新製品情報コーダーブルームが軽量クロスバイクの限定版「Rail700 SL-LTD」を発売 完成車8.4kg

  • 一覧

 ホダカが展開するスポーツバイクブランド「KhodaaBloom」(コーダーブルーム)から、軽量クロスバイク「Rail700 SL-LTD」(レイル700SLリミテッド)が新発売された。新型ティアグラなど高グレードのパーツを採用し、完成車重量8.4kgとロードバイクに迫る重量を実現する。台数60台の数量限定生産だ。

KhodaaBloom「Rail700 SL-LTD」(レイル700SLリミテッド)KhodaaBloom「Rail700 SL-LTD」(レイル700SLリミテッド)
軽量モデルのRail700SLの仕様に加え、カーボン製ハンドルを採用し、軽量仕様をさらに突きつめた軽量モデルのRail700SLの仕様に加え、カーボン製ハンドルを採用し、軽量仕様をさらに突きつめた
カーボン製シートポストを採用。フレームのパープル塗装は光のあたる角度によって表情を変えるカーボン製シートポストを採用。フレームのパープル塗装は光のあたる角度によって表情を変える

 Rail700 SL-LTDは、アルミ合金にトリプルバテッド加工を施したフレームと、軽量性と振動吸収性を兼ね備えたカーボン製フロントフォークを採用したSL仕様に、さらにカーボン製のハンドルバー、シートポストを装備。ドライブトレーンは新型ティアグラ(4700系列)の前2段×後10段の20段変速を採用するなど、軽量・高機能化を追及した特別モデルだ。

高グレードタイヤのContinental GrandPrix 4000S IIを装備し、走りの面も抜かりない高グレードタイヤのContinental GrandPrix 4000S IIを装備し、走りの面も抜かりない

 軽量性を追求する一方で乗り心地に配慮し、スポーク本数の多いホイールや、信頼性の高いシマノ製パーツ、高グレードタイヤのContinental GrandPrix 4000S IIを採用するなど、決して部品の軽さだけにこだわらない、安全性と信頼性の高いバイクに仕上げられている。

 フレームはスムースウェルディング技術を用いて接合したすっきりとした外観で、パープルのフレームカラーは光のあたる角度によって表情を変える艶やかな塗装を施した。アウターワイヤーやシートクランプにゴールドのアクセントを入れるなど、初期状態からカスタマイズされたようなプレミアム感を演出している。

■Rail700 SL-LTD
価格:130,000円+税
サイズ:400、440、480
カラー:パープル
重量:8.4kg(480mm)
フレーム:AL6011 EAST-L
フォーク:フルカーボンフォーク 1-1/8
ギアクランク:シマノ FC-R460 48/34T 400/440:170mm、480:175mm
スプロケット:シマノ 11-32T CS-HG500-10
付属品:ベル、バッテリーライト、リフレクター

関連記事

この記事のタグ

10~15万円 クロスバイク コーダーブルーム ホダカ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載