バイクインプレッション2016「SPECIALIZED ALLEZ DSW SL COMP」 ブラッシュアップを重ねたアルミバイクの決定版

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド、スペシャライズドの「ALLEZ」(アレー)はアルミバイクの代表格。もしアルミフレームと中級グレードのコンポーネントの組み合わせで新しいバイクを探しているなら、真っ先にチェックしたいロングセラーモデルだ。モデルチェンジを経て総合力を高めてきたアレーは、S-Works FACTカーボンファイバーフォークを採用し、路面からの振動吸収に優れ、乗り心地の良さと軽快なステアリングを楽しめる。

SPECIALIZED ALLEZ DSW SL COMP(スペシャライズド アレー DSW SL コンプ) Photo: Masami SATOUSPECIALIZED ALLEZ DSW SL COMP(スペシャライズド アレー DSW SL コンプ) Photo: Masami SATOU

SPECIALIZED ALLEZ DSW SL COMP(スペシャライズド アレー DSW SL コンプ)
価格:150,000円(完成車、税込)
サイズ:49.0、52.0、54.0、56.0、58.0、61.0
カラー:Gloss Hyper Green/Rkt Red/Tarmac Black/White/Cyan、Gloss Brushed/Tarmac Black/Red/Charcoal
問い合わせ先:スペシャライズド・ジャパン http://www.specialized.com/ja/ja/home/

スペック

フレーム:Specialized E5 Premium Aluminum
フォーク:Specialized FACT carbon
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:FSA・ゴッサマプロ 50×34T、シマノ・105 11-28T(11s)
ホイール:AXIS 2.0
重量:8.55kg(54サイズ完成車実測値)

非常になめらかなアルミの溶接面。Smartweldテクノロジーを用いて、ヘッドチューブ部分は集中的に材料を使用し強化 Photo: Masami SATOU非常になめらかなアルミの溶接面。Smartweldテクノロジーを用いて、ヘッドチューブ部分は集中的に材料を使用し強化 Photo: Masami SATOU
BB部もヘッドチューブ同様に、Smartweldテクノロジーによって、フレーム全体の素材重量を減らしながらも剛性を高めることに成功 Photo: Masami SATOUBB部もヘッドチューブ同様に、Smartweldテクノロジーによって、フレーム全体の素材重量を減らしながらも剛性を高めることに成功 Photo: Masami SATOU
フレームはすべて手作業で溶接されている。ケーブルルーティングは外装を選択 Photo: Masami SATOUフレームはすべて手作業で溶接されている。ケーブルルーティングは外装を選択 Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 最先端のロードバイクを手がけるイメージが定着したスペシャライズドの、アルミバイク「アレー」。20万円を大きく切る価格は、同クラスの完成車のなかでは攻撃的な安さでしょう。だからといってなんとなく出来上がったものではなく、ブラッシュアップを重ねてきたモデルだから安心感があるね。

松尾 そうですよね。実際に乗ってみても、非常にスムースな乗り味で驚かされました。アルミ素材らしいダイレクトな反応があってきびきび走り、それと両立して振動吸収性が決して悪くなく、路面からの細かい振動の“角”が取れたように感じました。過剛性ではなく、脚への反発が少ないので、疲れやすいことはないでしょう。振りの軽さも手伝ってよく進みます。

米山 うん。とくに乗り心地の良さが印象的だった。上位モデルに比べたら重量は少しあるけれど、踏み味は軽快。走りは安定していて、ゆっくり走るのも、攻めて走るのもどちらもいけそう。

松尾 ハンドリングやダンシング時の振りの調子がいいなぁと思ったら、フォークは前モデルのSワークスと同じものが使われていると聞いて納得しました。この完成車価格でコラムまでカーボンなうえに、前モデルとはいえ、トップモデルだったバイクのフォークが付いているのはコストパフォーマンスが高いですね。

米山 すごいよね。正直、これよりもちょっと高いカーボンフレームに下手に手を出さずに、本格的に走りたい高校生とかには、コレでいけるからとオススメしたい。よく走るし、コンフォート性能もアルミの中では優秀。完成度は高いよ。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 最初の1台にはかなりオススメできますね! ただ、車体のこの色は好みが分かれます。あと、ブレーキの剛性が気になったので、この部分は後ほど交換をしたいと思いました。

米山 色は、シルバー系のもあるよ。ブレーキはちょっと見慣れないモノが付いているけど、割とよく効いてくれると思う。後々、お金をかけるとしたらホイール。替えればかなり重量的にも軽くなるはずなので、走り方に合わせた相性の良いホイールを用意するといい。

松尾 そうですね。重心は若干高めに感じましたが、フラフラ感も扱いにくさもなかったので誰でも乗りこなせるバイクだと思います。レース、ロングライド、どんな使い方にもマッチするでしょう。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

10~15万円のロードバイクスペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイク

10~15万円 スペシャライズド バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載