ホビーレースだけれど優勝賞金10万円!日本CSCを舞台に「TCFエンデューロ」開催 ハードな特設コースを165人が満喫

  • 一覧

 静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンター(CSC)の特設コースを舞台にした耐久レースイベント「第6回TCFエンデューロ」が12月6日に開催された。5時間の部と3時間の部が設けられ、合わせて97チーム、中学生から60代までの165人が参加し、思い思いのペースで冬のレースを楽しんだ。

日本サイクルスポーツセンターで開催された「第6回TCFエンデューロ」に195人が参加した日本サイクルスポーツセンターで開催された「第6回TCFエンデューロ」に195人が参加した
チームで優勝を狙ったりソロで参加したりと楽しみ方はさまざまチームで優勝を狙ったりソロで参加したりと楽しみ方はさまざま

 大会は東京都自転車競技連盟(TCF)が主催。コースは、アップダウンが続くことで知られる“健脚向け”の「CSC5kmコース」に、脚を休められる区間として比較的平坦な1kmコースをつなげた特設レイアウトだ。

 5時間の部の総合優勝チームに10万円、準優勝には5万円の賞金が用意された。戦略を練って優勝を狙うチームもあれば、本格的なロードレースとは違って周回遅れを気にせずマイペースで走れる機会をじっくり味わうソロの参加者もいて、さまざまな楽しみ方ができる大会だ。

富士山を望む日本CSCのコース富士山を望む日本CSCのコース

 5時間の部は終盤、総合優勝の行方が5つの5人組チームに委ねられた。26周を走り、独走で総合優勝10万円を勝ち取ったのは、駒沢・慶応・立教大生の混合チーム「劇場版 駒沢大学2」。今年5月に開催されたアマチュアの本格ステージレース「2days race in 木祖村」に続いての参加だという。「混合で出られそうな大会に、声をかけあって出ています!」というこのチームは、ピットにいる後輩たちの声援を受けながら和気藹々と楽しそうに走り続けた。

 また、3時間の部は13周を記録した2人組の「チームヤマシゲ」が総合優勝した。

 入賞できなかった人も含め全員が対象となるさまざまな特別賞が設定され、例年の「スポーツマンシップ賞」「素敵で賞」などのほか、今年はピットライフを「楽しんだで賞」も新設。「きょう、シューズカバーを1足仕上げようと思って」と編み物をしながら応援していた家族をたたえ、5時間ソロの部に出場した奈良浩さんが受賞した。

5時間の部で優勝した駒沢・慶応・立教大生の混合チーム「劇場版 駒沢大学2」5時間の部で優勝した駒沢・慶応・立教大生の混合チーム「劇場版 駒沢大学2」
「楽しんだで賞」を受賞した、奈良浩さんの家族「楽しんだで賞」を受賞した、奈良浩さんの家族
参加者を間近で応援できる「応援VIPカー」参加者を間近で応援できる「応援VIPカー」

 東京都自転車競技連盟が主催する耐久レースならではの観戦者サービスとして好評なのが「応援VIPカー」。コミッセールカーの経験が豊富なドライバーが運転する車に乗って、お目当ての選手の間近でコースを1周し、レースの臨場感が楽しめる。この日も先着順で希望者が交代で乗車し、選手の横や後方から応援や撮影を楽しんでいた。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載