全8選手のうち半数以上が移籍那須ブラーゼンが退団選手を発表 ロード全日本・前王者の佐野淳哉ら5人

  • 一覧

 栃木県の那須地域を拠点とするUCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチーム「那須ブラーゼン」が、2015年シーズン限りで退団する選手・スタッフを発表した。選手は前ロードレース日本チャンピオンの佐野淳哉(33)をはじめ、全8選手のうち半数以上の5人が退団。国内の別のチームへ移籍する見通しだ。また大西恵太メカニック(26)がチームを去る。

今季限りで那須ブラーゼンを退団する5選手。(左から)新城雄大、雨澤毅明、佐野淳哉、鈴木龍、小野寺玲 Photo: Naoi HIRASAWA今季限りで那須ブラーゼンを退団する5選手。(左から)新城雄大、雨澤毅明、佐野淳哉、鈴木龍、小野寺玲 Photo: Naoi HIRASAWA

那須に日本チャンピオンジャージをもたらす

 退団が決まった選手は佐野のほかに、鈴木龍(23)、雨澤毅明(20)、新城雄大(20)、小野寺玲(20)。20代前半の4選手は、いずれも今シーズンめざましい成長をみせ、チーム躍進の原動力となっていた。

2014年の全日本選手権ロードレース、歓喜の初優勝を果たした佐野淳哉 Photo: Ikki YONEYAMA2014年の全日本選手権ロードレース、歓喜の初優勝を果たした佐野淳哉 Photo: Ikki YONEYAMA

 佐野は昨年、全日本選手権ロードレースで劇的な逃げ切り勝利を挙げ、チーム設立2年目にして、栃木のプロチームに初の日本チャンピオンジャージをもたらした。チームの地元・那須町で開催された今年の全日本ロードに向け、ディフェンディングチャンピオンとして大会を盛り上げた。

 鈴木はプロ1年目ながら、今年の那須町での全日本ロードで7位に入り、Jプロツアーでも表彰台に食い込む活躍をみせた。チーム創設時からのメンバーでもある雨澤は、JプロツアーのU23カテゴリーで常に上位を争う強豪。2年目の新城は今シーズン、JプロツアーでU23世代の年間総合トップに立ち、U23リーダーの証であるピュアホワイトジャージを獲得した。2年目の小野寺はジャパンカップクリテリウムで、国内チームの日本人選手としては最上位となる7位でゴールするなど、随所で生きのいい走りをみせた。

Jプロツアーのピュアホワイトジャージをシーズン前半の4月からキープし続けた新城雄大 Photo: Ikki YONEYAMAJプロツアーのピュアホワイトジャージをシーズン前半の4月からキープし続けた新城雄大 Photo: Ikki YONEYAMA
全日本選手権ロードU23で単独アタックをみせる小野寺玲 Photo: Sonoko TANAKA全日本選手権ロードU23で単独アタックをみせる小野寺玲 Photo: Sonoko TANAKA

■佐野淳哉のコメント
この度、私佐野淳哉は、2年間在籍させて頂いた那須ブラーゼンを退団することになりました。皆様に支えて頂いたことは、競技生活を続ける上で非常に力になりました。このチームで経験したことを糧に、今後の人生を歩みたいと思います。栃木の皆様、本当にありがとうございました。

■鈴木龍のコメント
今シーズン限りでお世話になった那須ブラーゼンを退団することになりました。プロ1年目を那須ブラーゼンで過ごせたことを嬉しく、また誇りに思います。ファンやスポンサーの皆様をはじめ多くの方々の応援や支援により今シーズン活動できたことを感謝しております。並びにチームの関係者、そして1年間共に戦ったチームメイトに感謝しております。本当にありがとうございました。

■雨澤毅明のコメント
チーム発足初年度から3年間那須ブラーゼンの選手として走ってきましたが、今回、自分自身のステップアップとして移籍する事にしました。この3年間、チームとともに様々な経験をし、チームと共に成長できたと思います。このチームで得た事を糧にし、この先さらに活躍していきたいと思います。最後にここまで沢山の支援をして下さったチーム、スタッフ並びに応援してくれる皆さんに心から感謝しております。ありがとうございました!

■新城雄大のコメント
このたび、高校卒業と同時に入団し、2年間お世話になった那須ブラーゼンを退団することとなりました。加入した当初は力が足りず苦しい思いをしましたが、この2年間で大きな成長を感じ、自分自身の夢に向かってチャレンジすることにしました。そんなステップを踏めるのも、日頃から応援してくださり背中を押してくださった皆様、そしてチームの存在があってのことと深く感謝しています。所属チームは変わりますが、選手としての挑戦はこれからも長く続きますので、その姿をずっと見守って頂き、変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。

■小野寺玲のコメント
この度私、小野寺玲はプロデビューから2年間お世話になったこのチームを退団し、移籍することとなりました。今の心境は、寂しさと不安と期待でいっぱいです。
僕は那須が大好きです。地域の方々はいつも温かく見守って応援してくれました。那須の自然は僕の心を癒してくれました。高卒ルーキーの私はこの2年で大きく成長できました。それはこのチームで走れたからだと思います。私をここまで成長させてくださった、チームメート、チーム関係者の皆様 、ファンの皆様、そして那須の最高の環境に感謝しています! ありがとうございました。移籍先のチームでも、見ている人たちをワクワクドキドキさせるような走りを目指して頑張ります。

■大西恵太メカニックのコメント
今年は那須での全日本選手権開催を始めジャパンカップ出場と、那須にとって、チームにとっても自転車界に大きく躍進した1年を迎えられたと思います。たくさんの地元の方々の熱意、優しさ、行動力に支えられてチームはレースを戦っている事を実感しました。選手もスタッフも移籍をして行きますが、那須での経験を活かして今後も精進していきます。ありがとうございました。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

JPT2015・ニュース Jプロツアー Jプロツアー2015 那須ブラーゼン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載