CYCLE MODE 2015ヤマハの電動アシスト「YPJ-R」を一般サイクリストが初試乗 反応は「意外と“アリ”」

by 後藤恭子 / Kyoko GOTO
  • 一覧

 ヤマハ発動機が12月に発売する電動アシストロードバイク「YPJ-R」の試乗車が、千葉・幕張メッセで11月8日まで開催中の「サイクルモードインターナショナル2015」で注目を集めている。これまでにない新しいロードバイクに、試乗した人からは「自然なアシストで、想像以上に快適な乗り心地」と好評を得ている。

サイクルモードの会場でひときわ注目を集めていた山は「YPJ-R」 Photo: Kyoko GOTOサイクルモードの会場でひときわ注目を集めていた山は「YPJ-R」 Photo: Kyoko GOTO

10台の試乗車はフル回転

電動アシスト機構に多くの人の視線が注がれた Photo: Kyoko GOTO電動アシスト機構に多くの人の視線が注がれた Photo: Kyoko GOTO

 いわゆる「ママチャリ」のイメージで、主に主婦層を中心に普及している電動アシストサイクル。その先駆けともいえる「PAS」を手がけるヤマハ発動機が、9月に電動アシスト付きロードバイク「YPJ-R」の発売を発表した。10月29日開幕の「東京モーターショー」(11月8日まで)にも出展されたが、一般の自転車ユーザーを対象に試乗車が提供されるのは今回のサイクルモードが初めて。

 10台用意された試乗車は常時フル回転で、ブース内には試乗を待つ人々の行列ができるほどの盛況ぶりだ。

10台ある試乗車はひっきりなしに出ていった Photo: Kyoko GOTO10台ある試乗車はひっきりなしに出ていった Photo: Kyoko GOTO
試乗を待つ人の列には女性の姿も少なくない Photo: Kyoko GOTO試乗を待つ人の列には女性の姿も少なくない Photo: Kyoko GOTO

 実際に試乗した人の声を聞くと、「はじめは半信半疑だったが、乗ってみると自然なアシストが快適だった」という意見や、「車体重量15kgは重いかと思ったけど、それほど感じなかった。しっかり坂で試してみたい」、「意外と“あり”」などと、おおむね良好な反応が寄せられた。女性による試乗も相次いでおり、スポーツバイクを始めてみたいけれど体力に自信がないという人のニーズにも「YPJ-R」は新たな選択肢となるようだ。

電動アシスト付きロードバイク「YPJ-R」(ブラック / ブルー) Photo: Kyoko GOTO電動アシスト付きロードバイク「YPJ-R」(ブラック / ブルー) Photo: Kyoko GOTO
電動アシスト付きロードバイク「YPJ-R」(ブラック / ブルー) Photo: Kyoko GOTO電動アシスト付きロードバイク「YPJ-R」(ブラック / ブルー) Photo: Kyoko GOTO
電動アシスト付きロードバイク「YPJ-R」(トリコロール) Photo: Kyoko GOTO電動アシスト付きロードバイク「YPJ-R」(トリコロール) Photo: Kyoko GOTO

「なかなか好評」と手応え

案内員に向かって質問が矢のように飛んだ Photo: Kyoko GOTO案内員に向かって質問が矢のように飛んだ Photo: Kyoko GOTO

 ヤマハも試乗後の感想についてアンケートを実施しており、同社広報担当の千賀由利子さんによると「発表後の反響は賛否両論だったが、きょう実際に試乗した方からはなかなか好評を得ている」と、滑り出しに手応えを感じているようだ。

 従来のストイックなサイクリストを「非ターゲット」とするYPJシリーズ。新感覚のスポーツバイクが新たな市場を切り開こうとしている。

電動アシスト機構を搭載するヤマハ「YPJ-R」は12月発売。サイクリング初心者にとって新たな選択肢となりそうだ Photo: Kyoko GOTO電動アシスト機構を搭載するヤマハ「YPJ-R」は12月発売。サイクリング初心者にとって新たな選択肢となりそうだ Photo: Kyoko GOTO

関連記事

この記事のタグ

e-BIKE サイクルモード2015 ヤマハ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載