国府田正司の「もう1つのツール」 stage8本州を“ほとんど”縦断! 歴史の舞台あり、うまいもんありの瀬戸内

  • 一覧

 ※ネットカフェを巡る日本縦断自転車旅行「ツール ド ネットカフェ2012」に挑戦している“コーチャン”こと国府田正司さんによる連載です。
これまでの「国府田正司の『もう1つのツール』」

◇      ◇

 9月12日。今回の行程で最長となる、倉敷市から広島市までの137km。朝から快晴である。湿度は低いが、昼前には30度を超す真夏日となった。

瀬戸内海は、何とも言えない温かみがある。小さく見える鳥居が厳島神社だ瀬戸内海は、何とも言えない温かみがある。小さく見える鳥居が厳島神社だ

 この日もひたすら国道2号線「山陽道」を西へ進む。山陽道は歴史が長く、非常に交通量が多い。大型車がバンバン私を追い抜いていくので、生きた心地がしない。全長15m程もある大型トレーラーが真横を通り過ぎた時、「スターウォーズ エピソード4」の冒頭シーンが頭をよぎった。さしずめ、私は「スターデストロイヤー」に追いかけられる「タンティヴィⅣ」というわけだ――レイヤ姫はダースベイダーに捉えられてしまったが、私は無事走りきらなければいけない。パンクのリスクはあるが道路の端を遠慮がちに走るようにした。

名物、尾道ラーメン。おいしゅうございました!名物、尾道ラーメン。おいしゅうございました!

 自転車乗りならば、誰もが走ってみたいと思う道の一つが、しまなみ海道だろう。しまなみ海道の本州側の発着地点である尾道駅には、自転車を組む専用の場所が用意されている。この日は、お揃いのチームジャージを来たローディー4~5人が、輪行袋から自転車を取り出していた。

 そんな様子を、しげしげと眺めていると、クロスバイクに乗った方から声をかけられた。よく尾道までクルマで来ては、しまなみ海道を往復して帰るという。まったく、羨ましい。

 「絶対に、プライベートでここに来てやる!」

 そう心に誓い、尾道を後にした。まだ先は長い。のんびりしてはいられない。

広島に来たら食べないわけにいきません広島に来たら食べないわけにいきません

 照りつける日差しと、ひたすら続くゆるい上り、そして向かい風。吹き出した汗が天日干しにされ、腕や脚が“塩田”と化す…とにかく、水分と塩分の補給には気をつけるようにした。

 お陰で、1日目(前回参照)のように脚が攣るといったことはなかった。それでもかなり体力を消耗したが、消耗した分は、広島名物のお好み焼きで補給。香ばしい生地に、モチモチの焼きそばが絶妙な組み合わせだ。そして“炭水化物×炭水化物”。最高である。

◇      ◇

 9月13日。広島から徳山までの102km。いよいよ山口県入りである。

原爆ドームの裏側。“痛々しさ”も保存されている原爆ドームの裏側。“痛々しさ”も保存されている

 広島城を眺めた後、平和記念公園へ足を延ばす。生まれて初めての原爆ドームを前にして、「よくこの状態で残ってるなぁ」というのが第1印象。過去3回の保存工事が行われたそうだが、本当によく保存されている。67年前の絶望的な姿が、ほぼそのままなのであろう。いろいろと考えさせられる。

 広島市から南下し、廿日市(はつかいち)へ。かの有名な安芸の宮島、厳島神社がある街だ。大河ドラマ「平清盛」の影響もあってか、フェリー乗り場は観光客で賑わっていた。しかし、例によって時間のない私は、親指の先ほどの鳥居を対岸から望みながら、補給食として購入したもみじ饅頭を味わい、先を急いだ。

 9月14日、今回の最終日。ここまで1日100km以上の道のりを、営業したり、ゲームをしたりしながら走り進んできたが、思ったほど疲労はしていない。過去4回の企画の“トレーニング”成果が出てきたのであろうか。そう考えながら、気分よく、ゴール地点の下関市を目指す。

見るからにヤバイ雲。ゲリラ豪雨の素である見るからにヤバイ雲。ゲリラ豪雨の素である

 下関市に入るころ、雲行きが怪しくなってきた。市街地の方を見ると、見事なまでに暗雲垂れ込めている…と、あと15kmほどの地点で、雨が降り始めた。バッグと靴にレインカバーを取り付け走ること数分。車軸を流すがごとくのゲリラ豪雨に思わずテンションが上がったが、そんな場合ではなくなった。陸上を走っているのに、泳いでいるような感じだ。目、耳、鼻、口、すべてから水が浸入し、苦しい。身の危険を感じたので降りが一段落するまで、雨宿りした。

 時間はとられたが、なんとか完走。これにて、本州を“だいたい”縦断したことになる。夕食に食べた旬の秋刀魚の刺身は、絶品であった。さまざまなトラブルも、海の幸でぜんぶチャラ。今度は、河豚の季節に来たいものである。

地元の方が集う居酒屋「味覚」で食べた秋刀魚の刺身。絶品!地元の方が集う居酒屋「味覚」で食べた秋刀魚の刺身。絶品!

国府田正司国府田正司(こうだ まさし)
2008年よりダイエットのためロードバイクに乗り始め、現在では実業団レースなどへ積極的に出場。オンラインゲーム会社「NC Japan」社員。日本全国のインターネット・カフェを巡る企画を思いつき、単身、自転車旅に出る。好きなゲームは「タワー オブ アイオン」、好きな補給食はアンパン。特技は愛娘と特訓した「スマイルプリキュア!」ダンス。1977年生まれ、栃木県在住。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

国府田正司の「もう1つのツール」

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載