ガイドや指導者の養成も沖縄県でサイクリング・ポタリングツアーを展開 「沖縄輪業」がサイクルツーリズム推進

  • 一覧

 沖縄県最大の自転車専門店「沖縄輪業」が、県内各地でサイクリング・ポタリングツアーの実施に取り組んでいる。大規模なレースやサイクリングイベントで知られる沖縄だが、より身近な観光面でのサポートを広げ、サイクルツーリズムを推進する考えだ。

古宇利島へと一直線に進む古宇利大橋は沖縄県内随一のサイクリングスポット =沖縄県今帰仁村 Photo: Ikki YONEYAMA古宇利島へと一直線に進む古宇利大橋は沖縄県内随一のサイクリングスポット =沖縄県今帰仁村 Photo: Ikki YONEYAMA

ツアーを増やして観光メニューを拡充

沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋」 Photo: Ikki YONEYAMA沖縄本島南部の絶景スポット「ニライカナイ橋」 Photo: Ikki YONEYAMA

 沖縄輪業は自転車の小売販売に加え、サイクリングツアーの企画運営なども手がけており、約3時間程度の「那覇自転車散歩(ポタリング)コース」や、「オーダーメードサイクリング」などのツアーを実施している。ツアーを増やすことで観光メニューの拡充に寄与し、自転車愛好者から一般の観光客まで、さまざまな人に“サイクリングアイランド沖縄”を体感してもらう取り組みだ。

 同社が開催するツアーのガイドは、日本サイクリング協会(JCA)または沖縄県サイクリング協会の指導者資格保有者が行っている。

サイクリングのすそ野を広げる人材育成

 また沖縄輪業では、観光客にもっとサイクリングを楽しんでもらえるようすそ野を広げるためには、自社でのツアーの実施にとどまらず「サイクリングの指導者やガイドの育成が必要」として、講習会事業の開催に継続的に取り組んでいく。

毎年11月に開催されるツール・ド・沖縄 Photo:Kenji HASHIMOTO毎年11月に開催されるツール・ド・沖縄 Photo:Kenji HASHIMOTO

 1月9、10日には、JCAと共催する「サイクリングリーダー養成講座」と「サイクリングインストラクター教習・検定会」を開催する。

 また2月11〜14日には、日本サイクリングガイド協会(JCGA)が定める「JCA公認サイクリングガイド(ベーシック)」の養成講座及び検定試験を実施する。

JCA公認指導者養成講座

日程:2016年1月9日、10日
費用:8,000円(講習会費)、3,000円(公認料)、3,000円(登録料)、1,000円(リーダー審査料)、5,000円(インストラクター審査料)、4,000円(JCA賛助会費、未入会の場合)
定員:30人
申し込み・問い合わせ:一般社団法人沖縄県サイクルスポーツ振興協会(ocsa@freeml.com)

JCA公認サイクリングガイド(ベーシック)の養成講座及び検定試験

日程:2016年2月11~14日
費用:60,000円(講習会費)、50,000円(受験料)、10,000円(登録料)、60,000円(認定料)、4,000円(JCA賛助会費、未入会の場合)
※沖縄県外の受講者はJCGAへの登録(年会費)が必要。県内の受講者は一般社団法人沖縄県サイクルスポーツ振興協会への登録が必要。
定員:25名
申し込み・問い合わせ:一般社団法人沖縄県サイクルスポーツ振興協会(ocsa@freeml.com)

この記事のタグ

日本サイクリング協会(JCA)

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載