ブリヂストンの新しいコンセプトショップ自転車&カフェスペース「レシオ・アンドシー」 東京・神宮前にオープン

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルは、自転車をテーマとするコミュニティ&スペースカフェ「RATIO&C」(レシオ・アンドシー)を東京・神宮前に11月26日オープンする。それに先立ち25日午後、関係者に店内を公開した。

明るい店内。自転車とともに、ウエアや生活雑貨の販売もしている Photo: Kyoko GOTOおしゃれな店内。自転車とともに、ウエアや自転車小物、生活雑貨の販売もしている Photo: Kyoko GOTO

「バイクフォーラム」を全面リニューアル

レシオアンドシーの外観 Photo: Kyoko GOTOレシオ・アンドシーの外観 Photo: Kyoko GOTO

 レシオ・アンドシーは、これまで「バイクフォーラム青山」として運営してきたショールームを全面リニューアル。厳選した「自転車」「コーヒー」「生活のアイテム」を取り揃え、自転車とライフスタイルをつなぐ拠点として誕生した。外苑西通りを行き来する人々とローカルコミュニティを育みながら、シティバイクの楽しさを発信していく。

 店名の「RATIO」は自転車のギア比に、「C」はサイクルに由来。日常生活に自転車をバランスよく取り入れよう、というメッセージが込められている。

「レシオ・アンドシー」の看板。ギアのマークが目印 Photo: Kyoko GOTO「レシオ・アンドシー」の看板。ギアのマークが目印 Photo: Kyoko GOTO
フレームのカラー見本、ハンドル、サドルなどネオコットの各パーツが展示されている Photo: Kyoko GOTOフレームのカラー見本、ハンドル、サドルなどネオコットの各パーツが展示されている Photo: Kyoko GOTO
カフェスペースの一角 Photo: Kyoko GOTOカフェスペースの一角 Photo: Kyoko GOTO

 コーヒーは、スペシャリティコーヒーのショップとして有名な「ONIBUS」(オニバス、東京都世田谷区)のスタッフが常駐し、常時3種類程度の豆を用意して提供する。

ホットコーヒー、300円から。2杯目は半額というのがうれしい Photo: Kyoko GOTOホットコーヒー、300円から。2杯目は半額というのがうれしい Photo: Kyoko GOTO
オニバスのスタッフ Photo: Kyoko GOTOオニバスのスタッフ Photo: Kyoko GOTO

ネオコットの特別仕様オーダー車を販売

 また、ブリヂストンサイクルが誇るクロモリフレーム「ネオコット」をベースとする特別仕様のシティ・スポーツサイクルが展示され、オーダーメードで受注販売している。

店内にディスプレイされるネオコット Photo: Kyoko GOTO店内にディスプレイされるネオコット Photo: Kyoko GOTO

 細身のスチールフレームに、新色のアースカラーを加えた24色を組み合わせてペイントを施すことができ、さらにアップハンドルやブルホーンバー、本革のサドルやバーテープなど好みのパーツやアクセサリー類をチョイスできる。販売価格は15万円~30万円(フレーム、カラー、パーツのセレクトにより異なる)。

Photo: Kyoko GOTOPhoto: Kyoko GOTO
Photo: Kyoko GOTOPhoto: Kyoko GOTO

 バイク本体だけでなく、バッグやサイクルアクセサリーといった自転車関連用品や、コーヒーミル、グラス、キャンドル、ステーショナリーなど、「自転車と一緒の生活」を彩る様々な小物もディスプレーされ、購入することもできる。

自転車アパレルブランド「narifuri」(ナリフリ)のアイテムも多数 Photo: Kyoko GOTO自転車アパレルブランド「narifuri」(ナリフリ)のアイテムも多数 Photo: Kyoko GOTO
自転車の横に、今治タオルなど国産の上質な生活雑貨が並ぶ Photo: Kyoko GOTO自転車の横に、今治タオルなど国産の上質な生活雑貨が並ぶ Photo: Kyoko GOTO
自転車とともにディスプレイされるおしゃれな小物 Photo: Kyoko GOTO自転車とともにディスプレイされるおしゃれな小物 Photo: Kyoko GOTO

フレキシブルな店内 ミニイベントも可能

 店内に入ると左側に小さめのコーヒーカウンターがあるほかは、広々としたレイアウト。向かって左奥にはゆっくり語り合える余裕あるテーブルがあり、その他のスペースはフレキシブルに配置できるフリースペースになっている。この日はネオコットのオリジナルバイクが美しく展示されていた。将来的には、ワークショップなどミニイベントの開催も想定しているという。

カフェではコーヒーのほか、焼き菓子なども販売する予定 Photo: Kyoko GOTOカフェではコーヒーのほか、焼き菓子なども販売する予定 Photo: Kyoko GOTO
入口付近にある自転車設置スペース Photo: Kyoko GOTO入口付近にある自転車設置スペース Photo: Kyoko GOTO

 店の奥にはメカニックスペースもあり、注文したバイクは専属スタッフにより1台1台、ていねいに組み上げられて納車される。

BROOKSなど、ネオコットのテイストを引き立たせるサドルが並ぶ Photo: Kyoko GOTOBROOKSなど、ネオコットのテイストを引き立たせるサドルが並ぶ Photo: Kyoko GOTO
奥にあるメカニックルームには、ちろんメカニックが常駐。ネオコットだけでなく、「アンカー」のメンテナンスも可能 Photo: Kyoko GOTO奥にあるメカニックルームには、ちろんメカニックが常駐。ネオコットだけでなく、「アンカー」のメンテナンスも可能 Photo: Kyoko GOTO
レシオアンドシーのみで取り扱う限定色のアースカラー Photo: Kyoko GOTOレシオアンドシーのみで取り扱う限定色のアースカラー Photo: Kyoko GOTO
レシオ・アンドシーの責任者、同社マーケティング部の瀬戸慶太さん Photo: Kyoko GOTOレシオ・アンドシーの責任者、同社マーケティング部の瀬戸慶太さん Photo: Kyoko GOTO

 レシオ・アンドシーの責任者を務める、ブリヂストンサイクルの瀬戸慶太さんは、「『&C』という言葉には、『自転車と何か』という可能性を込めた」とショップのコンセプトを説明し、「自転車とコーヒーはもちろん、写真や本といったアートなど、日常生活における自転車の楽しみ方を提案し、発信していきたい。自転車で東京という街を楽しむ拠点として使ってもらえれば」と話している。


RATIO&C(レシオ・アンドシー)
住所:東京都渋谷区神宮前3-1-26(東京メトロ銀座線「外苑前」駅 3番出口より徒歩6分)
電話:03-6438-1971
営業時間:11:00~20:00

関連記事

この記事のタグ

クロモリ ショップ ブリヂストンサイクル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載