サイクルモード 2015ブルックス、アソス、レザインなど、ブランドごとの世界観を表現 ダイアテックプロダクツ

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 千葉・幕張メッセで11月8日まで開催中の「サイクルモードインターナショナル2015」でダイアテックプロダクツは、同社が展開するBROOKS(ブルックス)、ASSOS(アソス)、ROTOR(ローター)、LEZYNE(レザイン)など、数多くのブランドをそれぞれコーナーにまとめ、個々のブランドの世界観と機能をアピールしている。

数多くのブランドを取り扱うダイアテックプロダクツのブース Photo: Ikki YONEYAMA数多くのブランドを取り扱うダイアテックプロダクツのブース Photo: Ikki YONEYAMA

最新ライトを一堂に比較

強力なライトが並ぶレザイン Photo: Ikki YONEYAMA強力なライトが並ぶレザイン Photo: Ikki YONEYAMA

 レザインのコーナーでは、豊富なライトのラインナップを一堂に展示。1500ルーメンの「DECA DRIVE1500 XXL」を筆頭に、明るさや大きさなど何段階にも分かれる製品群を、それぞれ動作させながら見比べることができる。高い防水性や信頼性についてもアピール。ライトだけでなく、スタイルと機能性を兼ね備えたフロアポンプもラインナップしている。

 同じくライトが中心となるKNOG(ノグ)は、シリコン素材を採用した、ポップで作り込まれたデザインが目を引く製品展開。最新モデルでは同じ明るさでも照射角度にバリエーションを付けることで用途を分ける提案がなされている。

レザインの防水性能をアピールするために、なんと水槽にライトを入れてしまった Photo: Ikki YONEYAMAレザインの防水性能をアピールするために、なんと水槽にライトを入れてしまった Photo: Ikki YONEYAMA
スタイリッシュなレザインのフロアポンプ Photo: Ikki YONEYAMAスタイリッシュなレザインのフロアポンプ Photo: Ikki YONEYAMA
ポップで使いやすいライトが並ぶノグのコーナー Photo: Ikki YONEYAMAポップで使いやすいライトが並ぶノグのコーナー Photo: Ikki YONEYAMA
ローターのコーナーでは楕円形のQ-RINGSの乗り味を体験できる Photo: Ikki YONEYAMAローターのコーナーでは楕円形のQ-RINGSの乗り味を体験できる Photo: Ikki YONEYAMA

アソスの“裏側”に迫る

 ウェアブランドのアソスのコーナーでは、最高級と謳われるサイクリングショーツを“裏返し”で展示。外側から見るととにかくシンプルなアソスのショーツだが、パッドなどの裏側には、驚くほどの技術と工夫が詰め込まれており、普段は隠された部分にスポットを当ててPRしている。

ショーツを逆さまに、さらに裏返して展示するアソスのコーナー。最新パッドに注ぎ込まれたテクノロジーを見ると、安くない価格にも納得させられてしまう Photo: Ikki YONEYAMAショーツを逆さまに、さらに裏返して展示するアソスのコーナー。最新パッドに注ぎ込まれたテクノロジーを見ると、安くない価格にも納得させられてしまう Photo: Ikki YONEYAMA

 いくつもの素材を適材適所に組み合わせたパッドは、ショーツ本体へ取り付ける際に全部を縫い付けず、ポイントで縫い付けたり別の布地を介することで、最上級の座り心地を実現している。ショーツ本体も高性能な素材を組み合わて作られており、身体にあたる縫い目も極限まで減らされている。

切断できないロック

ロック切断にチャレンジ! Photo: Ikki YONEYAMAロック切断にチャレンジ! Photo: Ikki YONEYAMA

 ドイツ発の「ABUS」(アブス)は、ロックの分野では欧州のメジャーブランドだ。展示では、アブスの最高級U字ロックの切断に挑戦できるコーナーが設けられた。通常のワイヤーロックは簡単に切断できるが、アブスのロックには文字通り「歯が立たない」ことが実感できる。

大型カッターを使っても歯が立たない。右は一般的なワイヤーロックのワイヤーで、簡単に切断できる Photo: Ikki YONEYAMA大型カッターを使っても歯が立たない。右は一般的なワイヤーロックのワイヤーで、簡単に切断できる Photo: Ikki YONEYAMA
アブスは欧州トップを誇るロックメーカー。幅広いラインナップを誇る Photo: Ikki YONEYAMAアブスは欧州トップを誇るロックメーカー。幅広いラインナップを誇る Photo: Ikki YONEYAMA

革サドルが似合う世界観を表現

 創業140年と革サドルで長年の実績と知名度をもつブルックスのコーナーでは、サドルをはじめとして、世界観を共有するバッグやポーチなどの革製品、またコラボグッズなどが並ぶ。サドルでは伝統的な革製サドルだけでなく、こちらも特徴的なゴムベースのサドル「カンビウム」シリーズを近年展開。カンビウムはカーボンレールの軽量バージョンが新たにリリースされた。

レーサータイプとは異なる世界観を築くブルックス Photo: Ikki YONEYAMAレーサータイプとは異なる世界観を築くブルックス Photo: Ikki YONEYAMA
変わらない製法で作り続けられるブルックスの革サドル Photo: Ikki YONEYAMA変わらない製法で作り続けられるブルックスの革サドル Photo: Ikki YONEYAMA
レザー加工技術を生かした小物も多くラインナップされる Photo: Ikki YONEYAMAレザー加工技術を生かした小物も多くラインナップされる Photo: Ikki YONEYAMA
ブルックスはバッグも人気だ Photo: Ikki YONEYAMAブルックスはバッグも人気だ Photo: Ikki YONEYAMA

 また、旅をテーマとするバイクブランド「BRUNO」(ブルーノ)の自転車も、ブルックス製品と組み合わせて展示される。このほか、自転車と一緒の時間を楽しむための、ファッション性の高いカジュアルサイクルウェア「PEdAL ED」(ペダレッド)のコーナーなどが設けられている。

極上の乗り心地を実現するゴムベースの「カンビウム」シリーズ Photo: Ikki YONEYAMA極上の乗り心地を実現するゴムベースの「カンビウム」シリーズ Photo: Ikki YONEYAMA
ブルーノは街に溶け込む小径車を中心にラインナップする Photo: Ikki YONEYAMAブルーノは街に溶け込む小径車を中心にラインナップする Photo: Ikki YONEYAMA
ペダレッドは日本でデザインし、日本とイタリアで生産、グローバルに販売展開する Photo: Ikki YONEYAMAペダレッドは日本でデザインし、日本とイタリアで生産、グローバルに販売展開する Photo: Ikki YONEYAMA
MOOTS(ムーツ)は米国コロラドのハンドメード・チタンバイクブランド Photo: Ikki YONEYAMAMOOTS(ムーツ)は米国コロラドのハンドメード・チタンバイクブランド Photo: Ikki YONEYAMA

関連記事

この記事のタグ

アソス アブス サイクルモード2015 ノグ ブルーノ ブルックス レザイン ローター

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載