前年体制をほぼ継承ブリヂストンアンカーが2016年体制発表 ロードは若手スプリンターの鈴木龍が移籍加入

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルがサポートする「ブリヂストンアンカー サイクリングチーム」が2016年のチーム体制を発表した。UCI(世界自転車競技連合)コンチネンタルチームとなるロードチームは選手9人、マウンテンバイクチームは選手2人体制で、国内外のレースに挑む。

2015年体制を継承 スプリントを強化

那須ブラーゼンから移籍加入する鈴木龍那須ブラーゼンから移籍加入する鈴木龍

 ロードチームは昨年限りで寺崎武郎が現役を退き、代わって那須ブラーゼンより鈴木龍(23)が加入した。ほかの8選手は継続となり、2015年アジア選手権銅メダルの内間康平(27)をはじめ、昨シーズンの体制をほぼ継承する陣容となる。アジア、欧州のUCIレース及び国内UCIレースを中心に活動し、勝利を目指す。

 スプリンターの鈴木は、昨シーズンはプロ1年目ながらJプロツアーで2度表彰台に立ち、全日本選手権ロードレースでも5位に入る活躍をみせた。チームが苦手としていたスプリント力を強化することが期待される。

ロードチームで継続となる(左から)内間康平、井上和郎、西薗良太、初山翔ロードチームで継続となる(左から)内間康平、井上和郎、西薗良太、初山翔
ロードチームで継続となる(左から)ダミアン・モニエ、トマ・ルバ、椿大志、一丸尚伍ロードチームで継続となる(左から)ダミアン・モニエ、トマ・ルバ、椿大志、一丸尚伍

ブリヂストンアンカー ロードチーム2016年体制

内間 康平(うちま こうへい/27)
井上 和郎(いのうえ かずお/35)
西薗 良太(にしぞの りょうた/28)
初山 翔(はつやま しょう/27)
ダミアン・モニエ(フランス、32)
トマ・ルバ(フランス、29)
椿 大志(つばき ひろし/24)
一丸 尚伍(いちまる しょうご/23)
鈴木 龍(すずき りゅう/23)★新加入

監督:水谷 壮宏(みずたに たけひろ/42)
メカニック:中山 直紀(なかやま なおき)
マッサージャー:安見 正行(あみ まさゆき)

ブリヂストンアンカーは近年、中堅世代が成長を遂げた。内間康平(中央)は2015年、アジア選手権で銅メダルを獲得したほか、ツアー・オブ・タイランドでステージ優勝を挙げて総合優勝争いを繰り広げるなど活躍した(写真は2015年4月のツアー・オブ・タイランド) Photo: Peloton Images Asiaブリヂストンアンカーは近年、中堅世代が成長を遂げた。内間康平(中央)は2015年、アジア選手権で銅メダルを獲得したほか、ツアー・オブ・タイランドでステージ優勝を挙げて総合優勝争いを繰り広げるなど活躍した(写真は2015年4月のツアー・オブ・タイランド) Photo: Peloton Images Asia

リオ五輪出場を目指すMTBチーム

MTBチームの平野星矢(左)、沢田時MTBチームの平野星矢(左)、沢田時

 マウンテンバイク(MTB)チームは、昨年までチームを牽引してきた斉藤亮が現役を引退。平野星矢、沢田時が継続となる。シーズン前半はリオ五輪出場枠獲得のため、国内外のUCIポイント獲得と、全日本選手権のタイトル獲得を目指す。

 平野は昨シーズン、国内シリーズの「クップ ドュ ジャポン」の年間チャンピオンを獲得。男子U23(23歳未満)カテゴリー4年目の沢田は、U23の全日本を3連覇中で、今年の全日本は同カテゴリー4連覇(ジュニア時代からの通算で6連覇)がかかる。

ブリヂストンアンカー MTBチーム2016年体制

平野 星矢(ひらの せいや/28)
沢田 時(さわだ とき/21)

監督兼メカニック:小林 輝紀(こばやし てるき/47)
マッサージャー:渡辺 城作(わたなべ じょうさく/49)

上田藍やエカーズにバイクを供給

 このほか、北京・ロンドン五輪に出場したトライアスロンのトップ選手、上田藍や、デュアスロンの深浦祐哉、また日本代表チームのロードヘッドコーチを務める浅田顕氏が率いるロードレースの次世代選手発掘、強化を目的としたチーム「エカーズ」へバイクを供給する。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

JPT2016・チーム Jプロツアー2016 チームブリヂストン ブリヂストンサイクル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載