メーンバイクは「ガノー」へチームUKYOが2016年シーズンの体制を発表 プラデス、中井兄弟らが新たに加入

  • 一覧

 元F1レーサーの片山右京氏が率いるチームUKYOが2016年シーズンの体制を発表した。2015年Jプロツアーで個人総合優勝を果たした畑中勇介をはじめ、6人が継続して在籍するほか、マトリックスパワータグで活躍したベンジャミ・プラデスや、U23全日本選手権を制した中井路雅ら5人が新たに加入する。

契約を更新した6人(左より)平井栄一、オスカル・プジョル、畑中勇介、サルバドール・グアルディオラ、住吉宏太、山本隼契約を更新した6人(左より)平井栄一、オスカル・プジョル、畑中勇介、サルバドール・グアルディオラ、住吉宏太、山本隼
2015年シーズンにJプロツアー年間個人総合優勝を果たした畑中勇介2015年シーズンにJプロツアー年間個人総合優勝を果たした畑中勇介

 チーム発足から5シーズン目を迎える2016年は、Jプロツアーのレースに加え、海外のレースにも積極的に参加する。5月までにUCI(国際自転車競技連合)アジアツアーの6つのステージレースへ参戦を予定し、ヨーロッパ遠征も計画。チームオーナーの片山氏は「2015年は国内で24戦13勝という成績を収めることができた。今シーズンは海外レースにも参加し、チーム一丸となって頑張りたい」と述べている。

全日本選手権U23男子を制した中井路雅が新たに加入 Photo:Shusaku MATSUO全日本選手権U23男子を制した中井路雅が新たに加入 Photo:Shusaku MATSUO
ツール・ド・熊野の第2ステージで優勝し、ツアーの総合優勝を果たしたベンジャミ・プラデスがマトリックスパワータグから移籍した Photo:Shusaku MATSUOツール・ド・熊野の第2ステージで優勝し、ツアーの総合優勝を果たしたベンジャミ・プラデスがマトリックスパワータグから移籍した Photo:Shusaku MATSUO

 使用機材はメーンバイクがガノーの「GENNIX R1」となり、ホイールやハンドルなどは3Tのパーツを使用する。チームは1月中旬から1カ月間の沖縄合宿を控え、2月14日にチーム体制発表会を行う予定だ。

■2016年 チームUKYO選手体制
<継続選手>
畑中勇介
サルバドール・グアルディオラ
オスカル・プジョル
平井栄一
住吉宏太
山本隼
 
<新規加入選手>
アラケ・ロドリゴ
アベラストゥリ・ジョン(エウスカディより移籍)
ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグより移籍)
中井路雅(京都産業大学所属)
中井唯晶(京都産業大学所属)
 
<退団選手>
窪木一茂(NIPPO・ヴィーニファンティーニへ移籍)
土井雪広(マトリックスパワータグへ移籍)
パブロ・ウルタスン(引退)
湊諒(シマノレーシングへ移籍)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

JPT2016・チーム Jプロツアー2016 チームUKYO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載