バイクインプレッション2015「CANNONDALE SUPERSIX EVO HI-MOD」 軽さ、乗り心地、そして速さが際立つ旗艦機

  • 一覧

 あらゆるジャンルにおいて人気を博すアメリカのバイクブランド、キャノンデール。グランツールには欠かせないフラッグシップ機「SUPERSIX EVO HI-MOD」が、かつて無いバランスのもと高性能かつ、空力性能も優れたマシンへとフルモデルチェンジを果たした。11のパートに分けられ、今回試乗したパッケージのほか、ホイールのグレードを抑えたバージョン2、ハイスペックなデュラエース完成車、アルテグラ完成車などがある。

CANNONDALE SUPERSIX EVO HI-MOD DURA ACE 1(キャノンデール スーパーシックス エヴォ ハイモッド デュラエース1) Photo: Masami SATOUCANNONDALE SUPERSIX EVO HI-MOD DURA ACE 1(キャノンデール スーパーシックス エヴォ ハイモッド デュラエース1) Photo: Masami SATOU

CANNONDALE SUPERSIX EVO HI-MOD DURA ACE 1(キャノンデール スーパーシックス エヴォ ハイモッド デュラエース1)
価格:850,000円(完成車、税抜)
サイズ:48、50、52、54、56
カラー:アシッドレッド
問い合わせ先:キャノンデールジャパン http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan

スペック

フレーム:All-New SuperSix EVO, BallisTec Hi-MOD Carbon
フォーク:All-New SuperSix EVO, SPEED SAVE, BallisTec Hi-MOD full Carbon
変速機:シマノ・デュラエース(F)&(R)
ギヤ:キャノンデール・ホローグラムSiSL2 52×36T、 11-28T(11s)
ホイール:マヴィック・キシリウムプロ
重量:6.2kg(54サイズ完成車実測値)

リアトライアングルとフォークのバランスによって機能するSPEED SAVE。乗り心地の向上と共に、フロントもホイールの高い路面追従性が実現する設計だ Photo: Masami SATOUリアトライアングルとフォークのバランスによって機能するSPEED SAVE。乗り心地の向上と共に、フロントもホイールの高い路面追従性が実現する設計だ Photo: Masami SATOU
SPEED SAVEは巡航スピード、加速性能、コーナリングスピードを高め、バイクを速く走らせる。また、シートチューブの最適化したカーボンレイアップが振動と衝撃を拡散させ、長時間ライドのエネルギーの消耗を防ぐ Photo: Masami SATOUSPEED SAVEは巡航スピード、加速性能、コーナリングスピードを高め、バイクを速く走らせる。また、シートチューブの最適化したカーボンレイアップが振動と衝撃を拡散させ、長時間ライドのエネルギーの消耗を防ぐ Photo: Masami SATOU
採用されるバリスティックカーボンは世界最先端の材料と最新鋭のカーボンエンジニアリング設計を組み合わせたキャノンデール独自のテクノロジー Photo: Masami SATOU採用されるバリスティックカーボンは世界最先端の材料と最新鋭のカーボンエンジニアリング設計を組み合わせたキャノンデール独自のテクノロジー Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 最近のバイクに珍しく、ホリゾンタルに近い形状は単純にかっこいいですね! 細身のフォークなどは往年のライダーに馴染め、最近ロードに乗り始めた人も新鮮に感じ、かっこよく思えるのではないでしょうか。

米山 そうだね。キャノンデールと言えば、大径アルミフレームの生みの親として知られているけれど、大径カーボンチュービングが全盛のいま、逆に細めのホリゾンタルカーボンフレームをトップエンドに置いて異彩を放っている。エアロロードを置かず、ワンモデルで対応することも、細身のフレーム形状にこだわるの理由の一つだろうか。

松尾 全体のバランスに加え、高い空力性能も備えてフルモデルチェンジを果たしたとのことですよ。試乗してみると、軽さが目立ち、フワッとした剛性感でした。剛性が低いわけではなく、もがいてみると想像以上に前に進んでいる不思議なバイクでした。

米山 そうそう。走らせてみると、軽さと乗り心地の良さが印象的。かといって剛性不足というわけではなく、踏み込んだ中の方でしっかり受け止めて、推進力へと転化する。しいて言えば、パリッとしたわかりやすい踏み味ではないので、そこは好みが分かれる部分かも。

松尾 ええ、踏み込んでもフワッと進み、芯を感じられません。手に持っても軽量で、乗っても軽い典型的な乗り味は、つかみどころがない。でも、速さが際立つバイクでした。細めのフォークですが、剛性不足は感じず、むしろ硬い印象。ロスなく、パワーを伝え、安定感にもつながっていましたよ。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 新設計のスリムなフォークも、見た目と違って安定感のある走りを実現していいた。このバイクはそれなり以上の脚力があるほうが楽しく走れると思うな。

松尾 おそらく加速力が強いタイプや、反発がしっかり感じられるタイプが好みのライダーは慣れが必要でしょう。しかし、脚への反発が少ないメリットは長距離でのレースで必ず生きてくると思います。乗り心地の良さが今まで乗ったトップグレードのバイクの中で最も良かったバイクでした。大きな突き上げも、細かい振動もしっかりと吸収し、ライダーの集中力を保ってくれます。

米山 細身のフレームや、シフトワイヤーは前三角では内蔵していないなど、テクノロジーが進化するなかで、回りまわって伝統的なものに近い形になっているのは、この最新マシンの面白いポイント。

松尾 そうですね。ホリゾンタルな形状、さらにはキャリパーブレーキ、ワイヤの取り回しなど、まったく奇をてらっていない仕様が、とても好感を持てたバイクでした。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクキャノンデール(Cannondale)のロードバイク

50万円~ カーボン キャノンデール バイクインプレッション レース向け自転車 ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載