差額約15万円は全額返納バス通勤、実際は「自転車通勤」で手当2年間不正受給 兵庫県が職員を懲戒処分

  • 一覧

 2年2カ月で通勤手当計約15万円を不正に受給したとして、兵庫県は11月19日、県立ものづくり大学校(姫路市)の男性専門員(64)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。

 県によると、専門員は平成25年7月~今年8月、バス通勤と届け出ていたのに実際は自転車で通勤し、通勤手当の差額計約15万円を不正に受け取っていたとされる。

 自転車のほうがバスより短い通勤時間で出勤できるためだったといい、専門員は「通勤方法の変更手続きを行うべきだったのに怠った」と説明。不正に受給した全額を返納したという。

産経WESTより)

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載