日没後のロングライドには600ルーメンレザインのコンパクトなライト2モデルをテスト 市街地ライドには300ルーメンで十分

  • 一覧

 LEZYNE(レザイン)の最新ライトのインプレッション、前回は1500ルーメンというメガ粒子砲級に明るいモデル「DECA DRIVE1500 XXL」を試しました。今回は続編として、「HECTO DRIVE 300XL」(300ルーメン)と「MACRO DRIVE 600XL」(600ルーメン)という中間グレードのインプレッションをお届けします。

300ルーメンの「HECTO DRIVE 300XL」(左)と、600ルーメンの「MACRO DRIVE 600XL」(右)をテスト Photo: Junji NAKAYAMA300ルーメンの「HECTO DRIVE 300XL」(左)と、600ルーメンの「MACRO DRIVE 600XL」(右)をテスト Photo: Junji NAKAYAMA

<インプレ・上> 1500ルーメンは車のヘッドライト並の明るさ!

300ルーメンでも「かなり明るい」

 ふだんは(別メーカーの)300ルーメンのライトを愛用していたので、HECTO DRIVE 300XLの性能はなんとなく想像がつきます。ちなみに300ルーメンは自転車ライトの中ではかなり明るい部類に入りまして、街中や住宅街で光量不足を感じたことはありません。さすがに真っ暗闇の荒川サイクリングロードは心細かったですが、ゆっくり走れば問題ないレベルでした。

HECTO DRIVE 300XLは、取り付け場所を選ばないコンパクトさ Photo: Junji NAKAYAMAHECTO DRIVE 300XLは、取り付け場所を選ばないコンパクトさ Photo: Junji NAKAYAMA
LEDは1つでも、300ルーメンと明るいです Photo: Junji NAKAYAMALEDは1つでも、300ルーメンと明るいです Photo: Junji NAKAYAMA

 600ルーメンは単純に2倍なので、MACRO DRIVE 600XLはメガ粒子砲とまではいかずとも、ビームライフルくらいの威力を発揮するのではないでしょうか。

MACRO DRIVE 600XLは、高級感溢れるボディー Photo: Junji NAKAYAMAMACRO DRIVE 600XLは、高級感溢れるボディー Photo: Junji NAKAYAMA
iPhone 6S と同じ重さ=たいした重量ではありません Photo: Junji NAKAYAMAiPhone 6S と同じ重さ=たいした重量ではありません Photo: Junji NAKAYAMA

充電用ケーブルが不要 HECTO DRIVE 300XL

 HECTO DRIVE 300XLは重さ81グラム。コンパクトで軽く、ハンドル操作のジャマになりません。シルバーのボディは高級感がありますね。日常で使用するなら、これくらいのサイズが便利。MAXの300ルーメンだと持続時間は1時間ですが、50ルーメンに落として点滅させると10時間。照射時間を重視するなら、15ルーメンまで落として18時間使うことも可能。明るさと点灯モードは7パターンから選べます。

バンドの尺が短く見えますが、ハンドルバーへの装着は問題なし Photo: Junji NAKAYAMAバンドの尺が短く見えますが、ハンドルバーへの装着は問題なし Photo: Junji NAKAYAMA
充電口は後ろ側。ごついカバーが付いています Photo: Junji NAKAYAMA充電口は後ろ側。ごついカバーが付いています Photo: Junji NAKAYAMA

 シリコンバンドで留めるタイプで固定力はかなり強力。ただ、バーテープの上からは巻けません。秀逸だと思ったのが充電方法。USB経由で接続するタイプなのですが、キャップを外すと差込口が現れるのでパソコン等にそのまま挿し込むだけ。

 ケーブルが不要なのはすごく助かるんです。出先にいちいち持ち歩く必要がないですし、ケーブルってちょくちょく紛失してしまうんですよね。ライト単体だけで充電できるって、すごくポイントが高いです。なお、キャップの固定力はしっかりしているので、走行中に外れて飛んでしまう心配は無用です。

ケーブル要らずの充電方式は便利です Photo: Junji NAKAYAMAケーブル要らずの充電方式は便利です Photo: Junji NAKAYAMA
バンド全体でハンドルに強力に固定できます Photo: Junji NAKAYAMAバンド全体でハンドルに強力に固定できます Photo: Junji NAKAYAMA

iPhone 6Sとほぼ同じ重さ MACRO DRIVE 600XL

 MACRO DRIVE 600XLは倍の600ルーメンで、サイズは1.5倍強ほどあります。142グラムという重さはiPhone 6s(143グラム)とほぼ同じ。けっして軽くはないけれど、自転車に取り付けてしまえば気になりません。「HECTO DRIVE 300XL」と「DECA DRIVE1500 XXL」のちょうど中間のサイズと性能といったところです。夕方~夜間に川沿いを走るとか、峠越えの途中で長いトンネルを抜けねばならないときは300ルーメンだと物足りないので、600ルーメンあると助かります。

バンドとホルダーでしっかり固定。たいていのハンドルバーに付けられるはず Photo: Junji NAKAYAMAバンドとホルダーでしっかり固定。たいていのハンドルバーに付けられるはず Photo: Junji NAKAYAMA
シリコンカバーがガッチリと充電口の蓋をしています Photo: Junji NAKAYAMAシリコンカバーがガッチリと充電口の蓋をしています Photo: Junji NAKAYAMA

 充電にはケーブルを使います。逆にこのサイズでUSB差し込みタイプだと、自重で端子が折れてしまいそうな気がするので、むしろケーブルでいいでしょう。「DECA DRIVE1500 XXL」と変わらないくらいガッチリしたシリコンの蓋を外すと、奥の方にマイクロUSBの差込口が見えます。

カバーを指でつまんで、エイヤッと引っ張ります Photo: Junji NAKAYAMAカバーを指でつまんで、エイヤッと引っ張ります Photo: Junji NAKAYAMA
防水性を考えて設計された、充電端子を奥に追い込んだ構造 Photo: Junji NAKAYAMA防水性を考えて設計された、充電端子を奥に追い込んだ構造 Photo: Junji NAKAYAMA

 両方のライトに共通することですが、充電中なのか満充電なのかが5m先からでもひと目で分かるのが素晴らしい。ボディー上部のボタンがインジケーターランプを兼ねていて、充電中はグリーンの点滅が繰り返され、完了すると点灯になります。しかも、昼間の蛍光灯の下でも明るく光るので、手のひらでライトを覆って暗がりをつくって、「充電は完了しているのか…? まだっぽいな…」とはなりません。さらに。両方とも耐水性能(IPX7等級)を持っています。とても実用性が高いです。

 ということで、2つのライトを夜道で検証してきました。

300ルーメンでこの明るさ Photo: Junji NAKAYAMA300ルーメンでこの明るさ Photo: Junji NAKAYAMA
SWATの捜査でも使えそうな気がしてくる600ルーメン Photo: Junji NAKAYAMASWATの捜査でも使えそうな気がしてくる600ルーメン Photo: Junji NAKAYAMA

300ルーメンは必要にして十分な明るさ

 街中であれば、300ルーメンで満足できます。明るすぎず、暗すぎず、ちょうどいいバランスの性能でしょう。市街地での使用がメーンであれば、HECTO DRIVE 300XLでファイナルアンサーと言い切ってもいいくらい。撮影者(妻)に言わせても、「車のヘッドライトほど眩しくないので、自転車(or オートバイ)だとすぐ認識できる。でも存在感は十分に伝わるから見落とすことはない」とのこと。

真っ暗な住宅街だと、よく目立ちます Photo: Junji NAKAYAMA真っ暗な住宅街だと、よく目立ちます Photo: Junji NAKAYAMA
なんの不安もなく運転できます Photo: Junji NAKAYAMAなんの不安もなく運転できます Photo: Junji NAKAYAMA

 交通量が多くて明るい県道、人通りの少ない暗めの住宅街でそれぞれ撮影してみました。照射面積は広くはないものの、明るさは文句なし。点滅モードも試してみましたが、個人的に好きなのは点滅の間隔が短いパターン。ロードバイクのスピードだと、ゆっくりすぎる点滅ではクルマに認識されにくい印象があります。

車も歩行者も、遠目からでも認識してくれます。県道では300ルーメンがベストな明るさじゃないでしょうか Photo: Junji NAKAYAMA車も歩行者も、遠目からでも認識してくれます。県道では300ルーメンがベストな明るさじゃないでしょうか Photo: Junji NAKAYAMA

市街地で600ルーメンはやや明るすぎ

600ルーメンはオートバイに間違えそうなほど明るいです。やや下向きに照射し、周囲の目潰しにならないよう気をつけましょう Photo: Junji NAKAYAMA600ルーメンはオートバイに間違えそうなほど明るいです。やや下向きに照射し、周囲の目潰しにならないよう気をつけましょう Photo: Junji NAKAYAMA

 2つのライトを代わる代わるオン・オフしながら試してわかったのですが、600ルーメンだからといって、「目に見えて2倍明るい!」というわけではないですね。感覚的な言い方になりますが、印象では1.5倍…くらいの差でしょうか。とはいえ、1.5倍違うと、照射距離は伸びるし、安心感は違います。それはハッキリとわかります。

 妻によれば、「どっちも明るいけど、MACRO DRIVE 600XLは“車のヘッドライト1個に匹敵する”明るさで、オートバイと見間違えそう」とのこと。私も走っていて、「県道で600ルーメンは明るすぎるかな」と気になるほどでした。都内のような交通量の多い場所なら250ルーメンまで落とすくらいでちょうどよいと思います。

こちらが300ルーメン Photo: Junji NAKAYAMAこちらが300ルーメン Photo: Junji NAKAYAMA
600ルーメンは放出するパワーが一段高い印象です Photo: Junji NAKAYAMA600ルーメンは放出するパワーが一段高い印象です Photo: Junji NAKAYAMA

運転中の操作がしやすいボタン配置

 今回試したHECTO DRIVE 300XL、MACRO DRIVE 600XL、DECA DRIVE1500 XXL のすべてライトに共通することですが、ライト本体の真上&ど真ん中にスイッチ(兼インジケーター)があるのは使いやすいことに気付きました。

電源ボタンが本体ど真ん中にあるので、認識しやすいし、押しやすい。インジケーターを兼ねていて、緑色に光る Photo: Junji NAKAYAMA電源ボタンが本体ど真ん中にあるので、認識しやすいし、押しやすい。インジケーターを兼ねていて、緑色に光る Photo: Junji NAKAYAMA

 まずモード切替がしやすい。ライトによっては、スイッチが本体側面にあったり、手探りで探さないとわからない場所にあったります。停車しないとボタン操作ができなかったライトも過去にはありました。私は環境に合わせて明るさやモードをこまめに切り替えるタイプなので、わかりやすい場所にボタンがあるのは実用性が高いと思いました。

 さらにインジケーターを兼ねるボタンそのものが光るので、暗闇の中でも視線は前方に送ったまま、迷わずに一瞬で操作できます。よって、操作時間が少なくて済み、運転に集中できるのです。よく考えて設計されているなぁと感心しました。

走るシーンに応じて使い分けよう

 LEZYNEの3つのライトをインプレッションしてみた結論ですが、市街地であれば300ルーメンでOK。街灯が届きにくい、暗めのサイクリングロードであればプラスアルファの400~600ルーメン。真っ暗闇のトンネルや本格的ブルベであれば600ルーメン以上あると安心できると思いました。

ちょっと明るめの市街地 Photo: Junji NAKAYAMAちょっと明るめの市街地 Photo: Junji NAKAYAMA
逆光でも、ひと目で認識できるほどの灯り Photo: Junji NAKAYAMA逆光でも、ひと目で認識できるほどの灯り Photo: Junji NAKAYAMA
一般的な夜道なら、300ルーメンがベストバランス Photo: Junji NAKAYAMA一般的な夜道なら、300ルーメンがベストバランス Photo: Junji NAKAYAMA
いざというときの保険として、600ルーメンも捨てがたい Photo: Junji NAKAYAMAいざというときの保険として、600ルーメンも捨てがたい Photo: Junji NAKAYAMA

 個人的には、HECTO DRIVE 300XLを通勤用にし、帰宅が日没後になるロングライドにはMACRO DRIVE 600XLの2本体制で使い分けたいですね。DECA DRIVE1500 XXLの性能が必要になることは私の日常ではあまりないですが、年に数回ある「漆黒の荒川サイクリングロードを走らねばならないとき」は重宝すると思います。

 利用シーンに合わせて使い分けるのが理想でしょうが、もしもこの中から1台だけ選べと言われたら…私はオールマイティなMACRO DRIVE 600XLを選ぶ気がします。

中山 順司中山 順司(なかやま・じゅんじ)

ロードバイクをこよなく愛するアラフォーブロガー。ブログ「サイクルガジェット」を運営。”徹底的&圧倒的なユーザー目線で情熱的に情報発信する”ことがモットー。ローディーの方はもちろん、これからロードバイクを始めようかとお考えの方が、「こんなコンテンツを読みたかった!」とヒザを打って喜ぶ記事をつくります。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ライト|サイクルアクセサリー商品一覧

サイクルアクセサリー ライト レザイン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載