最大1億円までの損害賠償責任を補償ミヤタサイクルから自転車向け保険「ネットde保険@さいくる」が登場

  • 一覧

 日本の自転車ブランド「ミヤタサイクル」が、自転車利用者用の保険「ネットde保険@さいくる」の取り扱いを開始した。インターネットによる簡単な手続きで始めることができ、最大1億円までの損害賠償責任を補償する。

スマホですぐに申し込み可能

自転車事故や自身の怪我にも対応(ミヤタサイクルウェブサイトより)自転車事故や自身の怪我にも対応(ミヤタサイクルウェブサイトより)

 ネットde保険@さいくるには、人身事故を起こした際などに必要な相手への損害賠償の補償や、クルマにひかれるといった自身のけがへの傷害保険が含まれ、また保険会社による示談交渉サービスなどが付帯する。インターネットやスマホから10分ほどで申し込みが可能。夫婦型や家族型のプランも設定されているので、本人のみならず、家族で自転車事故によるリスクをカバーできる保険となっている。

 平成26年の自転車事故件数は10万9269件と全交通事故件数の19%を占め、歩行者を死傷させるような事故の場合、賠償金が数千万円になる判決が出る場合がある。ミヤタサイクルでは盗難や品質、傷害を保証する「ミヤタケア」をアフターサービスとして提供してきたが、「ネットde保険@さいくる」によってさらなる安心を提供したいとしている。

3つのコースが選択可能で、最大1億円を補償する(ミヤタサイクルウェブサイトより)3つのコースが選択可能で、最大1億円を補償する(ミヤタサイクルウェブサイトより)
品質保証や盗難補償を備える「ミヤタケア」と合わせることで充実した補償となる(ミヤタサイクルウェブサイトより)品質保証や盗難補償を備える「ミヤタケア」と合わせることで充実した補償となる(ミヤタサイクルウェブサイトより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ミヤタ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載