291Whの大容量モデルをラインアップ走行距離2割アップ ブリヂストンの両輪駆動・電動アシスト「アルベルトe」に新型登場

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルが、前輪にモータードライブ、後輪にカーボンベルトドライブを採用した両輪駆動の電動アシスト自転車「アルベルトe」の2016年モデルを11月下旬より発売する。走行距離を従来モデルより約2割伸ばす大容量バッテリー搭載モデルをラインアップしたほか、サドルやランプを改良して安全性・快適性を向上させた。

「アルベルトe」2016 年モデル。イメージキャラクターは大友花恋(かれん)さん  Photo: BridgestoneCycle「アルベルトe」2016 年モデル。イメージキャラクターは大友花恋(かれん)さん  Photo: BridgestoneCycle

前輪に「スリップ制御システム」搭載

 「アルベルトe」は今年1月に登場した新しいコンセプトの電動アシスト自転車。後輪ベルトドライブによる優れたメンテナンス性と、前輪モータードライブがもたらす両輪駆動の力強い走行性能を特徴とする。また、少ない力でブレーキをサポートする「ブレーキアシストシステム」、前輪の空転を検知しアシストをストップする「スリップ制御システム」など先進的な機能も装備している。

 2016年モデルでは、従来より走行距離を約2割伸ばす大容量バッテリーのモデルをラインナップ。充電1回につき走行できる距離の目安は、「B300」モデル(リチウムイオンバッテリー:291Wh)のオートモードで51km(標準パターン)としている。従来モデルと同じ容量の「B200」モデル(223Wh)も用意される。

フレーム形状やタイヤサイズが異なる計6モデル

 充電池に加え、またぎやすい形状の「L型フレーム」とスポーティな形状の「S型フレーム」、変速段数(3段、5段)、タイヤサイズ(26、27インチ)など各種仕様の組み合わせが異なる計6モデルを発売する。カラーも、女性が好む「ピンク」「ホワイト」を加えた全5色を展開。

 このほか、乗車時のお尻の痛みを緩和したサドルや、1.3ワットLEDを搭載して前方から足元まで広範囲を照射するライトを採用し、安全性・快適性を高めた。

 電動アシストのない「アルベルト」と「アルベルト ロイヤル」の2016年モデルも同時に発売される。

1.3ワットLEDを搭載し、前方から足元まで広範囲を照射する最新型ライト。サイドLEDがついて横からの視認性も向上 Photo: BridgestoneCycle1.3ワットLEDを搭載し、前方から足元まで広範囲を照射する最新型ライト。サイドLEDがついて横からの視認性も向上 Photo: BridgestoneCycle
柔らかさの異なる2つのウレタン層を組み合わせることで、乗車時のお尻の痛みを緩和し、ペダルを漕いだ時の座り心地を快適に Photo: BridgestoneCycle柔らかさの異なる2つのウレタン層を組み合わせることで、乗車時のお尻の痛みを緩和し、ペダルを漕いだ時の座り心地を快適に Photo: BridgestoneCycle


「アルベルトe」2016年モデル製品概要
モデル:L型、S型(27インチのみ)
標準現金販売価格: 11万9800円~12万8800円(税抜)
カラー:スパークルシルバー、アンバーブラック、スノーアクア、フロスティーホワイト、シェリーピンク(「B300」はスパークルシルバー、アンバーブラック、スノーアクアのみ)
ギア:3段(26インチ)、5段(27インチ)
充電時間:約3時間40分(リチウムイオンバッテリー「B300」)
発売日 :11月下旬
販売地区:全国
年間目標台数:5,500台(合計)

関連記事

この記事のタグ

e-BIKE ブリヂストンサイクル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載