熱狂の都市型オフロードレース暗闇を切り裂くライダーたちの疾風 「スターライトクロス」C1は小坂光が制覇

  • 一覧

 シクロクロスと、マウンテンバイクのクロスカントリーエリミネーター(XCE)を中心とする都市型オフロードイベント「弱虫ペダルSTARLIGHT CROSS in CYCLE MODE」(スターライトクロス)が11月7日、千葉市の幕張海浜公園で開幕。トップカテゴリーのシクロクロスC1(日本シクロクロス主催者協会=AJOCC公式戦)は小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム)が優勝した。主要カテゴリーが日没後に行われるエキサイティングな大会で、今年は人気漫画・アニメ「弱虫ペダル」とのコラボレーションを強め、いっそうエンターテインメント性が高まった。大会は8日も行われる。

レース前半にデッドヒートを繰り広げる小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム)と前田公平(弱虫ペダルシクロクロスチーム) Photo: Ikki YONEYAMAレース前半にデッドヒートを繰り広げる小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム)と前田公平(弱虫ペダルシクロクロスチーム) Photo: Ikki YONEYAMA

渡辺航先生も大活躍

 スターライトクロスは昨年大会(スターライト幕張)に続き2度目の開催。東京・お台場海浜公園で2月に行われる「シクロクロス東京」を主催するチャンピオンシステム・ジャパンが、そのノウハウを生かして企画したイベントで、東京都心からアクセスのよい幕張新都心で本格的なオフロードレースが展開される。

「弱虫ペダル」作者の渡辺航さんは、この日も大勢のファンと語り合った Photo: Yoshiyuki KOZUKE「弱虫ペダル」作者の渡辺航さんは、この日も大勢のファンと語り合った Photo: Yoshiyuki KOZUKE
渡辺航先生と一緒に走る「弱虫ペダル シクロクロスライド」がスタート Photo: Ikki YONEYAMA渡辺航先生と一緒に走る「弱虫ペダル シクロクロスライド」がスタート Photo: Ikki YONEYAMA

 また、ここ数年、シクロクロス界の盛り上げに大きく寄与している「弱虫ペダル」作者の渡辺航さんが全面的に協力し、今年は弱虫ペダルの名を冠した大会に。漫画やアニメから自転車を好きになったファンが大勢駆けつけたほか、渡辺先生と一緒にコースを走るファンライドイベント「弱虫ペダル シクロクロスライド」も催され、大勢のファンやライダーたちが楽しいひと時を過ごした。

レースのコースの一部を使って、初心者も楽しく走った「弱虫ペダル シクロクロスライド」 Photo: Ikki YONEYAMAレースのコースの一部を使って、初心者も楽しく走った「弱虫ペダル シクロクロスライド」 Photo: Ikki YONEYAMA

フリーダムな雰囲気を楽しむギャラリー Photo: Yoshiyuki KOZUKEフリーダムな雰囲気を楽しむギャラリー Photo: Yoshiyuki KOZUKE
レース前、リラックスして語らう選手たち Photo: Yoshiyuki KOZUKEレース前、リラックスして語らう選手たち Photo: Yoshiyuki KOZUKE
聴覚障害者によるチーム「Deaf JAPAN」の選手たちも出場した Photo: Yoshiyuki KOZUKE聴覚障害者によるチーム「Deaf JAPAN」の選手たちも出場した Photo: Yoshiyuki KOZUKE

圧倒的な強さを見せた小坂

シクロクロスのトップカテゴリーC1のレースに召集された選手たち Photo: Yoshiyuki KOZUKEシクロクロスのトップカテゴリーC1のレースに召集された選手たち Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 大会初日のラストを飾るメーンレースとして行われたのが、男子の国内トップレーサーが競うシクロクロスC1のレースだ。1周約2.6kmのコースを使い、60分(10周)で争われた。渡辺航さんによる号砲とともに一斉に選手が暗闇に向かって走り出した。

一斉にスタートするC1の選手たち Photo: Ikki YONEYAMA一斉にスタートするC1の選手たち Photo: Ikki YONEYAMA

 レースは1周目から小坂と前田公平(弱虫ペダルシクロクロスチーム)の2人が抜け出す展開に。前半は先頭を入れ替えながら、後続を大きく引き離した。3番手は単独で中原義貴(弱虫ペダルシクロクロスチーム)、これを追って山田将輝(PAX PROJECT)、竹内遼(WESTBERG/ProRide)らが続く。

1周目から先頭は小坂と前田のマッチレースに Photo: Ikki YONEYAMA1周目から先頭は小坂と前田のマッチレースに Photo: Ikki YONEYAMA
公園内のアップダウンを利用して変化に富んだコースが作られた Photo: Ikki YONEYAMA公園内のアップダウンを利用して変化に富んだコースが作られた Photo: Ikki YONEYAMA
コースには各所に「弱虫ペダル」のキャラクターにちなんだ名称が付けられた Photo: Ikki YONEYAMAコースには各所に「弱虫ペダル」のキャラクターにちなんだ名称が付けられた Photo: Ikki YONEYAMA
先頭を入れ替えながら進む小坂と前田の2人 Photo: Ikki YONEYAMA先頭を入れ替えながら進む小坂と前田の2人 Photo: Ikki YONEYAMA

 先頭争いに変化が訪れたのは、レース後半に入った6周目。小坂がペースを上げると、前田がたまらずじわじわと遅れ始める。「(激坂の)押し区間が遅かった」と反省する前田。一方、小坂は周回遅れの選手も問題にせずハイペースを保ち続け、最終的には前田に約1分の差を付けて優勝した。

レース後半の6周目、小坂が徐々に前田を引き離す Photo: Ikki YONEYAMAレース後半の6周目、小坂が徐々に前田を引き離す Photo: Ikki YONEYAMA
険しい表情で徐々に遅れ始めた前田 Photo: Ikki YONEYAMA険しい表情で徐々に遅れ始めた前田 Photo: Ikki YONEYAMA
単独先頭で最終周回に入った小坂 Photo: Ikki YONEYAMA単独先頭で最終周回に入った小坂 Photo: Ikki YONEYAMA
独走で開幕6連勝を飾った小坂 Photo: Ikki YONEYAMA独走で開幕6連勝を飾った小坂 Photo: Ikki YONEYAMA

 2位は前田、3位争いは後半に竹内が中原を追い込んだが、ゴール前で中原が竹内を振り切った。弱虫ペダルシクロクロスチームが2、3位と表彰台の両脇を占めた。

 これで小坂は今季、国内シクロクロスシリーズで開幕6連勝。「後ろを走っていた方が前も明るく、有利なところがあったので」と、序盤は様子を見ながら走ったという。後半にペースを上げたところ、前田がついていけず、そのまま一気に勝負を決めた。今年はオフにウエイトトレーニングに重点を置いてパワーアップ。「全部が速い」(前田)とライバルが舌を巻くほど圧倒的な強さを発揮している。

 現在は若干調子を落とし気味という小坂だが、「このあとUCI(国際自転車競技連合)公認レース、全日本選手権と大事なレースがあるので、そこに向けてもう一段調子を上げたい」と今後に向けての意気込みを語った。

C1表彰式。(左から)2位の前田、優勝の小坂、3位の中原 Photo: Ikki YONEYAMAC1表彰式。(左から)2位の前田、優勝の小坂、3位の中原 Photo: Ikki YONEYAMA
上位3人によるビールファイト! Photo: Ikki YONEYAMA上位3人によるビールファイト! Photo: Ikki YONEYAMA
渡辺先生を交えて記念撮影 Photo: Ikki YONEYAMA渡辺先生を交えて記念撮影 Photo: Ikki YONEYAMA
CL1表彰式。(左から)2位の與那嶺、優勝の今井、3位の坂口 Photo: Ikki YONEYAMACL1表彰式。(左から)2位の與那嶺、優勝の今井、3位の坂口 Photo: Ikki YONEYAMA

勝ち抜き制のXCEは澤木が優勝

XCEプロ決勝のスタート Photo: Ikki YONEYAMAXCEプロ決勝のスタート Photo: Ikki YONEYAMA

 XCEは、全長1.07kmのコースを使用し、各レースの上位3人ずつが勝ち上がっていくスプリントレース。4組の1回戦、2組の準決勝を勝ち抜いて、決勝レースを走ることができるのは6人。各レースで上位に入りつつ決勝にも力を残すという、瞬発力と戦略性が求められるレースだ。

 XCEは一般とプロの2カテゴリーが行われ、プロの決勝に残ったのは門田基志(TEAM GIANT)、小笠原崇裕(THE BIKE JOURNAL)ら名だたる強豪。これを打ち破り、ゴールを奪い取ったのは澤木紀雄(GIANT/MET/T-SERV.)だった。

XCEプロ決勝、澤木紀雄(GIANT/MET/T-SERV.)が優勝 Photo: Ikki YONEYAMAXCEプロ決勝、澤木紀雄(GIANT/MET/T-SERV.)が優勝 Photo: Ikki YONEYAMA
XCEプロ表彰。(左から)2位の小笠原、優勝の澤木、3位の門田 Photo: Ikki YONEYAMAXCEプロ表彰。(左から)2位の小笠原、優勝の澤木、3位の門田 Photo: Ikki YONEYAMA

DJ、ビール…お祭りの雰囲気

会場を盛り上げたDJブース Photo: Yoshiyuki KOZUKE会場を盛り上げたDJブース Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 大会会場では終日、DJブースからノリのいいハウスミュージックが流され、MCによるレース実況もあいまって熱気と興奮に包まれた。また、シクロクロス観戦では必須ともいえるビールも多数の銘柄が用意され、シクロクロスの本場ヨーロッパのようにビール片手に観戦をエンジョイするファンや選手の姿も多く見られた。

シクロクロス観戦といえばビール。会場では数多くの銘柄を楽しめる Photo: Yoshiyuki KOZUKEシクロクロス観戦といえばビール。会場では数多くの銘柄を楽しめる Photo: Yoshiyuki KOZUKE
女子のレース(CL1)を2位で終えた與那嶺恵理(サクソバンク FX証券)は、ビール片手にナイトレースを観戦 Photo: Yoshiyuki KOZUKE女子のレース(CL1)を2位で終えた與那嶺恵理(サクソバンク FX証券)は、ビール片手にナイトレースを観戦 Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 コースサイドのさまざまなポジションから観戦しやすいこともスターライトクロスの魅力だ。全力ダッシュが見られるスタート直後や、スピードが乗る直線部分、パワーとテクニックを試されるアップダウンやシケイン、そして勝敗が決する最終ストレートなど、ギャラリーは思い思いの場所へと移動しながらレースを楽しんだ。

ナイトレースの会場は光線に浮かび上がって独特の雰囲気 Photo: Yoshiyuki KOZUKEナイトレースの会場は光線に浮かび上がって独特の雰囲気 Photo: Yoshiyuki KOZUKE
体を温めるホットコーヒーも大人気 Photo: Yoshiyuki KOZUKE体を温めるホットコーヒーも大人気 Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 会場ではスポーツバイク関連ブランドのブースが立ち並び、シクロクロスバイクを中心にオフロード系のさまざまなバイクやパーツ、アクセサリーが展示された。フードやドリンクのブースやキッチンカーも多数出店し、会場全体がお祭りのような雰囲気に包まれた。

出展ブースでは、最新スペックのシクロクロスバイクが展示された Photo: Yoshiyuki KOZUKE出展ブースでは、最新スペックのシクロクロスバイクが展示された Photo: Yoshiyuki KOZUKE
選手とサポート、ファンが一体となって楽しむのもオフロードレースの醍醐味だ Photo: Yoshiyuki KOZUKE選手とサポート、ファンが一体となって楽しむのもオフロードレースの醍醐味だ Photo: Yoshiyuki KOZUKE
出展ブースのテントでは、サイクルモードでは見られないブランドのバイクがズラリと並んだ Photo: Yoshiyuki KOZUKE出展ブースのテントでは、サイクルモードでは見られないブランドのバイクがズラリと並んだ Photo: Yoshiyuki KOZUKE

シクロクロスC1 結果(26km)
1 小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム) 1時間01分03秒
2 前田公平(弱虫ペダル シクロクロスチーム) +58秒
3 中原義貴(弱虫ペダル シクロクロスチーム) +1分41秒
4 竹内遼(WESTBERG/ProRide) +1分42秒
5 山田将輝(PAX PROJECT) +2分45秒
6 斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT) +3分31秒
7 丸山厚(BOMA RACING) +3分37秒
8 鈴木禄徳(PAX PROJECT) +3分59秒
9 鬼形博之(OCi) +4分01秒
10 宮津旭(PAX PROJECT) +4分15秒

XCEプロ ファイナル 結果
1 澤木紀雄(GIANT/MET/T-SERV.)
2 小笠原崇裕(THE BIKE JOURNAL)
3 門田基志(TEAM GIANT)
4 宇津孝太郎(カメクリコロッケ小川輪業)
5 詫間啓耀(KhodaaBloom)
6 松田賢太郎(Cyclery KIRIN / KMC /iPla)

シクロクロスCL1 結果(15.6km)
1 今井美穂(CycleClub.jp) 41分29秒
2 與那嶺恵理(サクソバンク FX証券) +20秒
3 坂口聖香(パナソニックレディース) +38秒
4 武田和佳(Liv) +39秒
5 豊岡英子(パナソニックレディース) +3分51秒
6 祖野田静香(club grow) +4分06秒

人気漫画・アニメ「弱虫ペダル」とのコラボレーションで会場はいっそう盛り上がった Photo: Yoshiyuki KOZUKE人気漫画・アニメ「弱虫ペダル」とのコラボレーションで会場はいっそう盛り上がった Photo: Yoshiyuki KOZUKE

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2015 シクロクロス チャンピオンシステム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載