将来はサイクルコンピューターとの連携もポラールからブランド初のリストバンド型心拍計「A360」登場 11月21日発売

  • 一覧

 ポラール・エレクトロ・ジャパンは11月11日、同社初のリストバンド型心拍計「A360」(エー サンロクゼロ)を発表した。胸バンドを使わずに手首だけで心拍を計測できるため、運動中はもちろん、日常生活の中でも心拍を計測し、健康管理に役立てることができる。活動量計測機能やスマートフォン連携機能も搭載。11月21日発売で、希望小売価格は2万5800円(税抜)。

ポラール初のリストバンド型心拍モニターとなる「A360」 Photo: POLARポラール初のリストバンド型心拍モニターとなる「A360」 Photo: POLAR
新製品発表会はポラールの母国・フィンランド共和国の駐日大使館で行われた。マヌ・ヴィルタモ駐日大使が会見冒頭にあいさつ Photo: Ikki YONEYAMA新製品発表会はポラールの母国・フィンランド共和国の駐日大使館で行われた。マヌ・ヴィルタモ駐日大使が会見冒頭にあいさつ Photo: Ikki YONEYAMA
新製品を発表する、ポラール・エレクトロ・ジャパンの園部英生社長。2015年4月より同社のマネジメントを担当する Photo: Ikki YONEYAMA新製品を発表する、ポラール・エレクトロ・ジャパンの園部英生社長。2015年4月より同社のマネジメントを担当する Photo: Ikki YONEYAMA

 A360はシンプルで洗練された北欧デザインが特徴で、スポーツウェアだけでなく普段のファッションにもマッチする。1.18インチカラー液晶を備え、本体重量は33.7g(Mサイズ)と軽量。30m防水で、かつ柔らかいシリコン素材のため、24時間装着して健康管理に役立てることができる。

 運動や活動の計測数値は、スマートフォンやPCに転送し、無料のウェブサービス「Polar Flow」に蓄積され、スマートフォンアプリやウェブ上で閲覧可能だ。Polar Flowでは、ユーザーの年齢や体重に合わせて最適な運動をアドバイスする。

小型で軽量、ファッションにもビジネスにもフィットするデザイン Photo: Ikki YONEYAMA小型で軽量、ファッションにもビジネスにもフィットするデザイン Photo: Ikki YONEYAMA
「Polar Flow」のPC操作画面 Photo: Ikki YONEYAMA「Polar Flow」のPC操作画面 Photo: Ikki YONEYAMA

 心拍測定においてポラールは従来、胸バンドの装着を推奨してきたが、ユーザーからは単一の装置で心拍など必要なデータが取得できる製品への要望が多く寄せられたため、心拍センサー内蔵型の製品開発に着手したという。

 心臓から取る心拍は電流で測るのに対し、手首で取る脈拍は物理的な動きを感知するもので、血流の状態などからデータに差が生じることもあるというが、ポラールは40年以上にわたる心拍測定の経験をもとに、4年の歳月をかけて独自のアルゴリズムを開発。光学式計測による手首の脈拍数から、胸バンドの心拍測定と同等の分析ができるようになったという。

A360は光学式計測を採用する。さまざまなエクササイズ環境で、正確に計測できるように研究開発が重ねられた Photo: Ikki YONEYAMAA360は光学式計測を採用する。さまざまなエクササイズ環境で、正確に計測できるように研究開発が重ねられた Photo: Ikki YONEYAMA
ポラール・エレクトロ本社のプロダクトマネジメントディレクター、マルコ・スヴィラークソ氏 Photo: Ikki YONEYAMAポラール・エレクトロ本社のプロダクトマネジメントディレクター、マルコ・スヴィラークソ氏 Photo: Ikki YONEYAMA

 東京都港区の駐日フィンランド大使館で行われた新製品発表会には、ポラール・エレクトロ本社(フィンランド)のプロダクトマネジメントディレクター、マルコ・スヴィラークソ氏も出席。心拍モニターのリーディング・カンパニーとして、1980年代にはウェアラブルな心拍モニター製品を発売したことなどを挙げ、同社の長年にわたる技術蓄積とその優位性をアピールした

充電はmicro USBで行う Photo: Ikki YONEYAMA充電はmicro USBで行う Photo: Ikki YONEYAMA
ベルトは簡単に着脱・交換が可能。カラフルな交換用ベルトも発売予定だベルトは簡単に着脱・交換が可能。カラフルな交換用ベルトも発売予定だ
交換用ベルトを含め、5色のカラーバリエーションを予定 Photo: POLAR交換用ベルトを含め、5色のカラーバリエーションを予定 Photo: POLAR

 現時点では自転車に特化した機能は搭載しないが、今後のソフトウェアアップデートで、ポラールのサイクルコンピューターに心拍センサーとして接続可能にする構想があるという。

 このほか、3次元加速度センサーを搭載し、心拍計測時以外にもユーザーの歩数や活動量をモニターする「アクティビティ・トラッカー機能」を標準装備。また、スマートフォンの電話着信やメール・SNS受信の通知を行うこともできる。8MBのフラッシュメモリを搭載し、30日分の活動ログを記録可能。充電はmicro USBコネクターから行い、容量100mAhのバッテリーは12日間の通常使用が可能だ。

 手首での光学式心拍計測は機器のフィットが重要となるため、製品はS、M、Lの3サイズが用意される。本体は同一でベルトのサイズが異なり、ベルトは交換可能。標準と異なるカラーリングを楽しめる交換用ベルトは、2016年1月以降に発売予定だ。

■Polar A360 製品概要
希望小売価格:25,800円(税抜)
発売予定日:2015年11月21日
サイズ:(画面)13mm×27mm、(本体)厚さ13.5mm、幅23.5mm
重量:31.7g (S), 33.7g (M), 37.3g (L)
バッテリー:容量100mAhの充電式バッテリー
カラー:チャコールブラック、パウダーホワイト
(2015年12月発売予定)ソルベピンク、ネイビーブルー
交換用バンド(2016年発売):チャコールブラック、パウダーホワイト、ソルベピンク、ネイビーブルー、ネオングリーン
セット内容:Polar A360本体、本体用ベルト、マイクロUSBコネクタ、スタートガイド
製品ページ:http://www.polar.com/ja/A360

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルアイテム ポラール 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載