ゆるキャラ「モシカ」がDJプレイ「止めたらロック!Wでロック」 広島県警がラップ動画で自転車盗難防止を啓発

  • 一覧

 被害が増加する自転車盗や特殊詐欺を防ごうと、広島県警マスコットキャラクター「モシカ」が登場して、ラップ調と演歌調で被害防止を呼びかける動画を、県警と広島県内のテレビ番組製作会社が制作。広島市中区八丁堀の大型画面で、約3分間の曲の動画を1時間毎に1回放映して、特殊詐欺などへの警戒を呼びかけている。

 自転車盗は10~20代の被害者の割合が計7割を超える(9月末時点)ため、若者向けにラップ調の動画「自転車ロック Wでロック!」を作った。「忘れんさんなよ~!止めたらロック!Wでロック」などと注意喚起し、防犯登録を勧めるフレーズも入れた。

 特殊詐欺は9月末時点で計約11億9千万円の被害額を記録。高齢者が狙われるケースが多いため、演歌調の「嗚呼~!!だまされないで!」を制作した。「オレオレおれだよ、おっかさん。至急お金を振り込んで」「『名義を貸してや』はいそーれ詐欺よ!」など、歌詞で特殊詐欺の手口を紹介し、曲の合間には被害を防ぐキーワードも盛り込んでいる。

 県警の谷本剛・減らそう犯罪情報官は「分かりやすくて親しみやすい曲。人通りの多い市街地で活用していきたい」と話した。

産経ニュースWESTより)

関連記事

この記事のタグ

防犯

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載