仮装ライダーも多数参戦冬の寒さを吹き飛ばす「ワイズカップ彩湖4時間エンデューロ」 試乗会を含め7000人来場

  • 一覧

 埼玉県戸田市の彩湖・道満グリーンパークで12月6日、自転車のチーム耐久レース「ワイズカップ彩湖4時間エンデューロ」が開催された。スポーツサイクル専門店チェーン「Y’s Road」(ワイズロード)が主催する大会で、スポーツバイク各ブランドの2016年モデル試乗会「スポーツバイクデモ in 埼玉」と併催され、前年を上回る約7000人が来場。レースには約2000人が出場し、タイムに挑戦して上位を目指すチームや、仮装で沿道を湧かせるチームなど、それぞれの楽しみ方で盛り上がった。

第1走者は600人以上。レベルを分けて時間差スタート Photo: Kyoko GOTO第1走者は600人以上。レベルを分けて時間差スタート Photo: Kyoko GOTO

本気モードからファンライドまで

 スポーツバイクデモは13回を数え、エンデューロは今回で5回目。都心からクルマで30分という良好なアクセスもあり、イベントの人気は年々高まってきた。

彩湖南岸の橋を駆け上がる Photo: Kyoko GOTO彩湖南岸の橋を駆け上がる Photo: Kyoko GOTO

 エンデューロのコースは、彩湖の北半分を反時計回りに巡る1周5kmの周回路。チームは2~8人の範囲であれば人数は自由。男女・年齢別といったクラス分けもないため、優勝・入賞を目指してハイスピードで駆け抜ける本気モードのチームから、仲間と完走を目指して楽しむファンライドのチームまで、幅広い層が参加していた。

最大の敵は向かい風

 当日は晴天に恵まれたが、冬の到来を告げる強い北風が吹きすさぶ中での開催となった。スタート直後、ちょうど“向かい風ゾーン”となった彩湖東岸の直線コースが最大の難所となり、参加者らは空気の壁に立ち向かいながら懸命にペダルを踏み込んでいた。

公園沿いの直進コース。柳も揺れる向かい風のなか、ペダルを踏み込むサイクリスト Photo: Kyoko GOTO公園沿いの直進コース。柳も揺れる向かい風のなか、ペダルを踏み込むサイクリスト Photo: Kyoko GOTO

 コースはほぼ平坦だが、周回路の北端の堤防と南端の橋でそれぞれ上り坂が現れ、選手たちを苦しめた。また途中、ゆるいカーブが連続する区間は“追い風ゾーン”となり、スピードを上げて気持ちよくはしることができた。全体的に道幅の狭い区間が多く、ライダーたちには追突や接触を避ける慎重な走りが求められた。

彩湖東岸、強風に立ち向かうサイクリストたち Photo: Kyoko GOTO彩湖東岸、強風に立ち向かうサイクリストたち Photo: Kyoko GOTO

 コース南端の橋付近は、湖面の向こうにさいたま新都心のビル群を遠望できるビューポイント。イベント当日の朝は空気が澄んでいたこともあり、はるか南西方向には富士山の姿もはっきり見えた。スタート・ゴール地点の付近には選手交代のためのピットエリアが設けられ、次に走る選手や、サポートのチームメートたちが、走り終えて戻ってくる仲間の到着を待ち受けた。

 12月ということもあり、サンタクロースやトナカイの仮装をして出走する参加者も多く見られた。なかにはメンバー全員が映画「スターウォーズ」のキャラクターに扮して走るチームもあり、会場の注目を一身に集めていた。目立つ仮装姿は選手交代の際に自身の存在を示す“目印”にもなり、たくさんの参加者が行き交うピットエリアで、仮装したチームがスムーズな選手交代を行っている様子が印象的だった。

スターウォーズのキャラクター、「ストーム・トルーパー」も出走?Photo: Kyoko GOTOスターウォーズのキャラクター、「ストーム・トルーパー」も出走? Photo: Kyoko GOTO
「Cyclist」編集部も参加しました! ピットにて走者交代中  Photo: Yoshiyuki KOZUKE「Cyclist」編集部も参加しました! ピットにて走者交代中 Photo: Yoshiyuki KOZUKE

豪華賞品に盛り上がる表彰式

 レースは途中で落車事故に伴う救護対応により、30分ほど中断する場面もあったが、再開後はスムーズに進み、予定通り午後1時でゴールを迎えた。

優勝チーム「ごちそうさま(こけし)」の2人には安田団長よりキャノンデールの「フーリガン」が贈られた Photo: Kyoko GOTO優勝チーム「ごちそうさま(こけし)」の2人には安田団長よりキャノンデールの「フーリガン」が贈られた Photo: Kyoko GOTO
注目の「ストーム・トルーパー」勢は「競技委員長賞」を受賞。コメンサルのMTBフレームが贈られた Photo: Kyoko GOTO注目の「ストーム・トルーパー」勢は「競技委員長賞」を受賞。コメンサルのMTBフレームが贈られた Photo: Kyoko GOTO

 レース後の表彰式では、上位入賞者へ賞品を贈呈するのはもちろん、450位「シマノ賞」、400位「ピナレロ賞」、20位「ジャイアント賞」といった“キリ番”の賞が多数設けられ、自転車のフレームやヘルメット、サイクルジャージといった豪華賞品が贈呈られるたびに、大きな盛り上がりを見せていた。

「女性チーム賞」を受賞した「チームドリームレディース」の2人。「自転車を沖縄で走ったことがないのでうれしい」と喜びを語った Photo: Kyoko GOTO「女性チーム賞」を受賞した「チームドリームレディース」の2人。「自転車を沖縄で走ったことがないのでうれしい」と喜びを語った Photo: Kyoko GOTO

 ほかにも、ユニークな「女性チーム賞」が発表され、受賞チームには特別協賛社のメルキュールホテル沖縄那覇より、沖縄・那覇への往復航空券と2泊3日のホテル宿泊券が贈られた。

また、「最も印象的な走りをしていた人」に贈られる「敢闘賞」には、自転車を始めたばかりという千葉奈々さん(東京都板橋区)が選ばれた。ワイ・インターナショナル伊藤孝彦会長は、敢闘賞の選考理由について「レース中、僕の前で、千葉さんが風に煽られながら懸命に走っていた姿が印象的だった」と語った。千葉さんにはトレックのロードバイク「エモンダALR」が贈られ、伊藤会長は「これからも楽しんで乗ってほしい」とエールと送っていた。

130位「コーダーブルーム賞」。思いがけないフレーム贈呈に大喜び Photo: Kyoko GOTO130位「コーダーブルーム賞」。思いがけないフレーム贈呈に大喜び Photo: Kyoko GOTO
20位に贈られた「ジャイアント賞」は三本ローラー Photo: Kyoko GOTO20位に贈られた「ジャイアント賞」は三本ローラー Photo: Kyoko GOTO
「敢闘賞」を受賞した千葉奈々さん。トレックの「エモンダALR」を手に「うれしい!ありがとうございます!」と感激 Photo: Kyoko GOTO「敢闘賞」を受賞した千葉奈々さん。トレックの「エモンダALR」を手に「うれしい!ありがとうございます!」と大喜び Photo: Kyoko GOTO

「スポーツバイクデモ」も盛況

試乗待ちの列が途切れなかった試乗コース Photo: Kyoko GOTO試乗待ちの列が途切れなかった試乗コース Photo: Kyoko GOTO

 一方、国内最大級の試乗会「スポーツバイクデモ」では、バイクメーカーや販売代理店、サイクルショップなど70社140ブランドが軒を連ね、2016年の最新モデルや人気モデルを出展。試乗用にはハイエンドモデルから入門モデルまで、50ブランド150台がずらりと揃った。

自転車関連ブランドやショップ。サンプルセールでは掘り出し物も! Photo: Kyoko GOTO自転車関連ブランドやショップ。サンプルセールでは掘り出し物も! Photo: Kyoko GOTO
一番人気だったワイズロードのスペシャルアウトレット。入場待ちの行列は終始途切れることはなかった Photo: Kyoko GOTO一番人気だったワイズロードのスペシャルアウトレット。入場待ちの行列は終始途切れることはなかった Photo: Kyoko GOTO

 その他、自転車関連ブランドやショップ、飲食などのブースも立ち並び、さまざまな商品の展示や販売、サンプルセールが行われた。中でも人気だったのがワイズロードのスペシャルアウトレットブース。アイテムによっては半額以下の値引き商品もあるとあって、開場直後から入場に長蛇の列をなす人気ぶりだった。

「ラブ バイシクル さいたま」のブースではクイズ解答者全員にオリジナルサコッシュをプレゼント Photo: Kyoko GOTO「ラブ バイシクル さいたま」のブースではクイズ解答者全員にオリジナルサコッシュをプレゼント Photo: Kyoko GOTO
自転車利用者のマナーアップやルール順守の啓発活動を展開する社団法人「グッド・チャリズム宣言プロジェクト」(通称・グッチャリ)もイベントに参加 Photo: Yoshiyuki KOZUKE自転車利用者のマナーアップやルール順守の啓発活動を展開する社団法人「グッド・チャリズム宣言プロジェクト」(通称・グッチャリ)もイベントに参加 Photo: Yoshiyuki KOZUKE
充実の飲食ブース。寒さの中、スープなどあたたかい食べ物に人気が集まる Photo: Kyoko GOTO充実の飲食ブース。寒さの中、スープなどあたたかい食べ物に人気が集まる Photo: Kyoko GOTO
ガールズケイリンもブース出展。オリジナルアイテムを販売 Photo: Yoshiyuki KOZUKEガールズケイリンもブース出展。オリジナルアイテムを販売 Photo: Yoshiyuki KOZUKE

この記事のタグ

エンデューロ 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載