全日本王者の窪木一茂には専用デザインNIPPO・ヴィーニファンティーニに新チームバイク デローザ「プロトス」2016年モデル

  • 一覧

 プロロードレースチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ」は、2016年シーズンのチームバイクとなるデローザ「プロトス」のチームエディションのデザインを公表した。また、今季に移籍加入したロードレース全日本チャンピオンの窪木一茂には、日本ナショナルカラーのバイクが供給される。

NIPPO・ヴィーニファンティーニに供給されるデローザ「プロトス」2016チームエディション(レースバイクはスーパーレコードEPS 2016モデル搭載) Photo: NIPPO Vini FantiniNIPPO・ヴィーニファンティーニに供給されるデローザ「プロトス」2016チームエディション(レースバイクはスーパーレコードEPS 2016モデル搭載) Photo: NIPPO Vini Fantini

“窪木モデル”はCEOがデザイン

 NIPPOのチームエディションのカラーリングは、鮮やかな蛍光オレンジに、デローザ創始者のウーゴ・デローザ氏がもっとも好むというネイビーブルーとホワイトがアクセントとして入っている。見る角度によって印象が変わるアンシンメトリー(非対称)のカラーリングは2015シーズンを踏襲するが、2016年には新たに光沢のある塗装が採用された。

 数名の選手には、より理想的なポジションを実現させるため、ジオメトリーがフルオーダー仕様のフレームが供給される。また窪木のために用意された日本ナショナルカラーのバイクは、デローザ社のクリスチャーノデローザCEOが自らデザインを手がけた。

窪木一茂に供給される全日本チャンピオン仕様のデローザ「プロトス」 Photo: NIPPO Vini Fantini窪木一茂に供給される全日本チャンピオン仕様のデローザ「プロトス」 Photo: NIPPO Vini Fantini

 NIPPO・ヴィーニファンティーニはイタリア籍のUCI(国際自転車競技連合)プロコンチネンタルチーム。その前身は日本を中心に活動してきた「チームNIPPO」で、現在もメーンスポンサーは日本の道路建設会社「NIPPO」が務めている。

 プロトスはデローザのフラッグシップモデル。2012年のデビュー時には大きな話題を呼び、今年は5シーズン目に突入する。2016年モデルはカンパニョーロ社の電動コンポーネント「スーパーレコード EPS」の最新モデルに対応している。

デローザ「プロトス」チームエディションのディテール Photo: NIPPO Vini Fantiniデローザ「プロトス」チームエディションのディテール Photo: NIPPO Vini Fantini
窪木一茂が駆る全日本チャンピオン仕様の「プロトス」のディティール Photo: NIPPO Vini Fantini窪木一茂が駆る全日本チャンピオン仕様の「プロトス」のディティール Photo: NIPPO Vini Fantini

 NIPPO・ヴィーニファンティーニでは今季のチームバイクについて、「老舗イタリアンブランドのデローザらしい気品を漂わせながら、闘志を秘めた一台に仕上がった。プロトスはこれまでに多くの勝利に貢献してきた。世界のトップレースに挑戦するチームにとって、2016シーズンも力強いパートナーになると確信している」とコメントしている。

NIPPO・ヴィーニファンティーニが使用するパーツとアクセサリー
●メーンコンポーネント:カンパニョーロ スーパーレコード EPS
●ホイール:カンパニョーロ
●サドル:セライタリア
●タイヤ:IRCタイヤ(チューブレス&チューブラー)
●ペダル:タイム
●ハンドル、ステム、シートピラー:FSA
●ボトル、ボトルケージ:エリート
●パワーメーター:パワー2マックス
●シューズ、ヘルメット:ヴィットリア

「最良のバイクを供給」 クリスチャーノ・デローザCEOコメント

 「NIPPO・ヴィーニファンティーニとはとても良い関係にあり、チームからたくさんのフィードバックを得て、デローザの技術は日々、より良いものへと改良されてきた。選手たちはプロトスのことを熟知し、とても気に入ってくれている。もちろん新しく発表されたモデル『SK by ピニンファリーナ』のシーズン途中からの実戦投入も視野に入れている。2015シーズンは、プロコンチネンタルチームへと昇格し、初めてジロ・デ・イタリアへ参戦し、とても感慨深いシーズンとなった。2016シーズンも、最良のバイクをチームに供給し、世界の第一線でともに戦っていきたい」

◇         ◇

 NIPPO・ヴィーニファンティーニは12月20日に第1次トレーニングキャンプを終え、1月7日から第2次トレーニングキャンプに臨む。また9日にはイタリア・アブルッツォ州でチームプレゼンテーションを開催する。

 シーズン初戦は1月18~24日のツール・ド・サンルイス(UCIアメリカツアー2.1)で、日本人選手では山本元喜が出場予定。また1月31日のカデル・エヴァンス・グレートオーシャンロードレース(UCIオセアニアツアー1.HC)、2月3〜7日のヘラルド・サンツアー(UCIオセアニアツアー2.1)への出場も決定し、福島晋一監督のもと、日本人選手数名が参戦を予定している。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載