電車貸し切り、豚丸焼きもふるさと納税の返礼品に「群馬グリフィン」のロードバイク 前橋市が品目を拡充

  • 一覧
今年群馬に誕生した自転車プロチーム「群馬グリフィン」 Photo: 群馬グリフィン今年群馬に誕生した自転車プロチーム「群馬グリフィン」 Photo: 群馬グリフィン

 前橋市は、自治体に寄付すると住民税などが控除される「ふるさと納税」の内容を11月25日から拡充した。高額寄付者から、内容の改善を求める声があったことで踏み切った。

 寄付1万円以上の返礼品を11品目から78品目に増やし、寄付30万~100万円未満と100万円以上の2区分を新設。30万~100万円未満では、上毛電鉄の特別電車の貸し切りや自転車プロチーム「群馬グリフィン」のロードバイクなどから1品を。100万円区分では、前橋産上州和牛定期便(限定10セット)、子豚1頭分の丸焼き(前橋ポルケッタ)などを選択できる。

 市政策推進課によると、平成26年度の寄付は344件、約2770万円だった。今年4~10月までの寄付件数は54件(前年比29件増)の約488万円で、拡充で、寄付拡大を見込む。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

群馬グリフィン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載