バイクインプレッション2015「GIANT TCR 0」 扱いやすくコストパフォーマンスに優れた入門機に最適なアルミロード

  • 一覧

 業界を牽引する世界最大の自転車メーカー、ジャイアント。2016モデルとしてフルモデルチェンジを果たしたTCRカーボンシリーズの流れをくむ、「ALUXX-SL」アルミ素材を採用したTCRはレース入門機として注目だ。軽量なアルミフレームと、シマノ・105のセットは、どのブランドも力を入れ、ライバルの多い価格帯だが、レース機材として存分に名を馳せるTCRらしい高性能な走りを、この価格とこのスペックで楽しめるのは、このブランドの強みだ。

GIANT TCR 0(ジャイアント TCR 0) Photo: Masami SATOUGIANT TCR 0(ジャイアント TCR 0) Photo: Masami SATOU

GIANT TCR 0(ジャイアント TCR 0)
価格:140,000円(完成車、税抜)
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、535(ML)
カラー:マットブラック、ブルー
問い合わせ先:ジャイアント http://www.giant.co.jp/

スペック

フレーム:ALUXX SL-Grade Aluminum OLD130mm
フォーク:Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive コラム
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ・105 50×34T、11-28T(11s)
ホイール:GIANT P-R2(リム)+FORMULA Cartridge Bearing(ハブ)
重量:8.35kg(Mサイズ、実測値)

アルミコラム採用のカーボンストレートフォークは、エアロ効果が高そうな扁平で縦に薄い形状となっている。マットブラックの落ち着いたカラーリングは質感も好印象 Photo: Masami SATOUアルミコラム採用のカーボンストレートフォークは、エアロ効果が高そうな扁平で縦に薄い形状となっている。マットブラックの落ち着いたカラーリングは質感も好印象 Photo: Masami SATOU
角断面のダウンチューブを採用するアルミ素材のフレーム Photo: Masami SATOU角断面のダウンチューブを採用するアルミ素材のフレーム Photo: Masami SATOU
リアセンターが詰められ、シートチューブには、リアホイールのクリアランスを稼ぐように潰し加工が施されている Photo: Masami SATOUリアセンターが詰められ、シートチューブには、リアホイールのクリアランスを稼ぐように潰し加工が施されている Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 TCRシリーズは“コンパクト・ロード”という現在主流のロードバイクの方向性を見出したジャイアントの代表モデル。アルミ素材のTCR 0はシマノ・105コンポーネントをメーンに組んだ完成車だけど、この価格でまとめ上げてしまうのがジャイアントのすごいところだ。

松尾 ホントですね。おそらくこの価格帯のバイクを買う人はロードバイクを初めて買う人も多いと思います。このTCRについてはツーリングやロングライドでも不満に思うことはないでしょう。装着されているギヤもワイドなので比較的ラクに坂道もクリアできると思います。

米山 11-28Tのスプロケットまで105グレードだね。ただブレーキ本体は、意図してかどうかわからないけど、ややプアーな印象。レースに出たり長い峠を下ったりとか、より本格的に走るのであればブレーキは早めに交換したい。不意にロックさせてしまうことがないという意味ではロードバイク初心者には良いと思う。

松尾 ええ、ブレーキだけは前時代的な剛性感なので、105に合わせて最初に変えたらさらにライドが楽になると思います。

米山 乗り味は王道で走りやすいバイク。重量は価格帯の高いモデルに比べるとそれなりにあるが、リズムを合わせれば気持ち良く走る。乗り心地も良く、硬すぎないのがいい。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 アルミですがシャキシャキとした剛性感ではなく、誰にでも扱いやすい硬さになっていましたね。初速のもっさり感はホイールを変えると良くなりそうです。上り坂ではダンシングよりシッティングでくるくる回すペダリングがあっています。下りはフレームとフォークの前後バランスが良いので安定感は高いですね。

米山 とても良くまとまっているよね。このまま乗っても十分楽しめるけれど、趣味としてハマってもパーツ類でかなり軽量化の余地があるので、徐々にカスタマイズしていくのも楽しいと思う。

松尾 振動吸収性も、タイヤを太めの25Cに変えるなど工夫をすれば振動を軽減できるかも。乗りながら、変えながら楽しめます。軽量フレームなので、一昔前の入門用ロードバイクにありがちなずっしり感はありません。乗ってみてもハンドリングはニュートラル、進み方も自然でクセがないので、ロードバイクの基本を学べますね。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

10~15万円のロードバイクジャイアント(GIANT)のロードバイク

10~15万円 ジャイアント バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載