熊谷賢輔の「世界をつなぐ道」<6>憧れのユーコン川で痛感した自然の厳しさ カヌーに自転車を積んで川下り<前編>

  • 一覧

 自転車世界一周の旅を始めて以来のビッグイベントが到来した。カナダで「偉大なる川」という意味をもつユーコン川を、カヌーを使って下るのだ。スタート地点のホワイトホースからゴール地点のカーマックスまで、約320kmを8日間かけてカヌーで移動する。とはいえ、僕のカヌーの経験は、北海道の支笏湖(しこつこ)を友人のカヌーで15分くらいパドリングした程度。初心者レベルの腕前で、どこまでチャレンジできるだろうか?

Photo: Kensuke KUMAGAIPhoto: Kensuke KUMAGAI

夢に描いたユーコン川での「自転車+カヌー」旅

 僕が自転車世界一周を始めたきっかけの一つに、自転車旅行作家の石田ゆうすけさんのエッセイ「行かずに死ねるか」(幻冬舎刊)がある。その中で、ユーコン川を下るエピソードがあり、旅を始めたら僕も必ず挑戦しようと誓っていた。

 しかし、石田さんと同じように川を下るのでは面白くない。そこで思いついたのが、カヌーに自転車を積んで下ることだった。

今回はアップノースアドベンチャーという地元のツアー会社に申し込んだ。料金はレンタル代+地図(リバーマップ)などで約300ドル Photo: Kensuke KUMAGAI今回はアップノースアドベンチャーという地元のツアー会社に申し込んだ。料金はレンタル代+地図(リバーマップ)などで約300ドル Photo: Kensuke KUMAGAI

 「途中に自転車で走れる道とかあったら楽しいだろうな〜。ゴールのカーマックスからホワイトホースまで戻る道のりは約200km。それなら自転車で戻れる。これはイケる!!」

 頭の中で最高のプランが立案された。とはいえ、カヌーの腕前には少し不安があった。

 カヌーを借りるために地元のツアー会社を訪ね、自転車を積んでも大丈夫かと尋ねたところ、体格の良いスタッフが「全然大丈夫だよ! むしろユーコン川ではアドベンチャー精神が大事だ! スタンドアップパドル(SUP)でユーコン川を渡るヤツだっているしね。ガッハッハ」と快活に答えた。

 その言葉を聞いて、俄然ヤル気が出てきた。高いモチベーションをキープしたまま、さっそく街へ買い出しに出た。

持ち物は食糧とビールと冒険心

 今回の旅は途中で食料を補給することができない。8日間の行程なので10日分の食料が必要だと考えた。保存が利く玉ねぎ、ニンジン、じゃがいもなどの野菜と、簡単に料理できる即席麺、菓子類などを買い込んだ。

 料理に使うガスカートリッジと、せっかくだからビールも買おう。カヌーにゆらゆら揺られながら、プシュッと缶ビールを空けて飲むのも良い。自転車ほど重量を気にせず荷物を積めるのもカヌーの魅力だ。

8日間の行程だが、10日間の食料を購入 Photo: Kensuke KUMAGAI8日間の行程だが、10日間の食料を購入 Photo: Kensuke KUMAGAI
カナダに来ているのだからチェリーでビタミン補給 Photo: Kensuke KUMAGAIカナダに来ているのだからチェリーでビタミン補給 Photo: Kensuke KUMAGAI
カナダ人が好きなコカニービール。きめ細かい泡が飲みやすい Photo: Kensuke KUMAGAIカナダ人が好きなコカニービール。きめ細かい泡が飲みやすい Photo: Kensuke KUMAGAI
購入した防水バッグに、10日間の食料を積める。パンパンである Photo: Kensuke KUMAGAI購入した防水バッグに10日間の食料を積める。パンパンである Photo: Kensuke KUMAGAI

 水のトラブルに備えて、新しく防水バッグも購入した。水に濡れて食料が台なしなっては一大事。

 事前の下調べはほとんどせず、経験を頼りに準備をした。それでハプニングが起こっても、むしろその対応が楽しかったりするのだから、僕は相当な“ドM”なのだろう。

今回はこのカヌーをレンタル。1人で使うには大きすぎるかな… Photo: Kensuke KUMAGAI今回はこのカヌーをレンタル。1人で使うには大きすぎるかな… Photo: Kensuke KUMAGAI
と思ったが、自転車や荷物を乗っけてしまえば僕のスペースは猫の額ほど。岸まで持ってきてくれたお姉ちゃんスタッフも苦笑い Photo: Kensuke KUMAGAIと思ったが、自転車や荷物を乗っけてしまえば僕のスペースは猫の額ほど。岸まで持ってきてくれたお姉ちゃんスタッフも苦笑い Photo: Kensuke KUMAGAI

“優しすぎ”た初日のユーコン川

 出発時の荷物は相当な量である。普段の旅では、自転車と荷物の総重量は約50kg。それに加えてビールや水、大量の食料などを積み込んだので、100kgはあっただろう。それら一式をカヌーに載せて、いざ出陣!

最高のコンディションでスタートを切ることができた Photo: Kensuke KUMAGAI最高のコンディションでスタートを切ることができた Photo: Kensuke KUMAGAI

 カヌーはスムーズに岸を離れ、ユーコン川に滑り出た。川の流れは緩やかに見えるが、実際は速く、スピードが出ているのでパドルを漕ぐ必要はない。“カヌー素人”の僕はそう思った。

カヌーは沈むことなく順調にユーコン川を下っていく Photo: Kensuke KUMAGAIカヌーは沈むことなく順調にユーコン川を下っていく Photo: Kensuke KUMAGAI

 「余裕じゃないか! これならビールを飲みながら、雄大なユーコン川を堪能出来るぞ!」

 水のように飲みやすいビールをゴクゴク飲みながら、仰向けになり空を見上げる。ときどき他のカヌーイスト達が僕の横を、必死にパドルを漕ぎながら通り抜けていく。何をそんなに急ぐのだろう。ユーコン川は優しく背中を押してくれているではないか。

 身体を起こすと、遠ざかったカヌーイスト達を眺めながら2本目のビールを空けた。初日は予定通りの距離を進んで、キャンプサイトで野宿。テントを設営して、さらに何本もビールを空けた。快適なカヌーの旅に思えたが、しかしそれはあまかった。初日のユーコン川はあまりにも“優しすぎた”のだ。

透明度が高いユーコン川。泳いでいる魚を見ながらリラックス Photo: Kensuke KUMAGAI透明度が高いユーコン川。泳いでいる魚を見ながらリラックス Photo: Kensuke KUMAGAI
初日は30km弱で終わり。あまり必死に漕いでいては楽しめない Photo: Kensuke KUMAGAI初日は30km弱で終わり。あまり必死に漕いでいては楽しめない Photo: Kensuke KUMAGAI

行く手を遮る壁「レイク・ラバージ」

これが化け物「レイク・ラバージ」。景色はキレイなんだが… Photo: Kensuke KUMAGAIこれが化け物「レイク・ラバージ」。景色はキレイなんだが… Photo: Kensuke KUMAGAI

 2日目に状況は一変した。出発して1時間ほどダラダラとパドルを漕いでいると、徐々に視界が開けていき、目の前に海のような湖が出現した。南北に約50km、東西は最長で約5kmある「レイク・ラバージ」という“化け物”だ。

 つい先程までは川の流れだけでカヌーは進んでいたが、レイク・ラバージに入ってからはその流れが全くない。湖なのだから当たり前だ。湖の真ん中にいる僕にとって、両側に見える山々ははるか遠くに感じた。

まったく景色が変わらないので、進んでいるのか不安になる Photo: Kensuke KUMAGAIまったく景色が変わらないので、進んでいるのか不安になる Photo: Kensuke KUMAGAI

 ツアー会社からもらった地図(リバーマップ)にはこの湖の存在が記載されていたが、経験の浅い僕は、前日のようにスピードある川の流れがずっと続くと思い込んでいた。

 「うそでしょ? 余裕こいてビールを飲んでいる場合ではないやん!」

 体勢を立て直し、必死にパドルを漕ぐ。1時間、2時間、3時間─遠くに見える山を見ても数時間前と変わらない風景がある。前方からは強風が押し寄せ、湖なのに白波が立っている。

 「全然進んでない!? こんなに必死に漕いでいるのに…クソーーーーッ!!」

パドルを漕ぎ続けてマメができる。1人力ではかなりしんどい Photo: Kensuke KUMAGAIパドルを漕ぎ続けてマメができる。1人力ではかなりしんどい Photo: Kensuke KUMAGAI

 怒りにも似た叫び声を、誰もいない巨大な湖面であげた。2日目の旅は10時間ほどカヌーを漕いで、進んだ距離はたったの25km。手には真っ赤なマメができていた。

 320kmを8日間で漕ぎ抜けなければならないにも関わらず、初日と2日目の合計で60kmも進んでいなかった。残り5日で260kmとすると、1日50km強の距離を漕がなければならない。先が思いやられた。

キャンプサイトといっても整備が不十分な場所もある。ここもその1つ Photo: Kensuke KUMAGAIキャンプサイトといっても整備が不十分な場所もある。ここもその1つ Photo: Kensuke KUMAGAI
ランチは即席ラーメン。野菜を入れれば栄養も取れる Photo: Kensuke KUMAGAIランチは即席ラーメン。野菜を入れれば栄養も取れる Photo: Kensuke KUMAGAI

容赦ない自然との真っ向勝負

次第に暗雲がたちこめてきた Photo: Kensuke KUMAGAI次第に暗雲がたちこめてきた Photo: Kensuke KUMAGAI

 3日目はさらに厳しさを増した。

 午前中は前日と同じ状況が続き、それでも休まずにパドリングをして少しでも距離を稼いだ。しかし、午後からは白波、逆風に加えて雨が降り始めた。しかも豪雨。波はさらに高くなり、カヌーを押し戻そうとしてくる。風は容赦なく顔面に雨粒をぶつけ、僕の視界を遮った。

 それでも必死に漕ぎ続けること5時間。ようやくレイク・ラバージの出口に到着。波が落ち着き、風が止んでいくのが分かった。パドルを置いて後ろを振り返り、空を見上げると、いつの間にか豪雨は小雨に変わっていた。

雨に打たれ始める。この後、豪雨で撮影が出来ない状況になった Photo: Kensuke KUMAGAI雨に打たれ始める。この後、豪雨で撮影が出来ない状況になった Photo: Kensuke KUMAGAI

 「うぅおぉっしゃーーーーーっ!!!!」

 拳を振り上げ、空に向かって大声を上げた。旅を始めてから叫ぶことが増えたのは、感情を激しく揺さぶられることが多いからだ。このときは自転車旅を始めて以来、1番大きな声をあげた。

 とりあえず、レイク・ラバージの出口に近いキャンプサイトで休むことにした。カヌーを岸に上げて、荷物を降ろす準備を始める。

 すると、奥の林から男性2人組が突如現れた。訝しがる僕を見ながら、2人のうちの1人、眼鏡をかけた男性が話しかけてきた。

 「ハ…ハロー?」

(後編に続く)

熊谷 賢輔(くまがい・けんすけ)熊谷 賢輔(くまがい・けんすけ)

1984年、横浜生まれ。法政大学文学部英文学科を卒業後、東京3年+札幌3年間=6年間の商社勤務を経て、「自転車で世界一周」を成し遂げるために退社。世界へ行く前に、まずは日本全国にいる仲間達に会うべく「自転車日本一周」をやり遂げる。現在はフリーライターの仕事をする傍ら、3年をかけて自転車世界一周中。
オフィシャルサイト「るてん」 http://ru-te-n.com/

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

熊谷賢輔の「世界をつなぐ道」

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載