すべての利用者が対象、罰則規定はなし大阪府も自転車保険義務化、2月議会に条例案提出へ 7月施行目指す

  • 一覧

 大阪府は、すべての自転車利用者に自転車損害賠償保険の加入を義務づける条例案を2月府議会に提出することを決めた。7月の施行を目指す。同様の条例は、全国で初めて兵庫県で制定され、昨年10月から施行されている。

 条例案は、利用者の保険加入を義務付け、未成年者の場合は保護者を対象とする。また、努力義務として、販売業者は自転車購入者に対して保険加入を確認、レンタル業者には貸し出し自転車を保険付きにすることなどを求める。罰則規定は盛り込まない。

 府によると、自転車が絡んだ人身事故は全国最多で、自転車利用者が加害者となり、死亡や重篤な後遺障害などで高額賠償を請求されるケースも増えているという。

 府民を対象とした調査では、95%が保険加入の必要性を認識している一方、加入率は40%にとどまっていることから、義務化を決めた。

産経WESTより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載