プロライダーの末政実緒選手が手ほどき 神戸・須磨で「自転車キッズスクール」開催

  • 一覧
末政実緒選手(写真奥)の指導を受け、木の段差の乗り越えに挑戦する子供たち末政実緒選手(写真奥)の指導を受け、木の段差の乗り越えに挑戦する子供たち

 子供たちが女性プロライダーから安全な自転車の乗り方の指導を受けるイベント「自転車キッズスクール」が9月22日、神戸市須磨区の綱敷天満宮で開かれた。子供たちは境内の特設コースを走行しながら、ブレーキのかけ方や障害物の乗り越え方などの技術を学んだ。

 自転車で地域の活性化を目指す同区の民間団体「逆落とし実行委員会」が主催。国道2号沿いにある同天満宮がサイクリングの休憩場所としてライダーに親しまれていることや、近年、自転車事故が増加していることなどから初めて開催した。

 小学生など約40人が参加。マウンテンバイク(MTB)・ダウンヒル競技のプロライダーとして世界で活躍する神戸市出身の末政実緒選手(29)が「ブレーキは左右同時にかける」「段差を超えるときは立ちこぎの方がバランスがいい」などと指導した。子供たちはコースに設けられた木の段差などを慎重に乗り越えながら楽しく運転方法を学んだ。

 同区の小学4年、鈴木洲太さん(10)は「立ちこぎでカーブが曲がりやすくなった。これからも楽しく自転車に乗りたい」と話していた。

MSN産経ニュースwestより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MTBレース セーフティーライド ダウンヒル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載