title banner

栗村修の“輪”生相談<64>30代男性「レースの賞金はどのように出され、選手たちに渡っているのでしょうか?」

  • 一覧

 
下世話な話になってしまうのですが、レースの賞金はどのように出ているのでしょうか? 本当のところ賞金はどのように出され、どのように選手たちに渡っているのでしょうか? 教えてください。

(30代男性)

 賞金を含め、収入面が気になる方は多いようですね。僕もよく質問を受けます。「1億円くらいもらえるんですか?」とか。競輪のイメージがあるのかもしれません。

 収入面でスポーツを大きく分類すると、チームとの契約金の占める割合が大きいものと、大会での賞金の占める割合が大きいものとに分かれます。ロードレースは前者です。一般的にチームとの契約金の割合が大きい競技なんです。

 じゃあ全体の収入のうち賞金はどれくらい貰っているかというと、なんといっても契約金に大変な違いがありますし、活躍できるチームとそうでないチームでは状況がまったく異なるのでざっくりしたお答えになってしまうのですが、中堅のアシストクラスの選手であれば収入の4分の1程度が賞金じゃないかと推測しています。ただ、これは海外の大きなチームの場合です。アジアツアーを走っているコンチネンタルチームだと、契約金がほとんどなく、メーン収入が賞金というところもあるようです。

 そういうところは除き、チームからちゃんと契約金が支払われているある程度大きなチームという前提で話を進めますね。

 レースは、4つのクラスごと(2クラス、1クラス、オークラス、ワールドツアー)に最低賞金額が決まっています。あくまで「最低」なので、そこにさらにお金を積むのはOKです。賞金が多いほうが、チームを集めやすいですからね。

 なお、賞金の出所は、あくまで各レース主催者であり、UCI(国際自転車競技連合)ではありません。これが賞金の出かたです。

 じゃあレースで獲得した賞金をチーム内でどう分配するかというと、規定は特にありません。しかし、チームと選手が交わす契約書にはチームごとの賞金の扱いが書かれている場合がほとんどです。実はこれがけっこうややこしいんですよ。

 各選手が獲得した賞金は、大会終了後にチーム単位でまとめて主催者からチームに対して支払われます。だから、それを各選手へ分配しなきゃならないんですが、さてどうするか。たとえばクリス・フルームがツールを勝つと、主催者のASOはチーム スカイの口座へフルームが獲得した賞金を振り込んでいるはずです。

ツール・ド・フランス2015の最終ステージ、チーム スカイは個人総合優勝のクリストファー・フルームを中心に、チーム全員横一列でゴール。チームの勝利を強調した Photo: Yuzuru SUNADAツール・ド・フランス2015の最終ステージ、チーム スカイは個人総合優勝のクリストファー・フルームを中心に、チーム全員横一列でゴール。チームの勝利を強調した Photo: Yuzuru SUNADA

 でも当然、アシストの働きがあってフルームは勝てたわけですよね。フルームの独り占めじゃまずい。じゃあ、フルームと他の選手との割合をどうするか? 最近は均等に割る場合が多いと聞きますが、アシストといっても貢献度には差があるでしょうから、等分だと不満が出るかもしれません。

 それでは明確にするために基準を作ろうとしても、難しい。引いた時間? 逃げた回数? そういう問題でもないですよね。あと、アシストだけじゃなく一般的にスタッフへも分配金は支払われますから、こちらはいくら払うべきか。

 要するに揉めやすいんですよ、賞金は。さらにややこしいことに、賞金が選手ではなくチームに支払われるということは、選手は具体的なお金の流れを知らない(知ることができない)可能性があります。中には、チームが賞金を選手に分配しないケースがあるというのも聞いたことがあります。

 そういうことがないよう、あらかじめ契約書を交わし、その通りに粛々と配分を行うことになっているのですが、それでもモヤモヤしたものが残る場合はあるかもしれませんね。どこまでも人間臭い、ロードレースらしい光景だとも言えそうです。

(編集 佐藤喬)

回答者 栗村修(くりむら おさむ)

 一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役、ツアー・オブ・ジャパン 大会ディレクター、スポーツ専門TV局 J SPORTS サイクルロードレース解説者。選手時代はポーランドのチームと契約するなど国内外で活躍。引退後はTV解説者として、ユニークな語り口でサイクルロードレースの魅力を多くの人に伝え続けている。著書に『栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング』『栗村修の100倍楽しむ! サイクルロードレース観戦術』(いずれも洋泉社)など。

※栗村さんにあなたの自転車に関する悩みを相談してみませんか?
ml.sd-cyclist-info@sankei.co.jpまでお寄せください。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

栗村修の“輪”生相談

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載