バイクインプレッション2015「COLNAGO CLX ULTEGRA」 万能な運動性能と、伝統的かつ高級感のある造形が魅力

  • 一覧

 ヨーロッパを代表する、イタリアでも指折りの老舗レーシングバイクブランド、コルナゴ。培われてきた伝統や技術を表に残しながら打ち出される新しいバイクは、いつの時代も輝き続けている。今回試乗したのは、フルモデルチェンジを果たした「CLX ULTEGRA」。軽量なカーボンフレームとシマノ・アルテグラの組み合わせで、様々なライダーが楽しめる1台となっている。試乗車カラー(GORD)は国内未発表で、イエローが差し色のものやホワイトなど、3カラーが用意されている。

COLNAGO CLX ULTEGRA(コルナゴ CLX アルテグラ) Photo: Masami SATOUCOLNAGO CLX ULTEGRA(コルナゴ CLX アルテグラ) Photo: Masami SATOU

COLNAGO CLX ULTEGRA(コルナゴ CLX アルテグラ)
価格:450,000円(完成車、税抜)
サイズ:420S、450S、480S、500S、520S、540S、560S、580S
カラー:GOWH(ホワイト)、GOBK(マットブラック)、GOYL(ブラック/イエロー)
問い合わせ先:エヌビーエス http://www.colnago.co.jp/

スペック

フレーム:CLX CARBON
フォーク:CLX CARBON
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 50×34T、CS-5800 11-28T(11s)
ホイール:フルクラム・レーシング5
重量:7.8kg(520Sサイズ完成車)

エンド近くで外に広がる、なめらかなラインのシートステー Photo: Masami SATOUエンド近くで外に広がる、なめらかなラインのシートステー Photo: Masami SATOU
フルモデルチェンジを果たした軽量なフレームは、現行のコルナゴ Vr-1のデザインを引き継いでいる Photo: Masami SATOUフルモデルチェンジを果たした軽量なフレームは、現行のコルナゴ Vr-1のデザインを引き継いでいる Photo: Masami SATOU
大口径BBを採用し、レース性能も高い軽量バイクとしてデビュー。レッドのこのカラーリングは国内未発表となっている Photo: Masami SATOU大口径BBを採用し、レース性能も高い軽量バイクとしてデビュー。レッドのこのカラーリングは国内未発表となっている Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 コルナゴは押しも押されもせぬレーシングバイクブランドでありながら、近年はエントリーグレードやミッドレンジのラインナップも充実している。Vr-1のデザインをトレースしたCLX ULTEGRAは、あまりメカメカしさを出さず、伝統的なロードバイクの息吹を感じさせる。

松尾 見た目の高級感はハイエンドクラスに勝るとも劣らないので、所有欲は満たしてくれるバイクでしょう。

米山 そうだね。それに、近年はロードフレームのデザインはいくつか流行があって、ともすればどれも似たような形になりがちだけど、これはトレンドを入れつつもそちらに寄りすぎていない造形に感じた。こういうフレームを探している人も多いはず。

松尾 ええ。乗ってみると、デザイン同様に系統はVr-1に似ていて、踏んだらバネ感があり無理なく進んでくれますね。剛性は過度ではなく、のんびり走るのにも反発が強すぎずに丁度良いです。ダンシングは軽やかですが、シッティングで回転させたペダリングの方が合うと思います。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 乗り味は、懐の深さを感じるね。乗り心地もなかなか良いし、速度域の高いレースでも十分に対応できる反応もある。

松尾 俗に言う“コルナゴらしさ”は薄めですが、基本的な性能を備えている万能なバイクですね。でも、思いっ切り踏み込むと少々剛性が欲しいと感じました。振動吸収性が良く、安定性も高いので、ロングライドの用途に向いていると思います。上位グレードに備わる押し出されるような加速感は乏しいですが、より幅広いユーザーに扱えるコルナゴとしては良いバイクだと思います。

米山 うん。安定感は高く、万能で乗りやすさに長けている。

松尾 レーシーな脚力を求めず、軽い気持ちで踏み出しても気持ちよく進むのでエントリーユーザーからオススメできます。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイクコルナゴ(COLNAGO)のロードバイク

2015年モデル 30~50万円 コルナゴ バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載