歴史あるイタリアの劇場で盛大に開催NIPPO・ヴィーニファンティーニがチームプレゼンテーション 新体制のメンバーをお披露目

  • 一覧

 日本企業のNIPPOがメーンスポンサーを務めるUCI(国際自転車競技連合)プロコンチネンタルチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ」が1月9日、イタリア・アブルッツォ州のキエーティでチームプレゼンテーションを開催した。日本人選手では石橋学、山本元喜、新加入する2015年U23アジアチャンピオンの小石祐馬が出席した。(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)

イタリア・キエーティの劇場で開催されたNIPPO・ヴィーニファンティーニの2016年チームプレゼンテーション Photo: NIPPO Vini-Fantiniイタリア・キエーティの劇場で開催されたNIPPO・ヴィーニファンティーニの2016年チームプレゼンテーション Photo: NIPPO Vini-Fantini

「大いに暴れて果敢にチャレンジを」

 歴史あるマルチーノ劇場が会場となり、スポンサーや記者、イタリア自転車界のVIPら400人を超えるゲストたちがNIPPO・ヴィーニファンティーニの2016シーズンの幕開けを祝福した。

大門宏監督とステファノ・ジュリアーニ監督から、日本人選手が紹介された Photo: NIPPO Vini-Fantini大門宏監督とステファノ・ジュリアーニ監督から、日本人選手が紹介された Photo: NIPPO Vini-Fantini

 全日本チャンピオンの窪木一茂は1月16、17日に開催されるUCIトラック・ワールドカップ第3戦 香港大会への準備のため欠席したが、石橋ら日本人3選手は、大勢の観客たちに向けて大門宏監督から紹介された。また、監督として加入した福島晋一氏がイタリア人監督のステファノ・ジュリアーニ氏、マリオ・マンゾーニ氏とともに登壇。大きな期待がかかる監督1年目のシーズンに挑む。

壇上でスピーチした株式会社NIPPO 常務の吉川芳和氏 Photo: NIPPO Vini-Fantini壇上でスピーチした株式会社NIPPO 常務の吉川芳和氏 Photo: NIPPO Vini-Fantini

 メーンスポンサーを務めるNIPPOからは吉川芳和常務が出席し、プレゼンテーションの序盤に壇上でスピーチを披露。「NIPPOが携わる日本の建設業界の合言葉は『安全第一』、そして『良い仕事』です。NIPPO・ヴィーニファンティーニの選手、スタッフの皆さんも、『健康でけがなく』を第一に、そして『良いレース』をめざし、チームワークを大切に、大いに暴れて果敢にチャレンジをしてください」と選手たちを激励し、チームへの力強いサポートを約束した。

 2015年シーズンに引き続きゼネラルマネジャーを務めるフランチェスコ・ペロージ氏は「チームは2年目を迎え、昨年よりも強力に、日々パワーアップしています。当初よりチームを支えてくれているのは、ファンの皆様と考えており、2016年も透明性を高く、健全なチーム作りに努めていきたいと思います」と抱負を語った。

400人を超えるゲストが集まったチームプレゼンテーションがイタリア・キエーティのマルチーノ劇場で開催された Photo: NIPPO Vini-Fantini400人を超えるゲストが集まったチームプレゼンテーションがイタリア・キエーティのマルチーノ劇場で開催された Photo: NIPPO Vini-Fantini

 そのほか、メーンスポンサーであるファルネーゼヴィーニ社のヴァレンティーノ・ショッティCEO、デローザ社のクリスティアーノ・デローザCEO、イタリア自転車連盟のレナート・ディロッコ会長、イタリア代表チームのダビデ・カッサーニ監督らがスピーチした。

山本元喜がツール・ド・サンルイス出場へ

親善ライドを楽しむ福島晋一監督(右)とジロ・デ・イタリアでのステージ優勝経験をもつステファノ・ジュリアーニ監督 Photo: NIPPO Vini-Fantini親善ライドを楽しむ福島晋一監督(右)とジロ・デ・イタリアでのステージ優勝経験をもつステファノ・ジュリアーニ監督 Photo: NIPPO Vini-Fantini

 チームプレゼンテーションに先駆けて、選手たちはスポンサーらゲストを招いて親善ライドを楽しんだ。ライドの途中では、選手とゲストがペアを組んで戦う6kmのタイムトライアルが行われ、イウリィ・フィロージ(イタリア)とイタリア代表チームのダヴィデ・カッサーニ監督のペアが優勝。笑顔が絶えない素晴らしい雰囲気のなかで交流を深めた。

 チームはイタリア・アブルッツォ州で第2次トレーニングキャンプに臨み、1月18日から2016シーズン初戦となるツール・ド・サンルイス(アルゼンチン、UCI2.1)に参戦する。同大会に日本人選手では山本元喜が出場する。

親善ライドに参加したゲストと選手、スタッフたちで記念撮影 Photo: NIPPO Vini-Fantini親善ライドに参加したゲストと選手、スタッフたちで記念撮影 Photo: NIPPO Vini-Fantini

 窪木一茂はUCIトラック・ワールドカップ第3戦の複合種目「オムニアム」に出場する。世界選手権や8月のリオ五輪の出場枠を獲得するために非常に重要な大会となり、年末年始のオーストラリア遠征で好調さをみせた窪木に大きな期待がかかっている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載