入って焼け石にぬるま湯をかける。気持ちいい~! Photo: Kensuke KUMAGAI

 これを何度か繰り返すとシート内の温度がみるみる上昇し、次第にサウナ並みに暑くなってくる。

 たくさん汗をかき、もう限界!というところで外に飛び出る。ユーコン川に吹く冷たい風が、芯まで温まった身体に心地よい。心も身体もリフレッシュできる至福のときだった。

全ての経験は次なる旅の糧

無事にゴール地点のカーマックスに到着 Photo: Kensuke KUMAGAI無事にゴール地点のカーマックスに到着 Photo: Kensuke KUMAGAI

 スタートした当初は長く厳しい8日間になると思っていたが、終わってみれば、あっけないほど淡々とした幕切れだった。

 レイクラバージで散々苦しめられた場面や、ケイさんやノゾムさんに出会った時の喜びの瞬間、焚火を囲みながら3人で他愛もない話をしていた時間。ゴール地点のカーマックスに到着した時は、達成感よりも「ゴールしてしまった」寂しさの方が大きかった。

320kmに及ぶカヌーの旅に付き合ってくれた自転車。何もしてあげられなくてゴメンね Photo: Kensuke KUMAGAI320kmに及ぶカヌーの旅に付き合ってくれた自転車。何もしてあげられなくてゴメンね Photo: Kensuke KUMAGAI

 しかし、過ぎ去った過去を振り返るだけではいけない。過去は経験であり、思い出であり、未来への糧だ。その過去を手元に引き寄せ、一緒に持って行くのだ。

 その過去が僕に語りかけてくる。「ユーコン川に自転車は一緒に持って行くべきではない」と。

 そして、ユーコン川のカヌートリップは最低でも2人でいくことをオススメする。

熊谷 賢輔(くまがい・けんすけ)熊谷 賢輔(くまがい・けんすけ)

1984年、横浜生まれ。法政大学文学部英文学科を卒業後、東京3年+札幌3年間=6年間の商社勤務を経て、「自転車で世界一周」を成し遂げるために退社。世界へ行く前に、まずは日本全国にいる仲間達に会うべく「自転車日本一周」をやり遂げる。現在はフリーライターの仕事をする傍ら、3年をかけて自転車世界一周中。
オフィシャルサイト「るてん」 http://ru-te-n.com/

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

熊谷賢輔の「世界をつなぐ道」

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載