バイクインプレッション2015「SPECIALIZED S-Works Venge ViAS Di2」 独創性と高い開発力が融合したエアロロード

  • 一覧

 高い開発力と優れたアイデアで時代をリードするアメリカのバイクブランド、スペシャライズド。フレームだけでなくホイールやハンドル、ステムなどのパーツを含めたバイクのほぼ全体を自社で総合プロデュースでき、その結晶とも言えるのが、今回試乗した「S-ワークス ヴェンジ ヴァイアス」だ。自社内の風洞実験施設でテストを重ね、従来のヴェンジよりさらに空力性能を向上させたエアロロードの極みは、世界最速のバイクと謳う自信作だ。

SPECIALIZED S-Works Venge ViAS Di2(スペシャライズド S-ワークス ヴェンジ ヴァイアス Di2) Photo: Masami SATOUSPECIALIZED S-Works Venge ViAS Di2(スペシャライズド S-ワークス ヴェンジ ヴァイアス Di2) Photo: Masami SATOU

SPECIALIZED S-Works Venge ViAS Di2(スペシャライズド S-ワークス ヴェンジ ヴァイアス Di2)
価格:1,340,000円(完成車、税込)
サイズ:49.0、52.0、54.0、56.0、58.0、61.0
カラー:Satin Project Black、Satin Carbon/Rkt Red/Lt Blue/White
問い合わせ先:スペシャライズド・ジャパン http://www.specialized.com/ja/ja/home

スペック

フレーム:FACT 11r carbon, Rider-First Engineered™
フォーク:FACT carbon, full monocoque
変速機:シマノ・デュラエースDi2(F)&(R)
ギヤ:S-ワークス FACTカーボン 52×36T、シマノ・デュラエース 11-28T(11s)
ホイール:ローバル・CLX 64 チューブレスレディ
重量:7.65kg(54サイズ完成車実測値)

空気抵抗を削減した、フレームに隠れるような一体型ブレーキ。従来のヴェンジを上回る空力性能を実現した Photo: Masami SATOU空気抵抗を削減した、フレームに隠れるような一体型ブレーキ。従来のヴェンジを上回る空力性能を実現した Photo: Masami SATOU
フォーク裏に隠れているフロントブレーキと、前輪に覆いかぶさるようにボリュームを持たせたダウンチューブデザインが特徴的だ Photo: Masami SATOUフォーク裏に隠れているフロントブレーキと、前輪に覆いかぶさるようにボリュームを持たせたダウンチューブデザインが特徴的だ Photo: Masami SATOU
ステムのライズは空力性能としてはメリットがないため、ステムを水平にするとともに、ライザーハンドルの「S-Works Aerofly ViAS」を設計 Photo: Masami SATOUステムのライズは空力性能としてはメリットがないため、ステムを水平にするとともに、ライザーハンドルの「S-Works Aerofly ViAS」を設計 Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 自社内に風洞実験施設を用意して、膨大な開発を経て製作された「ヴェンジ ヴァイアス」。空力性能を向上させたフレームとフォーク、それに合わせて開発されたパーツ類が独創的で興味深い。

松尾 従来のヴェンジはリズムが合わずに、ボクにはあまりフィットしない印象で、ターマックのほうが好きと言い続けてきたんですが、この新作は良かったです! 外観からは想像できないほど、個人的には走りやすくなったと思います。ボリューミーなダウンチューブも、乗ってみたら違和感が無く、空気の抜けの良さを体感できました。

米山 このボリュームだと、硬いんだろうなと想像していたけれど、試乗してみると、硬いがガチガチという感じではなく、程よいダイレクトな踏み心地だと思った。

松尾 ええ。剛性は高く、「踏みすぎたら脚にきそう…」と思いきや、横剛性と縦剛性のバランスが整って気持ちのよりリズムで踏めました。距離が100kmを越える場合はわかりませんが、中距離程度であれば疲れなさそうです。

米山 スピードが上がると頼もしさがあるし、平坦だけでなくある程度の上りも気持ちよく走る。でも気持ちよく脚も削れていくので、ちゃんと乗りこなすには相応の体力が必要だと思う。

松尾 加速がすごくいいですよね。また高速巡航時の“もがき“での安定性はピカイチでした。低速でもクイックながらスムーズだったので、どの速度域でも安定していると思います。特にリア三角の剛性が高いですね。その分、よりキビキビと走り、反応の良さが向上しています。

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 ブレーキは前後共に、かつてない変わった形のVブレーキタイプ。それなりに重量はありそうだけれど、空力パーツも兼ねたごついボディが幸いしてか、ブレーキフィーリングは良好だ。

松尾 そうですね。アーチが長く、面積が広いせいか剛性が高く、今までエアロ系のバイクに装着されていたどのVブレーキよりもコントロール性能が高かったです。ストッピングパワーも充分なので、不安に感じることはないでしょう。

米山 うん。それにエアロのハンドルバーはなかなか好印象だったよね。

松尾 はい。ステムとハンドルの硬さがフレームとマッチして、上半身のパワーロスを感じさせずにしっかりとバイクを進めることができました。ただ、上ハンドルポジションでは手が大きくなければ滑りそうかなと。

米山 トータルで設計しているので、特異なブレーキも、ハンドル周りも完成度は高いと思う。低速では縦振動が多少気になるけど、そうやって走るものではないよね。高速時では頼もしさだけ。速く走るためのバイクだね。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクスペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイクスペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイク|50万円以上

50万円~ カーボン スペシャライズド バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載