新製品情報後方からのクルマの接近を知らせる「Varia J リアビューレーダー」 ガーミンから発売

  • 一覧
ガーミンの「Varia J リアビューレーダー」。レーダー部(右)と専用ディスプレイユニットガーミンの「Varia J リアビューレーダー」。レーダー部(右)と専用ディスプレイユニット

 自転車向けGPS機器などを展開するガーミンより、後方から接近する車両を検知する「Varia J リアビューレーダー」が12月17日に発売される。バイクの後方最大140m以内に接近するクルマなどを見つけ、ハンドル部に取り付ける専用ディスプレイユニットや、ガーミンの自転車用GPSサイクルコンピューター「Edge(エッジ)シリーズ」の画面上に、接近の警告や接近車両の速度に合わせた状況を表示する。12月1日に予約受付が始まった。

 リアビューレーダーはテールライトに内蔵された24GHzのミリ波レーダーにより、最大8台までの車両を検出することができる。後方に車両を検知すると、ライダーに状況を知らせ、さらにテールライトの点灯パターンが変化。点灯モードの時はLEDの点灯数が増え、点滅モードの時はLEDの点滅数が増えるとともに点滅のスピードが速くなることで、後方から接近するドライバーに注意喚起する。

リアビューレーダーはシートポストに取り付け。テールライトは接近車両を検知すると点灯パターンが変化するリアビューレーダーはシートポストに取り付け。テールライトは接近車両を検知すると点灯パターンが変化する
コンパクトなディスプレイユニット。接近車両を最大8台検知し表示コンパクトなディスプレイユニット。接近車両を最大8台検知し表示

 リアビューレーダーの重量は63.5g。テールライトの明るさは16ルーメンで、稼働時間は連続点灯時で約5時間、点滅モード時で約8時間となる。マイクロUSBを使用して2時間で充電可能。シートポストの太さに関わらず取り付けできる汎用マウントが付属する。ディスプレイユニットは28.5g。ともに日常生活防水(IPX7)の防水性能を備える。

Varia Jリアビューレーダーセット(レーダー+ディスプレイ)
価格:36,800円(税抜)
サイズ:4.4×7.3×2.3cm(レーダー)、6.0×3.4×1.9cm(ディスプレイ)

Varia Jリアビューレーダー(レーダーのみ)
価格:24,800円(税抜)

この記事のタグ

ガーミン サイクルアクセサリー 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載