アルゴス・シマノがツアー・オブ・北京に不参加 尖閣問題が影響

  • 一覧
アルゴス・シマノチーム。左から2番目が土井雪広アルゴス・シマノチーム。左から2番目が土井雪広

 土井雪広が所属するアルゴス・シマノが、中国で開催されるワールドツアー最終戦「ツアー・オブ・北京」(10月9日~13日)の出場を取りやめることが分かった。大会主催者が26日に声明を出し、アルゴス・シマノチームとレース不参加の可能性について話し合った結果、現在の情勢を考えてレースからの撤退を受け入れてもらったことを明らかにした。

 同レースに土井は出場を予定していなかったが、チームは世界的自転車パーツメーカーである日本企業「シマノ」のスポンサードを受けており、尖閣問題に端を発した中国国内の反日暴動が、レース開催に悪影響を及ぼすことを懸念したとみられる。

 中国では9月中旬にも、ツアー・オブ・チャイナ2に出場中の愛三工業レーシングチームが、大会主催者の緊急の要請を受けて、レースを途中キャンセルしている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載