グッド・チャリズム宣言プロジェクトも協力警視庁の自転車部隊「ビームス」出陣 街頭に繰り出しマナーアップやルール順守を啓発

  • 一覧

 自転車の安全指導や啓発を行う警視庁の自転車部隊「BEEMS」(ビームス)の出陣式が12月4日、東京都足立区役所で開かれ、警視庁の交通機動隊員や綾瀬、千住、西新井、竹ノ塚各署の署員ら14人が街頭へと繰り出した。また、自転車のマナーアップと交通ルール順守を啓発する民間団体「グッド・チャリズム宣言プロジェクト」(通称・グッチャリ)のメンバーも参加し、ビームスと一緒にパレードランやマナーアップ活動を展開した。 (グッド・チャリズム宣言プロジェクト理事 瀬戸圭祐)

警視庁の自転車部隊「ビームス」と「グッド・チャリズム宣言プロジェクト」メンバーによるパレードランが足立区役所からスタート Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト警視庁の自転車部隊「ビームス」と「グッド・チャリズム宣言プロジェクト」メンバーによるパレードランが足立区役所からスタート Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト

隊員に自転車愛好者「メンバーに選ばれ士気高揚」

 ビームスは今年10月に発足したばかりで、街頭で安全啓発やマナーアップ活動を行うのは今回が実質的に初めて。ビームスという部隊名は「自転車安全利用指導啓発隊」を意味する「Bicycle Education & Enlightenment Mobile Squad」の頭文字を取って命名された。

ビームスのメンバーは自転車愛好者を中心に選ばれている Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクトビームスのメンバーは自転車愛好者を中心に選ばれている Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト
出陣式ではパレードランを行うビームスとグッチャリのメンバーに、活動へのエールが送られた Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト出陣式ではパレードランを行うビームスとグッチャリのメンバーに、活動へのエールが送られた Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト

 隊員14人のうち警視庁本部の第十交通機動隊に所属する3人がリーダー格となり、残る11人は4つの警察署の署員から自転車経験者を中心に集められた。

 第十交通機動隊所属のメンバーは「こうやって実質的な啓発活動ができてうれしく思う。今後は定期的に、高頻度で実施していきたい」と語り、綾瀬署のメンバーは「ロードバイクが好きで、今回メンバーに選ばれて士気高揚している。サイクリストとしてもマナーやルール順守の徹底に努めていきたい」と抱負を述べた。

ビームスのリーダー格である警視庁本部の交通機動隊の3人。いつもは白バイでパトロールしている Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクトビームスのリーダー格である警視庁本部の交通機動隊の3人。いつもは白バイでパトロールしている Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト

 ビームスが使用するクロスバイクはピカピカの新車状態で、フレームに「警視庁」と「POLICE」のロゴが施され、ヘッドチューブなどに警視庁のマスコットである「ピーポくん」のイラストが入っている。メンバーのウェアや装備も新調されており、これからのフル活用が望まれる。

違反切符ではなく「マナーカード」で指導

 千住署交通課によると、ビームスは啓発活動が主体であり、検挙や取り締まりを目的にはしていない。実際、メンバーは手錠や警棒を装備しているが、違反切符は持っておらず、ルールを守っていない自転車利用者には、違反の内容や日時と場所を記録した警官の署名入りの「自転車安全マナーカード」を手渡して指導を行う。

ルール違反者に手渡す自転車安全マナーカード。自転車安全利用五則が記載され警官の署名入りで渡される Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクトルール違反者に手渡す自転車安全マナーカード。自転車安全利用五則が記載され警官の署名入りで渡される Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト
隊員は手錠と警棒を備えている。これが活躍しないことを祈るばかりだ Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト隊員は手錠と警棒を備えている。これが活躍しないことを祈るばかりだ Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト

 出陣前の式典では、警視庁の加藤孝雄本部長が「全国の自転車対歩行者の交通事故のうち約3割が東京都内で発生しており、自転車の安全対策は重要課題。マナーとルールの順守を徹底させ、ヘルメットの着用を推進し、しっかりと啓発活動を行おう」とあいさつ。

 また綾瀬交通安全協会会長の中西登喜男さんは「交通事故全体に占める自転車関与事故の割合は、全国平均で2割弱なのに足立区では4割前後と高い。特にお年寄りや子供が危険に晒されることが多い。ビームスが見本となる活動をして、啓発を広めていって欲しい」と述べた。

警視庁第六方面の加藤孝雄本部長のあいさつ Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト警視庁第六方面の加藤孝雄本部長のあいさつ Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト
しっかりと手信号を出し、模範走行として活動をPRしながらパレードランを実施 Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクトしっかりと手信号を出し、模範走行として活動をPRしながらパレードランを実施 Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト
パレードランの後、環状7号線と日光街道の交わる梅島交差点で、マナーアップ活動を実施 Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクトパレードランの後、環状7号線と日光街道の交わる梅島交差点で、マナーアップ活動を実施 Photo: グッド・チャリズム宣言プロジェクト

 パレードランの後に足立区の梅島交差点で行われた啓発活動では、ビームスとグッチャリのメンバーが官民一体となって、マナーアップチラシを配りながら自転車利用者に安全利用を訴えた。

 ビームスは専属部隊ではないので、今後の具体的な活動スケジュールはまだ決まっていない。活動は始まったばかりだが、警察官自らが模範となって自転車の安全利用を促し、そして事故撲滅につながるよう、活動が広く普及していくことを願っている。

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載